Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

冬の極夜の時期は「遊び」がとても重要第51次 日本南極地域観測隊員秋元 茂

ペンギンは日本人にとってはアイドル的存在。基地の近くまでやって来たのを発見すると、シャッターを押さずにはいられない。


初めての南極大陸へは、砕氷船「しらせ」に乗って接岸し、そこから雪上車で昭和基地へ......。と思いきや、なんと南アフリカ共和国のケープタウンから空路での上陸でした。搭乗したのはロシアの貨物用の空軍機。旅客機のような快適な座席はあるはずもなく、そこに12カ国、56人が同乗。約8時間かけての南極大陸行きでした。
驚いたのは、同乗者のなかに小学6年生のカナダ人の女の子がいたことです。両親が雪氷学者で、二人とも南極で研究をしていたため、2週間の秋休みを利用して訪れたとのこと。日本ではなかなか考えられないことですね。

私が担当したのは、自然エネルギー棟です。南極ではブリザードという激しい暴風雪に見舞われます。すると、スノードリフトという雪害が起こります。それをどう回避するかがこの建物の設計上の鍵を握っていました。南極へ行った時の私の任務は、自然エネルギー棟の施工。現地では、建築などの技術的な指導を行いました。

天候が穏やかな日は屋外で作業。任務だけではなく、隊員同士のチームワークでさまざまな仕事をこなしていく。

現地の11月から2月にかけての夏は、天候も穏やかで屋外での作業もできます。ところが、6月〜7月の冬は、極夜といって、一日中ほとんど太陽の光があたりません。その時期は、気分が沈んでうつ気味になるため、スポーツやイベントといった「遊び」がとても重要となります。たとえば、ミッドウィンター祭りと称して、さまざまなイベントを開催し、国際交流を行うのもそのひとつ。私がいた時は、国ごとに5分間の映像をつくって互いに評価し合うイベントがあり、日本チームは見事銀賞をいただきました。

また、遊びとともに私たちを癒やしてくれるのが動物や自然の美しさです。なかでもペンギンは大人気です。アデリーペンギンは、ときおり基地の近くまでやって来ますが、体長130㎝にも及ぶコウテイペンギンに遭遇する機会は、めったにありません。館内放送で出現したことが知らされると、仕事の手を休めて、こぞって観察にでかけるという具合。ちなみに、ペンギンをカワイイと思っているのは日本人だけ。海外の隊員たちには、さほど人気がありません。
 南極での体験を通して、諦めないことの大切さと、チームワークの素晴らしさを改めて学びました。私のかけがえのない財産です。

秋元茂(あきもと・しげる)

1990年ミサワホーム㈱に入社。技術・設計部門で技術開発業務に従事。南極関連業務は1997年からミサワホームが供給する建物の設計、部材製作等の業務に従事し、最初の担当建物は第2居住棟。その後NHK放送棟(現:非常用物品倉庫)、夏期隊員宿舎の増築及びリフォーム等を担当する。2009年「第51次日本南極地域観測隊 越冬隊」に参加。設営部門・建築担当として自然エネルギー棟の建築工事に携わる。2011年3月に帰国後、ミサワホーム(株)技術部に所属。現在は「南極クラス」の南極先生として南極講演活動も行う。

カタログ「南極のミサワホーム」
南極の歩き方

犬との快適な暮らし方 -安全対策-

室内飼いで急増する家庭内での事故を防ぐ

犬の室内飼いが一般化してきたことで、家の中での事故も増えています。滑りやすい床での足の脱臼や、階段での落下事故などには十分注意しましょう。また、家族と犬の健康のためにも、常にクリーンな室内環境を保ちたいものです。ひとことに犬と言っても、種類によって体格も性格も違うので、犬種別の注意点を抑えておくことも大切です。

Q. 滑りにくい床で愛犬の足腰の負担を軽減

犬にとって滑りやすい床は思いがけないケガにつながることも。床材は、愛犬の足に負担のかからない配慮が必要です。

●フローリング

特殊防滑マットコート塗装仕上げにより、滑りにくいフローリングが実現します。

●タイル

タイル床は滑りにくいので安心です。

●タイルカーペット

カットパイルなので、犬の足にやさしい床材。汚れた部分だけ取り外して手洗いできるので便利です。

Q. 優れた壁材で室内環境を快適に

室内の空気は目で確認しにくいですが、ホコリやハウスダスト、化学物質などで意外と汚れているもの。壁材を工夫するだけでもクリーンな室内環境を保つことが可能です。

●壁用タイル

壁自体が呼吸することで、調湿・脱臭機能を発揮する壁用タイル。空気中の臭いや化学物質を低減し、カビ、ダニの発生も抑えます。

●漆喰クロス

自然素材の漆喰をシート状にした新発想の内装材。吸放湿、防カビ、ホルムアルデヒト吸着などの効果があります。

犬は階段の上り下りが苦手 リフォームで階段事故を防止

屋内での犬の事故の多くは階段で発生します。階段を走り回るのが大好きな猫とは対照的に、犬にとって階段は、骨関節の負担になるほか、転落による骨折など危険がいっぱい。なるべく飼い主の手で移動させるのが好ましいですが、抱えての移動が難しい大型犬などの場合は、ホームエレベーターが便利です。ホームエレベーターは、階段の上り下りがきつくなった家族にも便利なため、人にも犬にもやさしい設備です。

イタズラ好きの犬を危険から守る

好奇心旺盛でじっとしていない子犬は、行く先々で目が離せません。包丁などの調理器具、熱湯や火の元など危険物がいっぱいのキッチンで何かあったら大変。ゲートを設置して愛犬の侵入を防ぐのが一番ですが、オープンキッチンなど囲うのが難しい場合は、犬の手足が届く範囲に調理道具や倒れて困るものを置いたままにしないことです。愛犬にゴミ箱のものをひっくり返されるのを防ぐためにも、キッチンや収納家具の中にゴミ箱を隠しておくと見た目も良いのでおすすめです。

犬種別の注意点

ミニチュア・ダックスフンド
胴長短足なので階段、段差には注意。腰のトラブル、ヘルニアなどにもなりやすい。狩猟犬のなごりから吠え声が大きく、動くモノにも機敏に反応します。外部からの音をなるべく遮るようにするとよいでしょう。

ウエルシュ・コーギー
ダックスフンドと同様、胴長短足なので腰や関節のトラブルを起こしやすい。運動量が多いので、床のすべり止め対策をしっかり。

チワワ
機敏で活発なのが特徴。小柄なゆえ衝撃に弱いので、衝突や落下には十分注意が必要です。脱臼も多いので、床の材質に配慮しましょう。甘やかされることで攻撃的になりやすい一面も。過保護は禁物です。

フレンチブルドック
顔が強面なブルドックは頑丈そうに見えて、意外と皮膚や関節が弱いので、病気や事故に注意が必要です。

ラブラドール・レトリバー
一見おとなしそうに見えてとても活発なので、家具の転倒防止やイタズラ対策が必要です。

雑木林に佇むような別荘風の平屋、風情ある庭を眺めて憩うご夫婦の暮らし

[兵庫県 Yさま邸]

お子さまが巣立たれ、ご夫婦だけの生活になったのを機に、2棟が並ぶ平屋の建売住宅の1棟に住み替えをされたYさま。「散歩中に完成した家を目にして、自然の風景に溶け込む別荘風の佇まいや前庭の風情に一目惚れでした。雑木林の中にぽつんと佇んでいるような雰囲気が素敵でしょう?二人で住むのにちょうどいい広さですし、平屋で階段の上り下りがないのも老後を過ごすのに快適だと思いました」と語ります。

天井を羽目板張りにした伸びやかなLDKは木の温もりいっぱい。4枚サッシの大開口窓から、郷土樹の桜や山ツツジをメインに、多種の植物で原生林を再現した風情ある庭が眺められ、リゾート感が味わえます。
「リビングからも寝室からも景色が楽しめて、特に設計者の意向がうかがえるキッチンからの眺めに心を癒やされます。朝昼晩と違う顔を見せてくれるので見飽きることがありません。絵心があれば写生したいほど」と目を細める奥さま。

夏は窓を開けると東西南北に自然の風が心地よく通り抜け、大開口サッシの外の深い軒が直射日光をほどよく遮ってくれるので、エアコンをほとんど使わずに済んだとのこと。また、断熱性能が高いので、寒い冬も暖かく快適に過ごせるそうです。

「近所の友人が縁側感覚で庭先から気軽に立ち寄ってくれるので、カバードポーチのテーブルでコーヒーを飲んでお喋りするのが楽しくて。居心地がいいので、みんな長居をしていきます」と笑顔のご夫妻。四季折々の自然が息づく庭を愛で、ご家族やご友人との交流を楽しみながら、心豊かな日々を満喫されています。


造形家の荻野寿也が手がけた庭。自然石や樹木で里山の雑木林を思わせる景色を作り出している。

さっぱり派?あま〜い派?好みのテイストで新茶を楽しんで

八十八夜といえば茶摘み、新茶の季節がやってくる

5月2日は「八十八夜」。文部省唱歌『茶摘み』の歌い出しに「♪夏も近づく八十八夜...」とあるように、4月の終わりから5月の中頃までは新茶の季節です(もちろん、地域や種類によって違いはあります)。お茶は1年に3〜4回摘み取られますが、やはり最初の新茶が甘くておいしいのだとか。新茶の魅力を紹介します。

新茶ってどんなお茶?

お茶の樹は、冬の間に養分を蓄え、春になるとその栄養分を含んだ若葉が次々と芽を出し成長していきます。 その年の最初に生育した新芽を摘み採ってつくったお茶を一番茶と呼び、以降、摘み採った順番により「二番茶」「三番茶」と呼ばれます。
なかでも「一番茶」は「新茶」とも呼ばれ、1年で最初に摘まれる"初物(はつもの)"であり、また"旬"のものとして珍重されてきました。
実際、新茶は「二番茶」「三番茶」に比べて渋味の成分であるカテキンが少なく、うま味・甘味の成分であるテアニンが多い傾向にあります。また、若葉の爽やかな香りが特徴で、初物らしい清々しさとともに、旬の美味しさを持っていると言えるでしょう。

さて、「八十八夜」は立春(2017年は2月4日)から数えて88日目の日のこと。昔から、この日に摘み採られたお茶を飲むと、一年間無病息災で元気に過ごせると言われてきました。そもそも"初物"は食べると75日寿命が延びるとも言われていますね。このように、新茶は縁起物でもあるのです。

新茶は美味しく淹れるには

それでは、そんな新茶をさらに美味しく頂くコツはあるのでしょうか?
お茶のおいしさを引き出すポイントは、お湯の温度にあります。温度によって、溶け出すお茶の香味成分が違うからです。うま味・甘味成分のテアニンは50度以上、渋味成分のカテキンは80度以上から溶け出しやすいとされています。
よって、渋味や苦味が少なく、うま味・甘味が多い新茶は、70度くらいでじっくり抽出すると、甘くてうま味の多い味になります。

新茶のもうひとつの特徴である若葉のような爽やかな香りと、ほどよい渋みを味わいたいなら、やや熱めのお湯でさっと抽出するとよいでしょう。熱湯の方が、香りを引き出しやすいからです。
なかなか奥が深い"新茶"の魅力。今年はちょっと"こだわり"を楽しんでみてはいかがでしょうか?

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP