Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

片付け上手になるヒケツは?建築家多田祐子

モノが捨てられなくて収納に困っている、片付けが苦手で何から手を付けていいかわからない...。
そんな悩みを解決して、すっきり美しい暮らしを実現するために、まずは頭の中の整理整頓から始めよう。

好みの住空間イメージを言語化して明確に把握する

 気がつくといつのまにかモノが増えてリビングにあふれ、いつも雑然としている...。そんな状態に悩む家庭は多いだろう。話題の「断捨離」を決行し、不要なモノを思い切って処分したいけれど、どれを残してどれを捨てればいいのやら迷うところだ。
 それに、家族の思い出の品や滅多に使わなくてもずっと大事にしたいものだってある。モノと上手に付き合って、美しく快適に暮らすためには、どんなことを心がければいいのだろうか。
 建築家であり、セラピストとしても活躍する多田祐子さんは、自分がどんな空間で暮らしたいのかにまず気づいてほしいという。
「部屋が片付かないのは、実は頭の中が雑然としているからなのです。まず頭の中を片付けるために、自分が憧れる住まいのイメージを言語化してみましょう。たとえば『白い雰囲気の清々しくて透明感がある部屋に住みたい』、『アンティークな家具や調度品が似合うダークな雰囲気の部屋が好き』というふうに。するとその空気に似合わないモノが浮かび上がり、必要なものと不要なものを取捨選択できるようになります」

 多田さんは自分が目指したい暮らしのスタイルを見極める練習として、雑誌やネットで見つけたいろんなお気に入りの住空間の写真を切り抜き、スケッチブックに貼ってみることも勧めている。写真に添えられたタイトルやフレーズなど、空間を形容する文章も一緒に切り貼りしておくのがコツ。こうすることで今まで漠然としていた自分の好みの空間イメージが具象化され、明確に把握できるようになる。そしてインテリアに対する感性も磨かれていくという。
「センスを磨くとは、ムダをそぎ落としていくことに他なりません。頭の中が整理整頓されると、モノを選ぶときも軸がぶれなくなり、結果として家の中に余計なものが増えなくなります」

「小掃除」「中掃除」で生活を見直す習慣を

 上手な整理整頓の秘訣は、時間を区切って所有しているモノを見直し、未来を見つめながら過去を整理することだと多田さんは考えている。そこで年末の大掃除だけでなく、一日の締めくくりに「小掃除」、四季折々に「中掃除」をする習慣も提唱している。
「その日の終わりにほんの10分でいいから、散らかった部屋をざっと片付ける小掃除の習慣をつければ、毎日に区切りが生まれ、生活を見直すことができます。また、昔の日本は季節ごとに床の間の掛け軸を掛け替え、夏と冬で建具も取り替える伝統がありました。これに習い、四季の節目に中掃除と称して、衣替えだけでなく、季節物の調度品やしつらえを手入れし、入れ替える文化の日にしてはどうでしょう。たとえば『蔵』のような大収納空間があれば、我が家の文化の懐も深くなりそうですね」

包容力のある収納空間が心にもゆとりをもたらす

「蔵」のような大収納をつくるという発想は、日本の伝統でもあると多田さんは言う。
「昔の日本家屋には、季節物やふだん使わないものをまとめて収納しておくために、蔵や納屋のような別棟の大収納がありました。また、武家屋敷を見るとわかりますが、和室の天井が低く、屋根裏が今でいうロフトのような収納空間になっています。ミサワホームの『蔵』は、こうした役割を住まいの内部に取り込んだもので、日本の暮らしの理にかなっています」
 それに、散らかったものをきちんと分類して適所に収納しなければならないと思うと、片付けが億劫になるものだ。とりあえず一時的にでもいろんなものを一緒くたに放り込んでおけるこんな「何でも部屋」がひとつあれば、掃除もしやすいし、気持ちもラクになる。
「たとえばリビングのそばに大収納があれば、散らかっているときに突然の来客があっても慌てないですみます。そこにザザッとモノを押し込んで、何気ない顔をしてゲストをお迎えすればいいんですから」と多田さん。
 包容力のある収納空間が拠り所となってストレスが解消され、日々の暮らしにも住む人の心にもゆとりをもたらしてくれるのだ。

多田祐子(ただ・ゆうこ)

2000年、多田建築設計事務所を設立。お客様の思いを読み取り、7年先のライフスタイルを見据えた設計に定評がある。和の造作を色や音楽に落とし込み現代の空間に融合させカタチにできる数少ない建築家として活躍。街を活性化させていく「地域住民の交流」や「文化活動の拠点」となる空間づくりにも力を注ぐ。「美しく住まう」「整理整頓をしながらセンスを磨こう」などをテーマとした講演家としても活躍。

猫と暮らす住まい -猫の習性-

犬猫の飼育数は2千万頭を超えるともいわれるペット全盛期の現在、犬や猫をペットとしてではなく家族の一員として迎える人も多いのではないでしょうか。家で過ごすことの多いペットには、家の設備や環境による事故やケガの心配があります。また、ペットと暮らすうえで、ニオイ、傷、汚れなど、家族にとっても気になることもあるでしょう。今回は猫との暮らしをテーマに、猫にも家族にも快適な生活スタイルをご提案します。

愛猫の好みを理解することが快適な空間づくりのヒント

プライドが高く、マイペースで気分屋な性格を「猫」に例えられることがあるように、猫は独立心が強く、単独行動を好む習性があります。犬のようにリーダーを必要としないので、飼い主に対する忠誠心も強くありません。そんな猫と上手につきあうために、習性や好みを理解して、快適な空間づくりに役立てましょう。

上下運動が得意

猫は平地を走り回るような平行運動より、上下運動によってストレスが解消されているといわれています。運動不足の解消や、肥満などからくる病気の予防にも効果があるので、できれば飛び上がったり飛び降りたりできるスペースを用意してあげましょう。物が出しっぱなしのテーブルや棚の上などは、猫にとっては危険そのもの。家庭内での不慮の事故を防ぐためにも、日頃から家具の上は片づけておくことが大切です。

高い場所を好む

猫は、床に近い場所よりも、本棚、タンス、冷蔵庫の上と高い場所を好みます。高い場所に居場所を求めるのは、敵が来ないように安全を確認するため(危険を早く察知するため)、また、高い場所から見下ろすことで自分が相手より大きな存在だと誇示するためだといわれています。

単独行動を好み、自分だけの空間を求める

独立心が強く、単独行動を好む猫には、指図されることを嫌い、自分の好きなように行動する習性があります。猫が部屋の中を自由に行き来できる環境をつくることも大切です。

1日の大半を寝て過ごす

「猫」という呼び名は「寝子(ねこ)」からきているという説があるほど、猫はよく寝る動物で、成猫で1日15〜16時間、子猫や高齢猫では20時間も寝るといわれています。獲物を捕まえるために寝てエネルギーを温存するという野生の本能が残っているのでしょう。

外を眺めるのが好き

猫はとても好奇心の強い動物なので、窓から外の風景を眺めるのも大好きです。

狭いところに入りたがる

箱や袋の中に入っている猫を見かけたことはありませんか。隠れて落ち着ける場所が好きな猫は、狭いところに入りたがります。体をピタリと寄せてガードできることに安心感を覚えるようです。猫がストレスをためないためにも、室内の何カ所かに隠れる場所を設けてあげるとよいでしょう。猫が狭いところに入っているときは無理に出そうとせず、そっとしておくことです。

居心地のよい場所を見つける

猫は、暑い時期は冷たい床に寝転がり、寒い時期はこたつで丸くなるというように、自分で居心地のよい場所を見つけることができますが、夏は涼しく、冬は暖かくなる工夫をすることでより快適な空間となります。日の当たる暖かい所にお気に入りのクッションなどを用意してあげるのもよいでしょう。

キレイ好き

猫はキレイ好きな動物なので、こまめにトイレ掃除をすることが大切です。汚れたままにしておくとニオイがきつくなるのはもちろん、汚いトイレを嫌って、他の場所で粗相をすることもあります。 また、ネコキレイ好きな習性から、舌をブラシ代わりにして体のすみずみを念入りに舐める、グルーミングを毎日行います。

爪研ぎ

猫にとって爪は攻撃されたときの武器であり、獲物を捕まえるときの道具でもあります。猫の爪を研ぐ行為には、爪の手入れだけではなく、爪を研ぐ際に足の裏の臭腺からフェロモンを出して、自分のニオイを残すマーキングの意味もあるといわれています。

ニオイ

ペットのニオイには、大きく分けて、「体臭」と「トイレのニオイ」があります。猫は、自分で毛を舐めてグルーミングしているため比較的体臭は少ないため、猫の悩みの多くはトイレのニオイになるでしょう。トイレの清掃を怠ると、微生物が尿や便を分解し、アンモニアなどの嫌なニオイを発生させます。

抜け毛

猫には春と秋に毛が生え換わる換毛期があり、その時期は、こまめに掃除をしていても、いつの間にか部屋中毛だらけということもあります。

大開口と高天井の開放感あふれるLDK。ご家族の笑顔が集う将来の二世帯住宅

[岐阜県 Wさま邸]

「以前の住まいは寒くて、収納が少なく、駐車スペースも足りなかったんです」と語るご夫妻。そこでゆとりある敷地に、広い外構と大屋根を施した明るいお住まいを新築しました。室内は開放感あふれる大開口や高天井、リビング内のベンチ階段、大収納空間「蔵」など、「ぜひ欲しかった」という希望を叶えつつ、将来は二世帯住宅として利用できるよう配慮されています。

「世帯間のプライバシーを尊重しながら、気軽に交流できる共用スペースの多い二世帯住宅が望みでした」とにこやかに語るご夫妻。そこで、1階にご家族が集うオープンなLDKとご夫妻の主寝室を、2階にはミニキッチンを備えたセカンドリビング、お子さま達の個室や洗面カウンターなどを配置。

庭に面した1階の大開口の先には、ご主人のこだわりでもあるウッドデッキが施され、室内空間にさらなる広がりを与えています。また、主寝室のウォークインクロゼットには外へ抜けられる「蔵」を併設。その蔵上を和室とし、リビング側に幅広のベンチ階段を設けました。

さらに木目を基調とした内装の室内には随所に収納スペースがあり、「下にモノを置かない生活が理想でしたので、この収納力が本当にうれしいですね」と奥さま。一方、ご主人はキッチンのバーカウンターがお気に入り。「仕事から帰ると、まずこのカウンターでくつろぐのが習慣になっています」

開放感に満ちたWさま邸は、「冬は温かく、夏も過ごしやすい」と好評で、ご家族の笑顔が似合う温かなお住まいでした。

"楽しい"だけじゃない!遊びに込められた深〜い意味

昔懐かしいお正月遊び

「もういくつ寝るとお正月♪ お正月には凧揚げて・・・」ー滝廉太郎作曲の『お正月』には、さまざまな伝統遊びが出てきます。凧揚げ、独楽回し、羽根つき、毬つき・・・。最近はあまり見かけなくなった光景ですが、一方で再評価する動きも見られます。こうした遊びは遊戯性だけでなく、願掛けの意味合いも持っています。正月の伝統遊びに込められた願いを紐解きます。

新春の空を見上げて元気になる遊び!?

『お正月』の歌詞に真っ先に出てくる凧揚げは、男の子の正月遊びの定番というイメージがありますね。凧は遊びの道具であるだけでなく、占いの道具でもあり、また戦いの道具でもありました。戦国時代には、凧を狼煙(のろし)代わりに使ったり、凧を使って敵陣までの距離を測ったり、遠方へ火を放つ道具として使ったりしたそうです。そんな勇ましいイメージからでしょうか、端午の節句に長男の誕生を祝って大凧を掲げる風習が各地にあり、どちらかといえばこの風習の方が、正月の風物詩としての歴史より古いようです。
そんな凧揚げが正月の遊びになったのは、江戸時代後期頃といわれています。「立春の季に空に向くは養生のひとつ」という考え方があり、昔は立春に近い新月の日が元旦でしたから、新春に凧を揚げて空を見上げ、一年の健康を願おうと、正月の凧揚げがひろまったのではないかと考えられます。

病気や災厄を"はね"返す!!

『お正月』の歌2番は女の子向け。「お正月には毬ついて 追い羽根ついて 遊びましょう♪」"毬つき"はわかりますが、"追い羽根"とは何でしょう?これは羽根つきの中でも2人で打ち合って勝負する遊び方を指し、1人で何回つけるか競う遊び方は"揚げ羽根"といいました。
羽根つきは、ムクロジの種子に島の羽根を付けたものを、木の板で打ち合う遊び。ムクロジは「無患子」と書き、「子が患わ無い」という意味があります。また、羽根の飛ぶ様がトンボに似ており、トンボは疫病を運ぶ蚊を食べることから、羽根つきは蚊除けになるとも考えられていました。
このように、無病息災の願いが込められた羽根つきですが、やがて羽子板の方により願いや厄除けの意味が込められるようになり、そうして誕生したのが、豪華な装飾が施された羽子板です。江戸時代には女の子の誕生祝いや女の子のいる家へのお歳暮として贈答されるようになったそうです。
なかなか奥が深いお正月の伝統遊び。新年は久しぶりにトライしてみてはいかがでしょうか?

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP