Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

子どもに安全な住空間とは?産業技術総合研究所西田佳史

子どもが大きなケガをしないよう、親として住まいの安全には気を遣いたいもの。どんなところに思わぬ危険が潜んでいるのだろうか。子育て住宅の調査から見えてきた実態と対策を西田佳史さんに伺った。

リビングに置くモノが子どものケガの原因に

 子どもの傷害の原因は普通の日常生活の中に潜んでいる。ふだん便利に使っている製品や道具、何気ない住空間が、ときに凶器と化してしまうのだ。こうした問題を解決していくためにミサワホームでは、キッズデザイン製品開発支援事業(経済産業省)による「子育て住宅調査」を、西田佳史さんが所属する産業技術総合研究所と共同で行っている。
「インターネットや家庭訪問で居住空間における子どもの事故や、危険な事例(ヒヤリハット)、家電製品を使うときの不安、住環境・間取りの不満などを聞き出しました」と西田さん。この調査から何が見えてきたのだろうか。

 家庭内で事故が起きた場所の1位は、意外にもキッチンではなくリビングで、約4割を占めた。家族全員が長時間を過ごすリビングには家具、小物、玩具、食品など、ぶつかる、つまずく、誤飲するといった事故の要因になり得るいろんなものが散在しているからだ。
「リビングに上手にしまえる場所がないから、あちこちに置かざるを得ず、それがケガを招いています。収納を充実させれば、かなり防げると思います」と西田さん。
 家具の配置にも気をつけたい。実際に死亡事故が起きている例として、西田さんが注意を促すのが窓まわりである。
「窓の前にソファやテーブルなど子どもの足がかりになるようなものを置かないようにしてください。子どもがよじ登って、窓から転落する事故が相次いでいます」。

▼クリックして拡大表示
ヒヤリハット
目を離しても大丈夫な環境をつくることが大事

 続いて事故が多いのは、やはりキッチン。包丁や熱い鍋、コンロの火など、子どもに危険なアイテムがいっぱいある。まず、乳幼児はベビーフェンスなどで防いでキッチンに入れないことが基本対策だが、そのうえで事故の原因となるものはなるべく手の届かないところに置く工夫をしたい。
「つい見過ごしがちですが、炊飯器から出る蒸気を触ったり、のぞき込んだりして子どもが火傷をする事故がけっこう多く、皮膚移植が必要な大火傷も起きています。
炊飯器は高い位置に置き、熱い鍋ややかんは、小さな子どもが手を伸ばしても届かない30㎝奥(80㎝の高さのキッチンの場合)に置くようにしてほしいですね」

 また、見通しの良い対面キッチンは子どもの様子を見守れて安心だが、過信は禁物だという。
「見守りで事故が防げるかというと、実は難しいのです。たとえば子どもが転倒するのにかかる時間は0.5秒程度です。それに気づいて人が反応するのに0.2秒かかるので、転倒を防ぐには残りの0.3秒で子どものいる場所に駆けつけなければなりません。わずか1メートルの距離でも、時速20キロの速度が必要になりますから、現実には不可能です」と西田さん。
 子どもの事故を防ぐには、目を離さないことよりも、むしろ目を離しても大丈夫といえる環境をつくることが大事になる。

 恐いのがお風呂の事故だ。1〜2歳で多く、浴槽での溺死など大きな事故につながりやすい。
「今の浴槽は高齢者がまたぎやすいように、縁の立ち上がりが45㎝以下と低くなっています。ところがこの年齢の幼児は相対的に頭が大きく、重心の位置は床から40〜50㎝ほどと高いので、これだと転落しやすいのです」
 子どもが2歳までの間は、必ず残り湯を抜くことにするのが一番だが、大人と一緒に入浴していながらふとした隙に溺れるケースも多い。「縁を少し高くするだけで、転落は防げる」と西田さんはアドバイスする。

▼クリックして拡大表示
ヒヤリハット
安全な住空間でこそ、子どもはアクティブに育つ

 さて、事故予防対策を万全にすると子どもの危険回避能力が育たないのではと危惧する方もいるだろうが、それは大きな誤解だと西田さんは明言する。
「むしろ逆で、対策をしない無防備な環境だと事故を防ぐためには子どもの行動を制限するしかありません。転んで痛い思いをしても、落ちて多少のケガをしても、大きな事故につながらない。そんな環境があってこそ、子どもは自由に動けて元気に育つのです。また、親も無用に叱らなくてすみますから、ストレスが減って心にゆとりが生まれます」
 よじ登る、飛び降りる、手を伸ばす、飛び出す、ぶら下がる、入り込む...。大人がいくら注意していても、子どもはその隙を狙うように思いがけない行動をするものだ。そんな子どもの危険に満ちた行動を頭から禁止するのではなく、好奇心、探究心のおもむくままにアクティブに遊ばせて、健やかに育てるためにも、住空間の安全対策をしっかりと施したい。

西田佳史(にしだ・よしふみ)

1998年東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻博士課程修了。通産省(現:経済産業省)工業技術院電子技術総合研究所に入所し、改組により産業技術総合研究所デジタルヒューマン研究ラボの研究員に。現在、デジタルヒューマン工学研究センター首席研究員。人間の日常生活行動の観察技術とモデリング技術、傷害予防工学、キッズデザインの研究に従事。2012年情報処理学会論文賞、2012年ヒューマンインタフェース学会学術奨励賞、2011年 日本人間工学会大島賞。子どもの事故防止に関する工学アプローチの実践的研究を通じ、安全知識循環型社会の実現を目指している。

防犯意識が、わが家を守る - 侵入犯データ -

都内における侵入窃盗の手口のうち(平成21年度データ)、空き巣の占める割合は51.9%となっているように、住宅侵入犯の多くが留守宅を狙っています。その手口は巧妙化し「用意周到に準備し、犯行は一瞬」。侵入に5分、物色に10分、計15分もあれば犯行が済んでしまう場合もあります。いかに犯行をあきらめさせるか。その対策を知るために、侵入窃盗で逮捕された被疑者への聞き取り調査から、侵入犯の心理を知るデータをご紹介します。

侵入犯の心理を知るデータ

出典:警視庁統計資料

侵入される家は「入りやすさ」で選ばれる

侵入犯は、下見をしてから犯行をすると言われています。その際気にする上位3位は、「留守かどうか」と「入りやすく逃げやすい」、「隣近所からの見通し」。「簡単に侵入できる」、「人目がない、人目につかない」ことが侵入先として選ばれてしまう理由になっています。

■家の下見で気にすること
侵入犯の心理を知るデータ

出典:(財)都市防犯研究センター「JUSRIリポート」

ちょっとの時間でも、必ず戸締まりの習慣を

「戸締まりをしていない」のも、意外に多い理由です。なにしろ「犯行は一瞬」で行われますから、ちょっとゴミ出しや近所へ回覧板を回しにといった短時間でも、玄関だけでなく、窓にもきちんと鍵をかけることが重要です。

■侵入した家を選んだ理由
侵入した家を選んだ理由

出典:(財)都市防犯研究センター「JUSRIリポート」

これ、何だかわかりますか?

表札やポストにこんなマークを見つけたら要注意!侵入犯が下見でつけるマークの一例です。

侵入犯が下見でつけるマーク

犯行をあきらめる要素は人目と堅牢な装備

犯行をあきらめた理由を見ると、ダントツの1位は「声かけ」。セキュリティシステムや犬も含めて、人目や音を嫌がる心理が大きいことがわかります。また、補助錠や面格子、合わせガラスといった、侵入しにくい装備も防犯効果があることがわかります。

■侵入盗が犯行をあきらめる要素
侵入盗が犯行をあきらめる要素

出典:(財)都市防犯研究センター「JUSRIリポート」

あきらめるまでの時間は5分が目安

侵入をあきらめるまでの時間は、7割近くが「5分以内」と答えています。「侵入に5分以上かかりそう」と思わせる、また実際に侵入しようとしても5分以上かかってしまえば、犯行をあきらめる可能性が大きいことがわかります。

■侵入窃盗被疑者が侵入をあきらめるまでの時間
侵入窃盗被疑者が侵入をあきらめるまでの時間

出典:(財)都市防犯研究センター「JUSRIリポート」

雨や風の強い日は要注意?

「雨や風の強い日は仕事がやりやすい」という供述をしている侵入犯もいるようです。それは、雨や風の強い日は、雨が音を遮断し、周囲に音が伝わりにくくなるので、ガラスを破っても周囲に気づかれにくいということです。シャワーを浴びているときは、周囲の音が聞こえにくくなるように、雨に音が吸収されてしまうのです。また、雨の日は、人どおりが少ないうえ、道行く人はみな傘をさして歩くため普段よりも視界がさえぎられ、周囲への注意力も低下します。雨の日は、音が伝わりにくくなるうえ、人目にもつきにくくなるという、侵入犯にとってはまさに仕事をしやすい状況を生み出してしまうのです。雨や風の強い日の外出時は特に戸締りに気をつけましょう。

北欧テイストのインテリアにこだわった素材の質感が生きるナチュラルな住まい

[東京都 Nさま邸]

築40年以上を経て、耐震性に不安があったお住まいを『ハイブリッド シエナ』で建て替えられたNさま。内装と家具が美しく溶け合うLDKは、北欧インテリアがお好きなNさまのこだわりが隅々まで感じられるコーディネートです。キッチンのタイル色などライトブルーをアクセントに生かしながら、木の温もりに満ちた住空間を創り出しています。

「大開口の窓から光が差し込むのも気持ちがいいですね。夜はリビングだけライトを点灯し、ほのかな灯りでくつろいでいます」とNさま。

息子さまもリビングがお気に入りのご様子。「ナチュラルな雰囲気でリラックスできるから、帰宅しても自室に上がらず、ここでゆっくりと過ごすことが多いです」と語ります。

愛犬との快適な暮らしも大切にされているNさま。素材感を活かした凹凸感のあるうづくり調のフローリングは足触りが心地よく、愛犬も滑りにくくて安心。また、TVの背面の壁は調湿・吸臭効果のある「エコカラット」のタイル貼りに。

「おかげでペットの臭いも気になりません。夜、ダウンライトの灯りで、TVの後ろの白いタイル壁に美しい陰影が生まれるのも素敵です」  愛犬は天気の良い日、リビングの外に広がるタイル床のテラスでひなたぼっこをするのが大好きだそう。テラスにはペットシャワーやリードフックを設置しています。

「神山さんにご提案いただき、大満足のインテリアになりました。打合せも楽しくて私の要望もたくさん反映していただき感謝しています。絵画や雑貨を飾る楽しみも増えました」と微笑むNさまです。

シーンにあわせて"浴衣"を楽しむ今年の気分は古式ゆかしく?

「今日はどこかでお祭りかな?」夏の風物詩"浴衣"姿

夏になると、チラホラと華やかな浴衣姿を見かけます。今は浴衣といえば花火大会や夏祭りなどの外出着、あるいは温泉旅館などの寝巻ですが、かつては夏の日常着として欠くことのできないものでした。そんな浴衣の歴史から最新事情まで、浴衣の今昔をご紹介します。

庶民の生活に密着した"浴衣"

浴衣(ゆかた)の原型は、平安貴族が蒸し風呂に入る際に、やけどを防ぐために着用した「湯帷子(ゆかたびら)」だといわれています。帷子(かたびら)とは裏地をつけない着物のことです。当時、綿は高級品だったので、下着などに用いられる着物は麻で作られていました。
それが江戸時代後期になると、銭湯が普及して庶民に入浴の習慣が広がり、風呂も蒸し風呂から湯に浸かる形に変化しました。裸で入浴するようになり、また綿の国内栽培が盛んになったことから、湯上がりの汗をよく吸う綿で作られた"浴衣"が誕生したのです。
湯上り着=バスローブのようなものとして生まれた"浴衣"ですが、庶民に絹が禁止されていたこともあって、様々なシーンへ広がっていきました。夕方からのくつろぎ着として、寝巻きとして、夏の日常着や外出着として、盆踊りや夏祭りの揃い浴衣として...。ぼろぼろになるまで着たら、最後はおむつに仕立て直して余すことなく利用したそうです。

現代でも人気は古典柄・レトロ柄

現代では、浴衣はかつてのように生活に密着したものではないかもしれません。しかし、"いつもの洋服とは違う、夏を楽しむファッションとしての浴衣"は、平成の初め頃からブームになり、今やすっかり定着したように感じます。
洋服ブランドが出す現代的なデザインの浴衣なども話題になりましたが、ここ数年のトレンドは古典柄・レトロ柄なのだとか。やはりどこか"和風""伝統"を感じさせるものに回帰しているようです。
最近は「浴衣をお祭り以外でも着たい」という人が増えています。ただ、浴衣は基本的にラフな装いで、Tシャツにジーンズのイメージ。もし少しかしこまったところへも着て行きたいなら、下に長襦袢・足袋を着用します。その際、生地はスタンダードな綿コーマではなく、薄い綿紅梅(めんこうばい)や透かし織の綿絽(めんろ)など、上質な生地にするのがポイントです。
なにはともあれ、せっかくの夏!楽しく装いたいものです。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP