Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

大空を泳ぐ鯉のぼりのように子どもの成長を願う

ゴールデンウィークの風物詩

5月5日の「こどもの日」が近づくと、様々な場所で鯉のぼりを見かけるようになります。住宅事情から「尾根より高い鯉のぼり」とはなかなかいきませんが、ベランダ設置用や室内飾りなど、各家庭の事情を考慮した様々な商品が生まれています。イベントも各地で行われ、大空を豪快に泳ぐ鯉のぼりを楽しめる機会も多いようです。そんな鯉のぼりについてご紹介します。

庶民の願いが生んだ鯉のぼり

5月5日は元来「端午の節句」といいました。奈良時代に中国から入ってきた風習で、平安時代には厄払いの宮延行事として定着しました。そこで重要な役割を果たしたのが、香りで邪気を払う「菖蒲」。時代が流れて武士の時代になると、「菖蒲」は「尚武(武道を重んじること)」につながるとして、端午の節句は「男子の成長と健康を願うお祝い行事」に変化していきました。やがて江戸時代中期、商人が力を持つ時代になると、端午の節句を祝う風習は町人層にも広まっていったのです。
そこで登場するのが"鯉のぼり"です。武士は端午の節句に「旗指物(はたさしもの:家紋を染め抜いた旗)」を飾りました。それを町人が真似て、武者絵や縁起の良い図柄を描いた「絶句幟(ぜっくのぼり)」が生まれます。中でも人気だったのが、「鯉の滝登り」の図柄。これは「黄河上流にある"竜門の滝"を登りきった鯉は、龍となって天を駈ける」という故事に由来し、そこから鯉の滝登りは「めざましく立身出世すること」を意味しました。この鯉の滝登りの節句幟をよりリアルに、鯉が空を泳ぐように改良したのが鯉のぼりなのです。

鯉のぼり家族は時代とともに

鯉のぼりの歌に「♪大きな真鯉はお父さん〜小さな緋鯉は子どもたち〜」という歌詞があります。鯉のぼりは色や大きさによって、家族を構成している印象がありますね。ところが、江戸時代の鯉のぼりには黒の真鯉しかいません。そもそもこの時代は、鯉といえば黒の真鯉。鯉がカラフルだというイメージは、錦鯉の養殖が広まった明治時代以降のものなのです。では明治時代の鯉のぼりはというと、黒の真鯉と赤の緋鯉を対で揚げていたようです。ただしここでの緋鯉は、歌詞にもあるように子ども(男児)のこと。男子の行事ということから、父親と男児しかいなかったのかもしれません。
黒の真鯉が父、赤の緋鯉が母、青の鯉が子ども、というイメージが定着したのは、家族観が変化していった昭和30年代。さらに現在では、緑や橙などよりカラフルな子鯉が登場し、女児も含めた家族全員分の鯉を揚げるところもあるとか。伝統の鯉のぼりも、いろいろな時代背景を反映しているんですね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP