Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

広々快適にくつろぐ工夫に満ちた究極の「狭小邸宅」クルーザーデザイナー薄 雅弘

海の上を走りながら、贅沢な気分でゆったりとくつろぎの時間を楽しめるサロン・クルーザー。限りあるスペースに上質の居住空間を創り出す薄 雅弘さんのデザインには、視線の広がりと心地よさを生むヒントがいっぱい!

サロン・クルーザーは洋上のコンドミニアム

シャチを思わせる流麗なボディの後部にあるアフトデッキから船室に入ると、そこには6〜7人がくつろげる本革シートを備えたリビングが広がっていた。約8畳大のスペースに操縦席、キッチン、シャワールーム&トイレまでもが配置されているにも関わらず、窮屈さを全く感じさせない。まさに「洋上のコンドミニアム」である。
限りあるスペースをいかにデザインして、ゆったりと快適に過ごせるラグジュアリーな空間に仕立てるか。サロン・クルーザーは、いわばその大命題をクリアした究極の形と言えるだろう。

このクルーザーをデザインしたのは、薄 雅弘さん。ヤマハ発動機株式会社で25年のキャリアを持つボートデザインの第一人者だ。船とはいえ、ソファの座り心地からキッチンの使い勝手まで、オーナーから求められる機能や美しさは住まいと同じレベル。IHクッキングヒーターは2口、電子レンジ、温水器、エアコンはもはや当然の設備である。高価なものだけに、洗練されたインテリアや素材の本物感、上質のくつろぎと空間のゆとりも欠かせない。こうした難しい課題を薄さんはどんな風にクリアしたのだろうか。
「このクルーザーの場合は、壁面や建具に鏡面加工を施した黒檀の銘木をあしらい、横目の木目柄で水平ラインを強調することで視線の広がりを演出しています。キッチンなど目に入る設備は同じ黒檀の扉で高級家具のように見せてすっきりと統一させました」

茶室の知恵を取り入れて、寝室に視覚的な広がりを

船の前部に設けた主寝室もひとひねり。入口を狭くして奥に行くほど幅広く、天井高くする遠近法で開放感を生んでいる。
「実はこれ、茶室のにじり口から得た発想なんです」と薄さん。
狭い空間を上手に間取って端正で居心地のいい住まいを創り出す日本古来の知恵や美意識を、クルーザーにもさりげなく取り入れているのである。また、壁の一部をミラー貼りにすることでも、視覚的な広がり効果を出している。
照明にも目を向けてみよう。
「最近はクルーザーもLED照明がトレンドです。ただしLEDの光は冷たくなりがちなので、白い色に負けないよう暖色系のインテリアコーディネートをしたり、電球色に近い暖かみのある色を選んだりすることが多いですね」
天井のFRPがパール素材入りのホワイトで塗装されているのも見どころだ。ダウンライトの光が当たると反射で拡散し、明るさと広がりが生まれる仕掛けである。また、ラウンジシートの下にはテープライトを組み込むなど、間接照明のあしらいも優美である。

船の設計者と二人三脚で、理想の空間を創っていく

サロン・クルーザーの設計デザインでむずかしいのは、海の上を走る乗り物としての性能と、「邸宅」としての心地よい居住性を両立させることだ。
「船は自動車やモーターサイクルのデザインとアプローチが全く異なります。自動車やモーターサイクルの構造は内骨格で、外装は風を防ぐなどの役割はあっても、主機能を有していませんから、そこでデコレーションができます。でも、船の場合は外骨格で、いわば昆虫と一緒なんです。ボディがない限り、浮かぶことも進むこともできません。走るという性能を外骨格でしっかりと実現しつつ、内部を快適なサロンに創り上げていかなければなりませんから、まさに船の設計者と二人三脚の仕事になります」と薄さんは語る。

たとえば海の眺めと開放感を楽しむために窓が重要な役割を果たすのは住まいと同様だが、船は波を乗り越えて着水したとき、最大で自重の20倍の荷重がかかるため、普通の窓では耐えきれず、壊れてしまう。そのため構造解析をして強化ガラスを使い、補強材で固定しつつ、思い通りの広い視界をデザインしていく。
また、居住空間をデザインするとき、設計者がエンジンを据えたいと思う位置が、薄さんにとっては避けたい場所だったりすることもある。「もっと後ろに持っていけない?」、「いや、これ以上は無理かな」。そんなせめぎ合いはしょっちゅうのこと。エンジン音を防ぐために吸音材を入れ、壁の角を丸くして音が響かないようにするなど、コンビを組み、頭を突き合わせて対策を考え、どちらにとってもベストのレイアウトを生み出していくという。

サロン・クルーザーには、狭小・変形地での上手な家づくりのヒントがたくさん隠れている。たとえば色の使い方ひとつで、空間を広く見せられると薄さんは言う。
「一番低い床の部分を濃い色にして、そこからベージュ、ホワイトとグラデーションをつけるなど、足元から上にいくに従って明るい色にしていけば、実際よりも広さと高さを感じることができます。また、狭い部屋でも家具の高さを5センチ下げるだけで、空間は広く見えるものです」
これから家づくりをお考えの方は、頭の隅に残しておきたいワンポイント・アドバイスである。

薄 雅弘(うすき・まさひろ)

桑沢デザイン研究所プロダクトデザイン卒。1987年、ヤマハ発動機入社後60モデル以上もの数多くのボート&ヨットをデザイン。ヤマハ発動機退社後、現在は株式会社Markes 代表取締役。

夏を快適に過ごす -窓断熱-

暑い夏、できるだけエアコンに頼らず、涼しく快適に過ごすためには、(1)強い日差しをカットし、(2)蓄熱させない、そして(3)風通しをよくすることがポイントです。もともと日本人は四季にあわせて自然の恵みを取り入れた家づくりをしてきました。光や風、緑と上手につきあうことで、環境にもからだにも、無理のない暮らしができます。本格的な夏を迎える前に、住まいの暑さ対策を考えてみてはいかがでしょう。

夏を涼しく過ごすには強い日差しを徹底的にカット

太陽光は、発電に利用されるほどの強いエネルギーです。恵みのエネルギーではありますが、夏場に節電をしながら、涼しく過ごすためには、この強い日差しをカットすることがカギとなります。なぜなら、窓から強い日差しが入り込む室内でエアコンをつけるのは、ストーブをつけたまま冷房もつけるようなもの。窓の内側にカーテンや、窓の外側にすだれをかけるだけでも日差しは遮られ、日射量をカットすることができますが、より効果的なのが窓の断熱性を高めることです。

日差しカット+蓄熱防止で夏の寝苦しい夜を解消

夏の暑い日、気温は30℃であっても、太陽の直射日光を浴びた道路や屋根は蓄熱され、それよりもずっと高温の60℃〜70℃という暑さになっています。こうした高温のものが近くにあると、その蓄熱された熱(輻射熱)の放射によって30℃以上の暑さを感じてしまいます。たとえば、直射日光を浴び高温になったバルコニーから熱が放射され、窓ガラスが温まります。温まった窓ガラスから輻射熱が再放射され、その熱が床や天井、壁にじわじわ吸収されていきます。夏を涼しく過ごすには、太陽の強い日差しをカットするだけでなく、輻射熱を断ち、窓周辺を蓄熱させないことも大切です。家自体が蓄熱していると、外の気温が下がっても部屋に溜まった熱はすぐには冷えず、暑く寝苦しい夜になってしまいます。特に夏の西日は強力なので、寝室には西日が入らないよう注意しましょう。

日差しをカットするには、窓の断熱性アップが効果的

熱は開口部からも入ってきます。これを防ぐには開口部の断熱性を高めることが必要です。複層ガラスは、夏は太陽熱の侵入を防ぎ、冬場は室内の熱を外に逃がさない効果があります。

遮熱ガラス、断熱ガラス

断熱・遮熱効果のある複層ガラスにすることで、冷暖房効果が高まります。
「遮熱ガラス」は、室外側に特殊金属膜をコーティングしたもので、特に夏期の日射を遮り冷房負荷を軽減します。一方、「断熱ガラス」は、室内側に特殊金属膜をコーティングしたもので、「遮熱ガラス」よりは日射熱の取得が高めなものの、冷房負荷を軽減します。室内の熱を逃さないので、暖房負荷の軽減に効果を発揮します。

強い日差しは家の外でカットするのが効果的

道路のアスファルト、隣家の屋根・壁に溜まった輻射熱も家に飛び込んできます。これらを防ぐには、簾などを窓の外に吊して太陽の日差しを避けることです。日よけは窓の内側よりも外側に取り付けるほうが効果的です。または、日射しを受ける時間帯にシャッターを閉めたり、普段使わない部屋の雨戸やシャッター、カーテンなどを閉めておくといったことでも遮熱効果はアップします。

家の周辺を緑化する

家の周囲に樹木を植えるのも効果的です。樹木は根から水を吸い上げて、葉から水分を蒸散させます。葉から水分を蒸散させて周囲の熱を奪うため、涼しく感じられます。蒸散した水が気体に変化することを気化熱といい、水1グラムが蒸発するときに奪われる熱は600カロリーとされています。家の周囲に樹木を植えることで樹木が水を含んだ壁になり、その水が熱を吸収してくれます。直射日光や地面からの照り返しを遮る効果もあります。

緑化パネル

朝顔やへちま、ゴーヤなど、蔓性の植物を這わせられる格子状のパネルを立てて家の周囲を緑化すると、天然のカーテンになります。植物の育っていく過程もお子様への教育になり、実のなるものを植えれば食育にもなります。また、テラスの上部に棚を組み植物をはわせるパーゴラも効果的です。

オーニング

強い日射しをやわらげて、心地よい日陰をつくるガーデンハットの役割を持つオーニングを大きな窓の外に設置すると、屋外に涼しい日陰を作り、室温の上昇を抑制。開閉方式は手動、自動の2タイプあり、自宅でおしゃれなカフェ気分を味わえると共に省エネにも効果的です。

リビングに施された縦と横の大胆なラインと照明計画で演出された心地よい大人の空間

[愛知県 Aさま邸]

住まいづくりにあたってAさまご夫妻が望んだのは、将来、ご夫婦お二人で暮らすためのお住まいでした。
「今はまだ娘もおりますが、いわゆるアットホームな空間である必要はなかったのです」と語ります。そのため、「大人の空間」を意識したデザインによって、メリハリを効かせながら落ち着きのあるお住まいが実現しました。

外観は、壁から駐車スペースまで連続するダークブラウンの縦のラインを強調した端正なフォルムに。内部は1階にLDKと和室を配し、吹き抜けの階段室を介して、2階の個室や浴室などとゆるやかにつながる空間構成となっています。

セミオープンなLDKには、壁面の中央に横壁が施され、リビングとダイニングを仕切る壁とともに大胆な縦横のラインを形成。横壁は外からの視線を遮り、プライバシーを確保するための仕掛けですが、壁の上下に高窓と地窓を設けることで採光も十分です。

また、ダイニングにつながる面の地窓は掃き出し窓にすることで、通風もしっかり確保。地窓からは庭がのぞき、建物の内と外との一体感も感じられます。

そして、Aさま邸を「大人の空間」にしているのが照明計画でしょう。LDKの横壁には白壁にやさしく反射する間接照明が設けられ、仕切り用の縦壁には天井からの照明が光を放ち、それぞれの壁の素材感をより豊かに見せています。

「昼と夜で異なる2つの表情を楽しんでいます。すっきりとして、暮らしやすいこともうれしいですね」とAさまご夫妻。「大人の空間」を味わっていらっしゃいました。

心踊らす桜色、ほんのり香る桜味。春の訪れを目で、舌で楽しもう

花より団子で何食べる?

4月は桜の季節。日々桜前線が南から北へ北上しつつ、日本のどこかで桜が見頃を迎えています。「花より団子」という言葉がありますが、花見に飲食はつきもの。お花見団子や桜餅など、特に桜や花見に縁の深い食べ物もありますね。今回は、そんな昔ながらの、桜の季節に食べたくなる和菓子について、その由来やトリビアをご紹介します。

お花見団子に込められた意味とは

「お花見に欠かせない食べ物は?」という問いへの答えはさまざまでしょう。桜を見ながらお弁当、という方ならおにぎりやお寿司が、桜の下で宴会!という方なら唐揚げやフライドポテトなど、おつまみ的なメニューが思い浮かぶかもしれません。しかし元祖といえるのは、やはり「花より団子」の団子でしょう。
花見の団子といえば、ピンク・白・緑三色の串団子。この三色に込められた意味は諸説あります。一つは、ピンクは桜の蕾を、白は桜の花を、緑は葉桜を表し、三色団子が移りゆく桜の姿を象徴しているというもの。もう一つは、ピンクは穏やかな太陽、白は残雪、緑は新緑の芽吹きを表し、三色団子が早春の情景を象徴しているというものです。さらには、白が雪の冬を、ピンクが桜の春を、緑が葉の茂る夏を象徴し、秋がないので「飽きない」団子だという説もあります。他にもいろいろな解釈があり、どれが正解とはいえませんが、どれも正解なのかもしれませんね。いずれの説も、本格的な春の訪れを喜ぶ気持ちが伝わってきます。

東西で微妙に違う「桜餅」

桜の季節を感じさせる食べ物といえば、塩漬けした桜の葉を巻いた、桜色の和菓子「桜餅」でしょう。しかし、「桜餅」と言われて思い浮かぶ姿は、人によって違うのではないでしょうか?実は桜餅にも、関東風と関西風があるのです。
関東風桜餅は、小麦粉などの生地を焼いた皮で餡を巻いた、クレープ状のお餅。隅田川沿いにある長命寺の門番が、桜の落葉の処理を兼ねて考案し、売り出されたことから、「長命寺」「長命寺餅」などと呼ばれています。

一方の関西風桜餅は、もち米を蒸して乾燥させ粗挽きした道明寺粉(大阪の道明寺で作られたためこう呼ばれる)で皮を作り、餡を包んだまんじゅう状のお餅。道明寺粉のつぶつぶした食感が特徴で、「道明寺」「道明寺餅」などと呼ばれます。
桜を使った和菓子は桜餅が代表的ですが、今は期間限定で桜味のスイーツやドリンクがたくさん出ています。ぜひ、美しい桜の花とともに、いろいろな桜の味を楽しんでください。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP