Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

20年後、30年後を見すえながら、永く快適に暮らせる住まいの条件住まいのナビゲーター大塚有美

分譲住宅を賢く選ぶために、どんな視点で考えたらいいのだろうか。
永く快適に暮らせる住まいの条件について、多くの住まいを精力的に取材している大塚有美さんに伺った。

●分譲住宅の場合、「まち」選びも大切です。ポイントとなるのはどんなことでしょうか。

まず、周辺環境ですね。通勤・通学などの交通面、医療や教育など生活に必要な要素が点在し、まちが将来も成長し続けるかどうかがポイントです。気をつけたいのは、分譲地周辺の用途地域。準工業地域などに指定されている地域があると、将来、周辺の環境が変わる可能性があるからです。
また、昨今は大きな自然災害が多発しています。分譲地はあらかじめ地盤が整備され、インフラも整えられていますが、そこがどんな地盤なのかをしっかり把握しておくことも必要でしょう。
さらに、自治体によっては子育て支援に力を入れている場合がありますから、そうしたサポート体制を活用するという視点で選ぶのもいいですね。

●住まいを選ぶ際、何を基準に考えたらいいでしょう。

やはり、基本性能がしっかりしているかどうかを見極めることでしょう。日本の住宅も品質が向上しており、今は、建築基準法を上回る家も珍しくありません。さらに厳しい基準も設けている「住宅性能表示制度」を利用した家や「長期優良住宅」の認定を受けている住宅は、基本性能が客観的に判断できますから、安心できます。
また、住まいは建てたときがマックスではありません。そこから暮らしがスタートし、住まいも歳月とともに成長していきます。その間には当然メンテナンスも必要ですから、保証やサポート体制が充実しているかも大きなポイントとなるでしょう。

●では、永く快適に暮らすことができる住まいの条件について教えていただけますか。

それには、6つの条件があると考えています。
❶ まず基本性能ですね。耐震・耐風性、耐久性、耐火性、断熱・気密性、防音・遮音性、防犯性など、先ほど述べた住宅性能表示制度を利用したり、長期優良住宅の認定を受けることもその一つです。
❷ 快適な暮らしのための通風・採光も大切です。住まいは何より快適でなくてはなりません。窓の位置や大きさに工夫がある、中庭などを設けるなど、光や風といった自然を感じながら暮らすことも、快適性につながります。
❸ 広がりを感じられる空間づくりも必須条件。個室は狭くても家族が集まるリビングは広いなど、メリハリがあると空間が豊かに感じられます。
❹ 将来のリフォームに対応できる構造であることも重要ですね。家族構成や暮らし方が変化したときに、制約が多いと必要なリフォームが実現できません。
❺ 性能を保つための適切なメンテナンスも必須条件。耐久性の高い素材を使っていても、メンテナンス次第で寿命が変化します。先ほども述べたように、定期点検から補修まで、きちんと対応してくれる体制が整ったメーカーなら、より安心でしょう。
❻ そして、6つめは住まいに対する愛着です。分譲住宅も、間取りに工夫が施されています。そこにお気に入りを見つける、あるいは全体として飽きのこないデザインになっていれば、愛着も深まり、住まいを大事にしようという気持ちが保てるはずです。

●6つの条件を満足する分譲住宅を見つけるために、アドバイスをお願いします。

20年後、30年後を意識して住まいを考えていただきたいですね。できれば、家族みんなで将来について話し合い、どんな暮らしが望ましいのか、そのためにどのような住まいがいいのかを確認しておくことをおすすめします。
また情報収集をして、住まいについて勉強することも大切でしょう。それが自分たちにふさわしいまちや住まいを見極める目を養うことになるからです。

大塚 有美(おおつか・ゆみ)

大学卒業後、編集プロダクションに入社。その後、一戸建て注文住宅の情報誌の編集部門で家づくりの流れを解説する企画をはじめ、住宅メーカーの情報、インテリア、設備機器などを取材しながら、多数の建て主に接し、生活者、住む人の視点で、「いい家」とは何かを追求。独立後、「住宅とその周辺」をテーマに取材、執筆活動を行う。住む人、使う人の立場に立ってやさしく解説することを心がけている。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP