Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

関東風?関西風?それとも現代風?あなた好みのひなあられをチョイス

あなたの「ひなあられ」はどっち?

3月3日はひなまつり。ひな人形に桃の花を飾り、ひなあられや菱餅を供えます。 みなさんは、「ひなあられ」と聞いてどんなものを思い出しますか?甘いですか、しょっぱいですか?米粒のような形ですか、丸くてコロコロしていますか?実は、関東と関西で「ひなあられ」はまったく違うものだとか。東西ひなあられのルーツや違いを紹介します。

ひなあられの始まりは携帯食料

そもそもの「ひなあられ」のルーツは、野外でひな遊びをする際に持って行った携帯食料だとか。「外でひな遊び?」と思われそうですが、ひな人形が現在のような室内で飾る形になるまでには、様々な変遷をたどっています。その過程の中で、ひな人形を持って野山や水辺に出かけ、ひな人形に春の景色を見せる「ひなの国見せ」という風習がありました。この時に、ごちそうと一緒に「ひなあられ」を持って行ったといわれており、菱餅を外で食べるために砕いて作ったという説があります。
そういう意味では、関西のひなあられが原型に近いかもしれません。関西のひなあられは、直径1cmほどの丸い形で、しょう油・塩・えび・青のりなど、いろいろな味のものが混ざっています。もち米から作られたいわゆる「あられ」で、菱餅を砕いて炒ったのが始まりとされています。

江戸が関東風ひなあられを生んだ

一方、関東のひなあられは、米粒が膨らんだような外見で、ほんのりと甘い味がします。これは、うるち米を爆(は)ぜさせて作ったポン菓子に、砂糖などで味付けしたものです。関東のひなあられのルーツは、お釜に残ったご飯粒を干して保存し、その干し飯をあぶって作ったもの、あるいは江戸の町で流行した米をじかに炒って作る「爆米(はぜ)」という菓子など諸説あり、後にそれを「ひなあられ」と命名したと考えられています。
いずれにせよ、「ひなあられ」という言葉に既存の菓子などを当てはめたようで、後発という印象がぬぐえませんが、江戸幕府が桃の節句(=ひなまつり)を五節句に定めて重要視した経緯もあり、辞書では関東のひなあられを説明しているケースが多く見られます。
以上、東西のひなあられの違いを見てきましたが、あなたの知るひなあられはどちらでしたか?また、どちらがお好みですか?最近はチョコ味やいちご味など、様々な味の商品が出ています。伝統を大切にしつつも、今のあなたに合ったひなあられを探してみるのも面白いのではないでしょうか。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP