Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

"楽しい"だけじゃない!遊びに込められた深〜い意味

昔懐かしいお正月遊び

「もういくつ寝るとお正月♪ お正月には凧揚げて・・・」ー滝廉太郎作曲の『お正月』には、さまざまな伝統遊びが出てきます。凧揚げ、独楽回し、羽根つき、毬つき・・・。最近はあまり見かけなくなった光景ですが、一方で再評価する動きも見られます。こうした遊びは遊戯性だけでなく、願掛けの意味合いも持っています。正月の伝統遊びに込められた願いを紐解きます。

新春の空を見上げて元気になる遊び!?

『お正月』の歌詞に真っ先に出てくる凧揚げは、男の子の正月遊びの定番というイメージがありますね。凧は遊びの道具であるだけでなく、占いの道具でもあり、また戦いの道具でもありました。戦国時代には、凧を狼煙(のろし)代わりに使ったり、凧を使って敵陣までの距離を測ったり、遠方へ火を放つ道具として使ったりしたそうです。そんな勇ましいイメージからでしょうか、端午の節句に長男の誕生を祝って大凧を掲げる風習が各地にあり、どちらかといえばこの風習の方が、正月の風物詩としての歴史より古いようです。
そんな凧揚げが正月の遊びになったのは、江戸時代後期頃といわれています。「立春の季に空に向くは養生のひとつ」という考え方があり、昔は立春に近い新月の日が元旦でしたから、新春に凧を揚げて空を見上げ、一年の健康を願おうと、正月の凧揚げがひろまったのではないかと考えられます。

病気や災厄を"はね"返す!!

『お正月』の歌2番は女の子向け。「お正月には毬ついて 追い羽根ついて 遊びましょう♪」"毬つき"はわかりますが、"追い羽根"とは何でしょう?これは羽根つきの中でも2人で打ち合って勝負する遊び方を指し、1人で何回つけるか競う遊び方は"揚げ羽根"といいました。
羽根つきは、ムクロジの種子に島の羽根を付けたものを、木の板で打ち合う遊び。ムクロジは「無患子」と書き、「子が患わ無い」という意味があります。また、羽根の飛ぶ様がトンボに似ており、トンボは疫病を運ぶ蚊を食べることから、羽根つきは蚊除けになるとも考えられていました。
このように、無病息災の願いが込められた羽根つきですが、やがて羽子板の方により願いや厄除けの意味が込められるようになり、そうして誕生したのが、豪華な装飾が施された羽子板です。江戸時代には女の子の誕生祝いや女の子のいる家へのお歳暮として贈答されるようになったそうです。
なかなか奥が深いお正月の伝統遊び。新年は久しぶりにトライしてみてはいかがでしょうか?

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP