Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

子どもの「自律」に個室はどんな役割を果たす?環境心理学者北浦かほる

子どもの感性や自立を養うために、子ども部屋にはどんな機能が求められるのだろうか。世界の子ども部屋の比較を通して、子どもに個室を与えることの意味を研究してきた北浦かほる先生にお話を伺った。

悲しい時、腹が立つ時、一人で籠もれる空間を

 日本では家族のコミュニケーションを重要視するあまり、ともすれば「子どもが一人になる時間をなるべく作らない」のが良い家庭のあり方だと思いがちだ。しかし北浦教授は「子どもの精神面での発達において、一人になって考える時間を持つのは、実はとても大切なことなんです」と語る。
 私たちは子ども部屋=勉強部屋と考えているため、「子ども部屋を与える適齢期は?」などと頭を悩ませるが、欧米では子ども部屋=寝室であり、経済的に可能なら生後すぐにでも個室を与えるというのが親の共通認識だ。つまり、生まれた時から自律に向けて子育てをしていくわけである。そして子どもが悪いことをした時は、罰として子どもを寝室に閉じこめる。自由を束縛して一人で落ち着いて反省させるためである。

 また日本の場合、子どもの様子が見えることに親が精神的な安定感を持つことから個室を問題視する傾向も見られるが、北浦教授はそれをきっぱりと否定する。
「むしろ悲しい時や腹が立った時にひとりで閉じこもれないような空間なら、子ども部屋を創る意味はないと思います。よく気配の感じられる子ども部屋にすべきだとか、個室が閉じこもりを招くとか言われますが、問題が起きるのは個室のせいではなく、家族のあり方の問題です。いくら居間の大テーブルに集まっていても、子どもと積極的に向き合わないとコミュニケーションは成立しません」

自分だけの居場所を得て、自我と協調性を獲得する

 5歳から青年期までのプライバシー意識の発達を研究している米国の環境心理学者のM・ウルフによると、子どもは自分のプライベートな空間をコントロールする経験をしてはじめて、社会での他者とのかかわりにおいて自分を守り、かつ他者を認めることができるようになるという。「自分だけの居場所を得ることで、自我と協調性を獲得していく。つまり子ども部屋が自律を育む場所になるわけです」と北浦教授は語る。
 では、具体的には子ども部屋はどんな役割を持ち、そこからどんな効果が生まれるのだろうか。一つ目には、子どもがいろんなことを考えたり、空想する場所としての役割がある。何かを見て一人でイメージをふくらませたり、空想することで子どもの発想が広がり、自我が芽生えていく。

 二つ目は、入ってくる人を選ぶ、大切なものをしまうといった役割だ。「幼い子どもにも大切なものをしまったり、自分の意志で他人の侵入を拒むことができる個の空間が必要だとする考え方です」  三つ目は冒頭で紹介したように、叱られた時や腹が立った時に一人になって心を落ち着ける場所としての機能。そして四つ目が着替える、寝る、勉強する、電話する、日記・手紙を書くなど、人に聞かれたり見られたりしたくない行為をする空間としての役割である。
「大切なのは部屋の広さや装備ではなく、子ども部屋を子どもの居場所として位置づけることです。極端な話をすれば、押入れ一つ分あれば、こうした機能は十分に充たせます。上段と下段で二人分の子どもの寝室ができるのですから」と北浦教授は語る。
 また、欧米では子どもの自律には親への信頼が欠かせないとされ、信頼感を醸成するために寝室で子どもが寝付くまで親が絵本を読み聞かせる習慣が定着している。「一人で寝る」というのは幼児にとっては恐くて心細い体験だが、寝る前に親とふれあうことで強い絆を感じ、安心して乗り越えているのである。

欧米の絵本に見る、子ども部屋のあり方

 北浦教授は世界の絵本の中から住まいの状況が描かれているものに着目し、500冊以上ピックアップして内容を分析したという。その結果、絵本にみる幼児の寝室が、欧米では「自律とコミュニケーションを育む場」として描かれているのがわかった。たとえば叱られて寝室に閉じこめられて夢を見ていた子が、お母さんの運んでくれた夕食の匂いで目覚める『かいじゅうたちのいるところ』、弱虫で自室に閉じこもっていたエリックがナイトシミーに助けられて元気になる『ナイトシミー』など、幼児にも自分を見つめる必要性が物語に示唆されている。

 一方、日本では絵本に幼児の寝室は見られず、ダンボールで作った自分の家に友だちを招く『わたしのおうち』をはじめ、個室はすべてみんなで仲良く遊ぶための空間として描かれているという。
 日本の文化では自己主張のための子育てはされず、協調性を養うことが重視され、人とうまくやっていくことに目が向けられがちだ。それはこのように子ども部屋のあり方にも現れている。
「自己主張のできる欧米型と協調性に富んだ日本型、どちらがいいというわけではありません。ただし、これからの子どもは精神的に逞しく自律していかないと国際社会で生き抜いていけないのも事実。大切なのは養育姿勢です。まず、我が家はどんな子どもに育てたいのかを明確にし、そこから子ども部屋に求める役割を考えるといいのではないでしょうか」

北浦かほる(きたうら・かほる)

帝塚山大学教授。大阪市立大学名誉教授。学術博士。専門分野は居住空間学・環境心理学。空間が子ども特に幼児に与える影響に興味があり、環境心理学的視点から子どもと空間の関係を捉えてきた。著者に『世界の子どもの部屋』(井上書院)など多数。世界各国の夜間保育園の保育環境整備の研究や、住まいの絵本に見る日本と欧米の住の思潮の違いなど、子どもの空間と住文化の関係に興味をもつ。

防犯意識が、わが家を守る - 窓・玄関の防犯対策 -

空き巣の侵入手口データでは、「ガラス破り」と「無締まり」、「施錠開け」の3つの合計で、全体の9割以上を占めています。住まいの開口部に注目して、"守る防犯"対策を施しましょう。

■一般住宅の空き巣の侵入手段

一戸建て住宅を対象とした空き巣の侵入手段では、「ガラス破り」が最も多く、次いで「無締まり」となっています。

侵入犯の心理を知るデータ

出典:警視庁統計資料

中高層住宅(4階建て以上)及びその他の住宅(※)においても、「ガラス破り」が最も多く、次いで「無締まり」、「施錠開け」となっています。
※3階建て以下の共同住宅、テラスハウス等

侵入犯の心理を知るデータ

出典:警視庁統計資料

安心と信頼のCPマーク

防犯性能の高い建物部品には、Crime Prevention(防犯)の頭文字をシンボル化した「CPマーク」がつけられています。これは、警察庁、国土交通省、経済産業省と、民間メーカー等の官民合同会議において、建物部品が実際に使用される状態で、建物への侵入の手口として広く見られる攻撃方法について実地試験を実施し、「5分間侵入を防ぐことができるもの(大音量が発生する手口については1分間)」など、一定の防犯性能があると評価した部品にのみ使用が認められています。装備を選ぶときの目安にしてください。

窓の防犯対策

窓の防犯対策は、第1にガラスを壊されにくくし、補助鍵を追加すること。シャッターや面格子は、侵入の手間や時間をかけさせる効果があり、見た目に防犯意識の高さをアピールできます。

●防犯ガラス

既存のガラスの上に、透明フィルムを貼るだけの簡単施工。ハンマーなどで叩いても割れにくく、防犯性が向上します。紫外線カット機能や遮熱効果もプラスしたエコ&セキュリティタイプもあります。

●タイマー付き電動シャッター

サッシを開けずに開閉できる電動シャッター。タイマー付きなら決まった時間に自動開閉でき、留守時の夕方に在宅を装うこともできます。

●外部面格子

見た目に堅牢なイメージを与え、防犯意識の高さをアピールする面格子。CPマーク付きの防犯タイプなら、頑丈なうえ、取付ネジが外から見えないなどの工夫で侵入に手間がかかるため、犯行をあきらめさせるのに役立ちます。

玄関の防犯対策

いまや鍵は、2カ所もしくは3カ所が基本です。注目の指紋認識タイプなら、鍵の締め忘れや持ち忘れも防げます。

●玄関ドア/ディンプルキー

錠はピッキングしにくいディンプルシリンダー錠で、ガラス部分には防犯ガラスを装備。さまざまな侵入手口に対応した防犯性の高い玄関ドアです。

●電気錠付き玄関ドア

施解錠はカードキーをかざすだけでお子様やお年寄りにも簡単。鍵穴が見えないためピッキング対策に有効。着脱式サムターンでさらに防犯性を高めています。

●ダブルロック

玄関ドアに鍵を2箇所設置するダブルロック方式。侵入盗がピッキングやサムターン回しをする際に時間をかけさせて防犯性を高めます。

●鎌錠(主錠)

デッドボルト(かんぬき)が鎌の形になっているため、バール等を使ったこじ破りへの対策として有効です。

●着脱式サムターン

サムターンつまみを取り外すことにより、万一ガラスを破られても手では解錠できません。

●玄関ポーチ灯

夜間、玄関前に立つと照明がつくため、ピッキングなどの不審な行動を防ぎます。センサー付きで省エネと防犯を両立。

▶防犯リフォーム

6mの吹き抜けがもたらす開放感、南蛮風の客間で遊び心のある住まいに

[大阪府 Tさま邸]

築40年を経たご自宅をお建替えになったTさま。家づくりにあたってこだわられたのは、遊び心のあるデザインでした。玄関ホールの正面にしつらえた客間はその象徴です。

花鳥が描かれたアクセントクロスや、黒と金の亀甲柄クロスをあしらった折り上げ天井で、南蛮風のエキゾチックなインテリアに演出。部屋の外に細長く走らせた板石敷きの坪庭が木格子の壁としっくりと調和して、雅な趣を醸し出しています。

「安土城の信長の館のような南蛮風の唐様デザインに憧れていたので、客間で思い切り遊んでみました。続き間の和室と共に、ここだけは私の趣味で別世界に仕上げています。客人を招いておもてなしをするのが楽しみですね」とTさまは語ります。

一方、LDKは白を基調にしたシンプルモダンな空間に。高さ6mのダイナミックな吹き抜けのリビングは、上の窓からも光が降り注ぎ、明るく爽やか。天井まで張り上げたタイル壁が、ホテルのラウンジのような気品を生み出しています。

「キッチンから直接洗面所へ行けたり、客間を通って玄関へ行くこともできるので、リビングに来客があるときも顔を合わせずに家事やお出かけができます」と奥さま。

また、全館空調でどこへ移動しても温度差がなく一年中快適。愛犬も気持ちよさそうにくつろいでいます。 「冬でも薄着で平気ですし、夏はバタバタ動いても不快な暑さを感じません。おかげでアクティブに暮らせますし、吹き抜けを介して2階にいる家族の気配がわかるのも安心です。この家に住んでから心も大らかになりました」と微笑むTさまです。

青く透明な秋の空、高く浮かぶのは何雲?

秋の空が高いのはどうして?

「天高く、馬肥ゆる秋」などという時候のあいさつがあるように、高く澄んだ空は、秋の到来を感じさせてくれる事象の一つです。それにしても、同じように暑くも寒くもない"過ごしやすい気候"でも、春の空と秋の空では印象が全く違います。なぜ秋の空はあんなに高く澄んでいるのでしょうか? その秘密を探ります。

秋の晴天は中国大陸からの高気圧が鍵


巻雲

「なぜ秋の空は高く澄んでいるのか」ですが、そもそも空の透明度が高く澄んでいるからこそ、空は青く高く見えるといえます。では、なぜ秋の空は透明度が高いのかといえば、空気中に含まれる水蒸気の量が少ないからです。
夏は、太平洋で発生した湿った高気圧に覆われることで晴れになります。一方秋になると、中国大陸から移動してくる乾燥した高気圧に覆われることで晴れになります。実感としても、秋はカラッとした晴天ですが、夏は晴れてもモワッとしていますよね。


高積雲

ちなみに、春も秋と同様に中国大陸からの乾燥した高気圧によって晴れますが、春の空は「春霞」という季語もあるように、ぼんやりと霞んでいる印象があります。原因はいくつかありますが、春の中国大陸は、雪や氷が融けたばかりで土壌がむき出しの状態。土や砂が舞い上がりやすく、たくさんの砂塵が日本まで飛来することが、大きな原因と考えられます。ところが秋になると、夏の間に草が生い茂って砂埃が立ちにくくなるため、日本まで飛来することはなくなり、空の透明度が保たれると考えられています。

入道雲とうろこ雲、高いのはどっち?


積乱雲

雲の様子は、夏と秋も違います。夏の雲の代表といえば、もくもくと湧き上がる入道雲。正式名称は積乱雲(せきらんうん)といい、下は地表付近から上は高度13kmくらいまで届く、非常に背の高い雲です。積乱雲は積雲(せきうん)が発達したもので、積雲は地表付近から高度2kmくらいに現れる、綿のような形をした雲です。雲の頂上の高さこそ違いますが、雲の底はいずれも高度が低いといえます。


巻積雲

一方、秋によく見られるのは、白いペンキをブラシでさっと刷いたような巻雲(けんうん)、うろこ雲、いわし雲、さば雲などと呼ばれる巻積雲(けんせきうん)、ひつじ雲などと呼ばれ、巻積雲よりやや大きくて厚みがある高積雲(こうせきうん)です。巻雲・巻積雲は高度5〜13kmに、高積雲は高度2〜7kmに現れます。つまり、実際に秋は雲の現れる位置が高くなっているわけです。
「秋らしくなってきたな」と感じたら、空を見上げて、空の透明度や雲の位置などを観察してみてくださいね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP