Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

心踊らす桜色、ほんのり香る桜味。春の訪れを目で、舌で楽しもう

花より団子で何食べる?

4月は桜の季節。日々桜前線が南から北へ北上しつつ、日本のどこかで桜が見頃を迎えています。「花より団子」という言葉がありますが、花見に飲食はつきもの。お花見団子や桜餅など、特に桜や花見に縁の深い食べ物もありますね。今回は、そんな昔ながらの、桜の季節に食べたくなる和菓子について、その由来やトリビアをご紹介します。

お花見団子に込められた意味とは

「お花見に欠かせない食べ物は?」という問いへの答えはさまざまでしょう。桜を見ながらお弁当、という方ならおにぎりやお寿司が、桜の下で宴会!という方なら唐揚げやフライドポテトなど、おつまみ的なメニューが思い浮かぶかもしれません。しかし元祖といえるのは、やはり「花より団子」の団子でしょう。
花見の団子といえば、ピンク・白・緑三色の串団子。この三色に込められた意味は諸説あります。一つは、ピンクは桜の蕾を、白は桜の花を、緑は葉桜を表し、三色団子が移りゆく桜の姿を象徴しているというもの。もう一つは、ピンクは穏やかな太陽、白は残雪、緑は新緑の芽吹きを表し、三色団子が早春の情景を象徴しているというものです。さらには、白が雪の冬を、ピンクが桜の春を、緑が葉の茂る夏を象徴し、秋がないので「飽きない」団子だという説もあります。他にもいろいろな解釈があり、どれが正解とはいえませんが、どれも正解なのかもしれませんね。いずれの説も、本格的な春の訪れを喜ぶ気持ちが伝わってきます。

東西で微妙に違う「桜餅」

桜の季節を感じさせる食べ物といえば、塩漬けした桜の葉を巻いた、桜色の和菓子「桜餅」でしょう。しかし、「桜餅」と言われて思い浮かぶ姿は、人によって違うのではないでしょうか?実は桜餅にも、関東風と関西風があるのです。
関東風桜餅は、小麦粉などの生地を焼いた皮で餡を巻いた、クレープ状のお餅。隅田川沿いにある長命寺の門番が、桜の落葉の処理を兼ねて考案し、売り出されたことから、「長命寺」「長命寺餅」などと呼ばれています。

一方の関西風桜餅は、もち米を蒸して乾燥させ粗挽きした道明寺粉(大阪の道明寺で作られたためこう呼ばれる)で皮を作り、餡を包んだまんじゅう状のお餅。道明寺粉のつぶつぶした食感が特徴で、「道明寺」「道明寺餅」などと呼ばれます。
桜を使った和菓子は桜餅が代表的ですが、今は期間限定で桜味のスイーツやドリンクがたくさん出ています。ぜひ、美しい桜の花とともに、いろいろな桜の味を楽しんでください。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP