Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

さっぱり派?あま〜い派?好みのテイストで新茶を楽しんで

八十八夜といえば茶摘み、新茶の季節がやってくる

5月2日は「八十八夜」。文部省唱歌『茶摘み』の歌い出しに「♪夏も近づく八十八夜...」とあるように、4月の終わりから5月の中頃までは新茶の季節です(もちろん、地域や種類によって違いはあります)。お茶は1年に3〜4回摘み取られますが、やはり最初の新茶が甘くておいしいのだとか。新茶の魅力を紹介します。

新茶ってどんなお茶?

お茶の樹は、冬の間に養分を蓄え、春になるとその栄養分を含んだ若葉が次々と芽を出し成長していきます。 その年の最初に生育した新芽を摘み採ってつくったお茶を一番茶と呼び、以降、摘み採った順番により「二番茶」「三番茶」と呼ばれます。
なかでも「一番茶」は「新茶」とも呼ばれ、1年で最初に摘まれる"初物(はつもの)"であり、また"旬"のものとして珍重されてきました。
実際、新茶は「二番茶」「三番茶」に比べて渋味の成分であるカテキンが少なく、うま味・甘味の成分であるテアニンが多い傾向にあります。また、若葉の爽やかな香りが特徴で、初物らしい清々しさとともに、旬の美味しさを持っていると言えるでしょう。

さて、「八十八夜」は立春(2017年は2月4日)から数えて88日目の日のこと。昔から、この日に摘み採られたお茶を飲むと、一年間無病息災で元気に過ごせると言われてきました。そもそも"初物"は食べると75日寿命が延びるとも言われていますね。このように、新茶は縁起物でもあるのです。

新茶は美味しく淹れるには

それでは、そんな新茶をさらに美味しく頂くコツはあるのでしょうか?
お茶のおいしさを引き出すポイントは、お湯の温度にあります。温度によって、溶け出すお茶の香味成分が違うからです。うま味・甘味成分のテアニンは50度以上、渋味成分のカテキンは80度以上から溶け出しやすいとされています。
よって、渋味や苦味が少なく、うま味・甘味が多い新茶は、70度くらいでじっくり抽出すると、甘くてうま味の多い味になります。

新茶のもうひとつの特徴である若葉のような爽やかな香りと、ほどよい渋みを味わいたいなら、やや熱めのお湯でさっと抽出するとよいでしょう。熱湯の方が、香りを引き出しやすいからです。
なかなか奥が深い"新茶"の魅力。今年はちょっと"こだわり"を楽しんでみてはいかがでしょうか?

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP