Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

いいまち見つけて豊かな暮らし街と住まいの解説者中川寛子

住まい選びは街選びから始まる。どんな街に住み、どんな人たちとふれあうかによって、毎日の過ごし方も家族の思い出も変わる。将来にわたって安心して心地よく暮らせる街選びの秘訣を中川寛子さんに伺った。

住民に大事にされているか、実際に街を歩いて観察する

足まわりの便が良く、買い物にも便利な街が一般的には住みやすい場所だと考えられるが、街選びの基準は利便性だけではない。家族構成やどんな暮らし方、どんな人間づきあいがしたいかなどによっても街に求めるものは変わる。我が家にふさわしい街かどうかを見極めるには、その地を訪れて自分の目で街並みや人々の営みを観察することが大切だ。どんなタイプの人たちが多いのか、住んでいる人たちが自分の街を大事に思っているかどうか、歩道や公園、商店街などを散策すればそれとなく感じることができる。
「並木がきれいに保たれている、道路にゴミが散らかっていないなど、住民に大切にされている街は古くてもきれいですね。また、みんなが協力して掃除やイベントをするといった地域活動を通してお互いの交流があります。そうした街の住民は夜中に大きな音を立てるような近所迷惑になる行為はしないものですし、不審な人物や不届き者は自ずと入りにくい雰囲気になります。子育て世代の方にとっては公園が交流の場になるので、公園にいる親子がどんな言葉遣いでどんな会話をしているのかもさりげなく確かめてみましょう」と中川さんは語る。
一方、まとまって開発された分譲住宅には、古くからある住宅街では得られない魅力がある。
「統一された街並みが美しいですし、近隣との距離感や視線の外し方、エリア内の道路の作り方、防災、植栽、ゴミ置き場など、計画的に開発されているからこその住みやすさがあります」と中川さん。
同じタイミングで入居する家族が多いため、子どもに友達ができやすく、親同士のコミュニティが作りやすいのもメリットだろう。

地震に強い街選び、地盤の強さも要チェック

災害時、住まいは家族を守るシェルターとなる。特に地震国日本では、建物の耐震性と同時に立地の地盤についても知っておきたい。中川さんによると、地形と地質、地盤の固さには関連があり、単純に言えば新しい地形は軟らかく、古い地形は固い。従って土地がいつ作られたかを知れば、地盤の固さが想定できるという。
「最近では地盤調査の結果がインターネットも含め、多く公開されていますから、そこから推察するといいですよ。たとえば物件を見に出かけた先で、その土地の地盤が心配になったら、今はその場でスマホやタブレットで検索して調べることもできるのです」
そう言って中川さんが勧めてくれたのは、「20万分の1日本シームレス地質図」(産業技術総合研究所)だ。サイトを開き、「地質図の表示」をクリックして見たい地域をクローズアップする。そして画面右下に出てくる方位マークをタップすると現在地にマーカーが立ち、そのマークをタップすると解説文が出てくる。
国土交通省のサイトで各種自然災害のハザードマップも見ておこう。自然災害による被害を予測して、その被害範囲が地図上に表わされている。いずれにしても、土地の特性を知った上で、適切な対処をして家を建てることが重要だ。

我が子にとっての故郷になるという視点

子どものいる家庭であれば、子育てがしやすい街かどうかも気になるだろう。ただ、何をもって子育てに良いと判断するか、答えは一律ではない。たとえば自治体のサポートを見ても、乳幼児への子育て支援が手厚い場所もあれば、教育に力を入れている場所もある。近くに伸び伸びと子育てができる大きな公園がほしい人もいるだろう。まずは自治体のホームページでどんなサービスや施設があるのかを調べてみたい。複数を見比べると、自治体ごとに差があることがわかるはずだ。
「ただし、子どもを巡る状況は、乳幼児、小学生、中学生、高校生と成長するにつれてニーズが変わるので、子育てに関しては短期的な視野に陥らないことが大事です」と中川さん。

乳幼児に手厚いけれど、学童保育が少ない自治体の場合、子どもが小学校に入ったら共働きを続けるのが大変になることもある。将来を見据えて、我が家ならどこを一番手厚くしてもらいたいかを明確にした上で、その条件にふさわしい街を選ぶといい。
「子育て世代の方にお話しするときに私が必ず言うのは、『選んだ街がお子さんにとっての故郷になる』ということです。街にはそれぞれ違った景色や人間関係、お祭り、神社、食べ物などがあります。それらが子ども時代の原風景となり、後の人生に影響を与えます。ですから、大人になって子どもの頃を懐かしむとき、心温まる楽しい思い出がたくさん蘇るような街を選んであげてほしいのです」
自分の子どもの故郷になるなら、あなたはどんな街がいいだろうか。 また、理想の街が見つかったからといって、どんな家でもいいわけではない。安心できる性能や将来の資産価値を見据えた住まいを選ぶことも大切である。

中川寛子(なかがわ・ひろこ)

大学卒業後、編集プロダクションに入社。その後、一戸建て注文住宅の情報誌の編東京都大田区生まれ。早稲田大学教育学部社会学科卒業。株式会社東京情報堂代表取締役。約30年に渡り、不動産関係の雑誌、書籍、WEBで取材、執筆を続け、セミナーも開催して、地盤・街選びや住まいの買い方、暮らし方についての提案を行っている。著書に「『この街』に住んではいけない!」(マガジンハウス)、「キレイになる部屋、ブスになる部屋」(梧桐書院)、「住まいのプロが教える家を買いたい人の本」(翔泳社)など。日本地理学会会員。日本地形学連合会員。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP