Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

ランドスケープデザインに「庭屋一如」の美学を見るランドスケープデザイナー宮城俊作

京都宇治の平等院に生まれ、ランドスケープデザインの第一人者として、世界的に活躍する宮城俊作さん。宇治のアトリエを拝見すると、視界をコントロールして価値ある眺めを生み出す仕掛けが巧みに施されていた。

「触景」を採り入れて、五感に響く空間づくりを

 宮城俊作さんは、ザ・ペニンシュラ東京やザ・キャピトルホテル東急など、ホテルのデザインにもかかわったランドスケープデザイナーの第一人者。京都の宇治川のほとりに建つ世界遺産、平等院にある塔頭の最勝院のご子息として生まれ育ち、現在もお住まいになっている。  平安時代に浄土教の極楽浄土をこの世に現そうと造られた平等院。その贅を尽くした広大な庭園が毎日の遊び場だったという宮城さんは、幼い頃から大の植物好きで、庭園に出入りする植木職人の後をいつも付いてまわっていた。樹木が剪定される様子をいつまでも飽きずに眺め、いつしか数百種にも上る植物の名前を覚えていたという。そんな生い立ちは、宮城さんのランドスケープデザインの仕事にどんな影響を与えたのだろうか。
「実は最近まで和をあえて意識しないでデザインしてきたんです。和の伝統美をあからさまに出すのは、なにかわざとらしい気がしたものですから。それでも私の根底に日本的な感性は宿っているでしょうから、おのずとどこかに滲み出るものです。たとえば日本庭園は、遠景・中景・近景の重なりに加えて、『触景』も大切な構成要素になっています。これは素材の触感だけでなく、苔を見て湿り気を感じたり、砂利の上を歩く音を聞いたりといった五感で感じる心地よさのことで、日本人なら誰しも馴染みのあるものですが、私もこうした『触景』の魅力を空間づくりに活かしています」
 それはザ・ペニンシュラ東京のエントランスにもうかがえた。車回しの中央では、庵治石を組み合わせた床をたたく噴水がゲストを迎え、涼やかな水音で包み込む。
「ホテルでは『センス・オブ・アライバル』と言って、訪れた人が最初に車を降りて玄関に入るとき、どういう印象をもつかが施設そのものの評価を大きく左右します。ですから建築家とのコラボレーションによって、そこをどのようにデザインするかが非常に重要なのです。住まいづくりにも同じことが言えるのではないでしょうか」

南禅寺別荘群の建築に「引き算の美学」を見る

東側の窓の外に広がるの伽藍の屋根や美しい山並み。手前の墓地の塀はシラカシの生け垣で見えない。樹木の高さを調節して目障りなものを隠す「引き算のデザイン」である。

 ただし、ホテルにしろ、住まいにしろ、外側のデザインはつくれても、風景はつくれないと宮城さんは言う。風景は現れてくるもの。そのきっかけをつくったり、より感じやすくする仕掛けを施すのがランドスケープデザインなのだと。
「自分の手の届かないところの風景をどう扱うか。私はよく『引き算のデザイン』と言うのですが、何かひとつを除けたとたんに、パッと見えてくる美しさがあります。あるいは具合の悪いものを隠すことで、その背後にある風景が引き立ってくる。すでに存在している風景と建築物との間に新しい関係をつくるのがこの仕事の妙味と言えばいいでしょうか」
 京都には家屋と庭が一体となって絶妙の調和を見せる「庭屋一如」の名建築が多いが、なかでも遠くの風景を庭園にうまく採り入れているのが、明治から大正時代にかけて政財界の著名人を魅了した南禅寺界隈の別荘群だ。
「東山を借景に取り込んだ見事な景観ですが、実は庭を眺めたとき、間にある目障りな建築物が見えないように、樹木の高さを調節して隠しているのです」

環境を資産としてとらえ創造したアトリエ

平等院の裏手に建つ宮城さんのアトリエ(建築設計/長坂大氏)。冬にはクマザサが黄色みを帯び、秋にはヤマザクラも紅葉するなど、四季折々の眺めが楽しめる。

 視界をコントロールして周辺の環境をうまく活かすこうした手法は、現代の住まいづくりにも応用できる。そのお手本ともいえるのが、平等院の裏手にある宮城さんのアトリエだ。そこには果たしてどんな工夫が施されているのか、見てみることにしよう。
 外観は南北に長いシンプルな平屋の建物で、地面から少し浮かせた設計になっている。「床を上げた理由は、すぐ東隣に墓地があるので、それよりも高いところに目線をもってきたかったからです」と宮城さん。

玄関の踏み石と切り石のアプローチ。どちらも元は平等院の境内にあった石で、切り石は鳳凰堂の雨落ちを止める葛石だったという。

 踏み石の玄関から木戸を開けて屋内に入れば、そこはミーティングルーム。テーブルに座って、ふと顔を上げると、細長い窓の外に平等院の鳳凰堂の屋根、さらに宇治川の対岸に連なる山々の稜線が美しく広がる。すぐ隣の墓地の塀はシラカシの生け垣でうまく隠され、全く存在を感じさせない。

西側に向けて切られた地窓。桟橋のように走るデッキも庭の構成要素。

 一方、アプローチのある西側には地窓が開いていて、面状に植えられたクマザサの原に3本のヤマザクラが立つ風景が枠で切り取られ、一幅の絵のように見える。午後になると窓から西日が射し、床にヤマザクラの影を描くという。このヤマザクラは、通りから建物をあからさまに見せない「障り」の役割も果たしている。
「大切なのは、その場所に潜在している環境の価値を読み取ること」だと語る宮城さん。環境を資産としてとらえてデザインすることで、思いがけない豊かな空間が生み出せるのである。  逆に考えると、新たな家を建てるということは、その土地の環境を変えることにもつながる。できることなら向こう三軒両隣を含めて、ランドスケープ的な視点から庭や外側の風景を考え、街並みのなかで価値ある資産となるような住まいづくりがしたいものだ。

宮城俊作(みやぎ・しゅんさく )

ランドスケープデザイナー。京都大学大学院博士前期課程修了、ハーバード大学デザイン学部大学院修了。米国内の設計事務所勤務を経て帰国。千葉大学助教授を経て、現在、奈良女子大学住環境学科教授。設計組織 PLACEMEDIA パートナー。

防犯意識が、わが家を守る - 狙われない住まいに -

侵入犯は、下見をして入りやすいターゲットを探すため、「この家は狙いにくい」とアピールする"見える防犯"も重要なポイントです。何より人目を嫌う侵入犯の心理をつく対策が効果的。見通しの悪さや死角の多い外構を見直すことに加え、バイク・自転車の路上駐車や、塀の落書きなども治安の悪いイメージにつながります。ふだんからご近所と声をかけ合い、地域ぐるみの防犯意識を高めることが大切です。

■あなたが侵入犯なら、A・Bどちらの街を狙いますか?

街並みのリフォーム前後のイメージを昼・夜それぞれで比較して、チェックしてみましょう。 リフォーム後の街並みが、狙われにくい理由が見えてきます。

町並みのリフォーム

●監視性の確保

A:高いブロック塀やモルタル塀は、一度乗り越えてしまうと姿が見えないため、侵入犯にとっては好都合な死角に。
B:低い植栽とスクリーンタイプの格子により、家廻りの見通しがよい。テレビドアホンを敷地の道路側に設け、敷地に近づきにくくします。留守中の来訪者も録画可能。

●街に関心のある住人が多いと思わせる

A:塀が高いためよそよそしい感じがあり、塀の汚れが暗いイメージ。住人が街に無関心な印象を受ける。
B:インターロッキング舗装と植栽で、明るくオープンな雰囲気。統一感があり、住人の連帯感を感じさせる。

●足がかり対策

A:街灯や駐車したバイクがあると、塀にのぼりやすい。塀や屋根づたいに2階の窓にのぼりやすい(下屋の上にある窓には補強を)。
B:足がかりになるものがなく、2階の窓にも侵入しにくい。

町並みのリフォーム

●夜の明るさ

A:街灯が1カ所だけで、高い塀があるため各家の1階の明るさが漏れてこない。アスファルトが光を吸収し、路面が真っ暗。通る人の顔が認識できない。
B:各家にポーチ灯があり、植栽部分にライトを埋め込み上にスポットを向けることで、家の中のプライバシーを守りながら、夜間でも明るいイメージ。薄い色のタイルに光が反射して、路面も明るい。テレビドアホンも街灯の役割を担う。

■街の地形・用途などによる注意点

あなたの街のどんなところが死角になりやすいかを知って、対策を講じましょう。

■地形に高低差があると、死角が生まれます。
■隣地が駐車場の場合、クルマのカゲが死角となります。
■高い位置の植栽が死角をつくり、曲がり角が逃げやすさを生みます。

■敷地や外構の注意点

住まいの外廻りに、侵入犯に狙われやすいスキはありませんか? 隙間はふさぐなどの対処しましょう。「短時間でも門やドアの鍵を閉める」習慣づけも大切です。

■塀が途中で途切れていたり隙間があると、格好の侵入経路、隠れ場所になってしまいます。
■隣家との間に、建物の裏に回れる隙間があると抜け道となってしまいます。
■門が開いている家には、心理的に入りたくなるもの。きちんと閉める習慣をつけましょう。

ダイナミックな吹き抜けの大きな窓から、絵のように空を楽しむ洗練された住まい

[新潟県 Sさま邸]

箱を組み合わせたような外観が印象的なSさま邸。玄関をあえて正面から見えない位置に配置、ガレージシャッターと四角い大きな窓のみをアクセントにした佇まいは、まるでモダンアートの美術館のようです。スケルトン階段が走る玄関ホールも、大空間のLDKも、すべて大理石調フロアで美しく統一され、中庭に1本だけ植えられた樹木の緑が「白」の世界に鮮やかな色を添えています。

LDKに入ると、リビングのダイナミックな吹き抜けに目を奪われます。
「圧迫感のない暮らしがしたかったので、吹き抜けを思い切り大きくしてもらいました。南側の高い位置にある大きな窓から空の景色がきれいに見えて、一日中眺めていても飽きません。赤く染まる夕暮れも美しく、夜にはお月見や星空も楽しめます」と奥さまは笑顔で語ります。

カウンタートップと扉をセラミックの風合いで統一したキッチンは高級家具のよう。デザインタイルの壁や木目の収納と調和して、インテリアを引き立てています。
家事動線にもしっかり配慮。洗濯物がすぐにインナーバルコニーに干せるよう、洗面・浴室は2階に配置。続きに室内干しのできるランドリールームも設けました。

また、サーフィンが趣味のご主人のご希望で、インナーガレージの奥にはシャワーブースとサーフボードの置けるスペースが設けられています。
「早朝にすぐそばの海で波乗りした後、シャワーを浴び、着替えてそのまま仕事に出かけます」とご主人。
生活感の漂わない美しい住まいで、憩い、語らい、趣味を楽しむ充実した暮らしを満喫されています。

ところ変われば品変わる。バラエティ豊かな月の住人たち

月に住んでいるのは...?

秋は空気が澄み、月が美しく見える季節。月の模様もきっくりと際立ち、餅をつくウサギの姿が浮かび上がってくるようです。日本では月の模様をウサギに見立てることが多いですが、そうではない国や地域もたくさんあります。その背景には、各地域の自然環境や生活習慣、信仰などが関わっているのでしょう。月の模様は世界でどのように見られているのか?ほんの一部ではありますが、ご紹介しましょう。

東の月と西の月は印象が違う

そもそも月の模様は「海」と呼ばれる部分で、水があるわけではなく、黒い玄武岩でできているため黒く見えるのです。
月は常に同じ面を地球に見せており、見える模様も変わりません。ただ、模様の角度は変化し、月はウサギの耳を上にして昇ってきますが、沈む時は耳を下にして沈んでいきます(図1)。
日本では西に沈む月の模様を二宮金次郎(図2)に見立てることがあります。薪を背負いながら本を読む例のスタイルです。"逆さまのウサギ"より、"何かを背負う人"のほうが連想しやすかったのでしょうか。

外国から見た月の住人

二宮金次郎に見立てるのはさすがに日本だけですが、「薪を背負った男」に見立てるのはドイツも同様だとか。また、東から昇る月の模様を、北ヨーロッパでは「本を読むおばあさん(図3)」に見立てるそうです。もう少し南に昇った状態は、東ヨーロッパでは女性の顔(図4)に見立てられます。角度にあまり影響されないのは、南ヨーロッパのカニ(図5)でしょうか。その他、ヨーロッパで月の動物というと、ロバ(図6)が多いようです。

ヨーロッパ以外では、アラビアがライオン(図7)、ネイティブアメリカンやインドがワニ(図8)......動物というのは、なんとなくお国柄が出る気がします。
ちょっと変わっているのが、中国のヒキガエル(図9)。これは月の黒い部分ではなく、白い部分を見立てています。黒い部分は日本と似ていて、薬を煎じるウサギです。古代中国の模様には、月に住むものとしてウサギとヒキガエルを一緒に登場させていることが多々あります。
いかがですか?いろいろな国の例を見てあらためて月を眺めると、そこには何が見えるでしょう?天気の良い日の夜は、ぜひ月を見上げてみてください。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP