Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

近所で野草採り?遠出して山菜取り?食べて、出掛けて、春を堪能

舌で味わう春の風物詩"山菜"と"食べられる野草"

春は様々な植物が芽吹く季節。様々な山菜や食用となる野草もいっせいに姿を現します。山菜とは山野に自生する食用の植物をいい、土手や畔道に自生するものがありますが、それは自然のままの証拠。野菜に季節感が乏しくなったからこそ際立つ、春の山菜・野草の魅力をご紹介します。

フキノトウ

山菜の中で最も早く採れるのが、フキの蕾であるフキノトウ。雪が解け始める頃に出てくる、春の訪れを感じる山菜の代表格です。アクが強く苦みがあるので、天ぷらが定番の食べ方です。"ふきのとう味噌"も、ご飯にあう一品です。

タラの芽

タラの木の新芽で、こちらも天ぷらが定番です。ほのかな苦みともっちりした食感が人気の"山菜の王様"。採取時期が桜の開花時期と重なることでも知られています。

ワラビ・ゼンマイ・コゴミ

"山菜"と言われて思い浮かぶ姿は、先がくるんと丸まった芽ではないでしょうか?そういった外見を持っているのが、ワラビ・ゼンマイ・コゴミです。

ワラビは先の丸まっている部分が3つなのに対し、ゼンマイ・コゴミは1つ。ゼンマイは産毛のようなものに覆われているのが特徴です。

ワラビ・ゼンマイはかなりアクが強く、特にワラビは微量の発癌成分が含まれていますが、伝統的なアク抜きをすれば分解・無毒化します。一方、コゴミはアク抜きの必要が無いので、手間がかからず食べやすい山菜です。

ツクシ

暖かくなると土手や畔道に顔を出すツクシは春の季語にもなっています。茎の節々についている袴を取り、湯がいてアクを取った後、おひたしや和え物、卵とじ等にして食べると美味しいです。

ヨモギ

ヨモギは繁殖力が強く、稀に市街地などでも見ることができます。春に採れる新芽を茹でておひたしや和え物に、また下茹でなしで天ぷらにすることもできます。しかしなんといっても一番はよもぎ餅(草餅)ではないでしょうか。春の和菓子の定番ですね。

ここでご紹介したのはほんの一部。現在食べられている山菜は、約300種類と言われています。自然の植物には毒を持つものもありますから、むやみやたらと食べるのは危険です。山菜・野草取りの際は、きちんと知識を身に付けて行きましょう!

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP