Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

美しく快適な洗面空間 -基礎知識-

毎日の洗顔や歯磨き、身づくろいやお化粧、また脱衣や洗濯の場としてなど、家族全員がさまざまな目的で使用する洗面所。使いやすく、清潔さを保つことができるプランニングが基本ですが、最近では、より快適で心地よい空間づくりも注目され、多種多様な設備機器や建材も提案されています。ここでは、洗面所のプランニングの考え方やお手入れ方法、また省エネルギーにも配慮した設備機器などをご紹介します。

洗面所のプランニングの際には、その空間をどのように使用するのかを明確にすることが大切です。家族構成やライフスタイルに合わせて、必要なスペースや機能の優先順位を考えてみましょう。隣接する空間や動線などにも配慮し、朝や夜、家族それぞれの使い方をイメージしてみることが重要です。

いろいろなタイプの洗面所プラン

洗面所のプランは、いくつかのタイプに分けることができます。空間のつくりでは、洗面や手洗い専用とする場合と、脱衣室や洗濯室も兼ねるような多目的なスペースとする場合があります。また、取り入れる洗面化粧台にも、システムタイプやユニットタイプなどがあり、さまざまなプランニングが可能です。

洗面専用か多目的なプランか。用途を明確にして検討を

●洗面専用プラン

洗面や手洗い、歯磨き、お化粧などを行う専用の場所として設けるもの。家のスペースに余裕がある場合、もしくはセカンド洗面所としてみられるタイプです。寝室に隣接させて、パウダールームとしてもよいでしょう。子供部屋や玄関近くにプランニングすれば、子供が帰宅した時に手洗いやうがいなどに利用できます。

●多目的なプラン

洗面だけでなく、脱衣や洗濯などにも利用するタイプ。多くみられるのは、脱衣室を兼ねることができるようにバスルームに隣接させ、洗濯機を設置する空間プランでしょう。最近では、室内干しや洗濯物が畳めるようなユーティリティ機能のあるタイプも。湿気も溜まりやすいので、調湿機能のある壁材や耐水性の高い床材などを選ぶことも必要でしょう。

希望に合わせて選ぶ洗面化粧台タイプ

●システムタイプ

カウンターや洗面ボウル、水栓金具、収納キャビネット、扉材などを自由に組み合わせることができるタイプ。設置する空間や収納する物などに合わせて選べるため、オリジナルな洗面スペースをつくることが可能です。

●ユニットタイプ

決まった間口で作られたタイプ。洗面ボウルや鏡、収納キャビネット、照明、水栓金具などがあらかじめセットされています。間口サイズによってさまざまな商品が揃っているのが特徴で、価格やデザイン、機能のバリエーションも豊富です。システムタイプのように、空間に合わせて一部コーディネートできる商品もあります。

より快適な洗面所にするための工夫

最近のバス・サニタリープランの傾向は、心地よくゆったりとくつろげる空間づくり。限られたスペースでも広がりを感じさせる工夫やアイデア、ホテルライクなデザインも注目されています。

●バスルームと洗面所をひとつの空間として開放的に

洗面所をより広々と心地よい空間とするために、隣接するバスルームとのつながりを意識したプランも増えてきています。たとえば、バスタブや洗面ボウル、内装材の色や素材を揃えることで空間の一体化を図ったり、仕切り壁や出入り口ドアに透明ガラスを用いることで、開放的な空間とするプランも考えられるでしょう。

●非日常のデザインを取り入れる

シンプルですっきりとした都会的なデザインやナチュラルなリゾート感覚のプランなど、ホテルのサニタリー風の空間も注目されています。作り付けのカウンターを設けたり、ガラスや陶器の洗面ボウル、海外製の水栓金具などを組み合わせても。収納スペースを充実させて、生活感を抑えた空間とするのがポイントです。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP