Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

見せる、隠す、しまう収納でオリジナル収納をデザインしましょう

収納というと、"しまう"ことをイメージしますが、お気に入りのものやコレクション、普段よく使うものをインテリアの一部のように飾ってインテリアコーディネートを楽しむ、こうした「見せる収納」も収納スタイルの一つのです。細々したものは扉の内側に収納し、頻繁に使うものは表に出してすぐに使えるようにすると実用的です。我が家の収納を見直し、見せる、隠す、しまう収納を取り入れた収納計画を立ててみましょう。

見せる収納

お気に入りのコレクションや小物は、飾って見せるスペースをつくりましょう。キッチン用品などもよく使うものは、すぐに取り出せ、すぐにしまえるように、飾る感覚の「見せる収納」が便利です。

隠す収納

掃除機やミシン、薬箱など、さっと取り出したいけれど、お客さまにはあまり見せたくないというものは、扉のある収納がベスト。壁面と一体化した「隠す収納」にすれば、空間はいつも美しいままです。

しまう収納

普段使わない実用品や季節もの、大きくてかさばるものなどは、集中収納のスペースにしまえば、いつも部屋を広々と使えます。思い出の品なども「しまう収納」で大切にとっておけます。

「見せる」と「隠す」のバランスは、5:5を目安に

「見せる収納」をいっそう引き立てるには、すっきりした空間づくりが必要です。そのためにも「見せる」もの以外は、上手にしまうことがポイントです。「見せる」と「隠す」のバランスは、5:5を目安にするとよいでしょう。

まずは、収納計画からスタート

「見せる」「隠す」「しまう」3つの収納を組み合わせて、我が家オリジナルの収納計画を立ててみましょう。どんなに収納スペースを増やしても、必要のないものを収納していては、限りのあるスペースはいっぱいになってしまいます。収納計画を立て、必要なもののリストアップをして分類、整理することが大切です。

●ストレスなくラクに片付けられる収納計画が大切

ポイント1
簡単な動作・ラクな姿勢で片付けられること。
ポイント2
使う場所や動線上に収納を設けましょう。
ポイント3
収納は使うものの大きさに合わせましょう。
ポイント4
どこに何があるか、ひと目でわかるように。

●空間をいつも美しく保てる収納を心がけましょう

ポイント1
収納の絶対量不足を解消しましょう。
ポイント2
インテリアとコーディネートしましょう。
ポイント3
好きなモノはあえて見せる収納に。
ポイント4
空間に凹凸をつくらず、線をきれいに整理すること。

理想の収納が完成しても、片付けなくしてすっきりした空間は実現しません。各部屋において、必要なもの不要なものを確認しましょう。特に家族のものが集まりやすいリビングでは、置くものを最小限に留めること。普段必要なものは定位置を決め、使ったら必ずもとに戻すことを心がけるようにすると、いつも片付いた空間が保てるようになります。きれいな空間では、片付けも楽しくなるという相乗効果も期待できます。

スキップフロアでつながる桟敷席、吹き抜けのリビングで楽しく子育て

[愛媛県 Nさま邸]

3人のお子さまの成長にともない、お祖父さまから相続された古い家を建て替えられたNさま。「住宅展示場を見学したなかで、いちばんカッコいいと感じたのが『蔵のある家』でした。間口7mの奥に長い敷地でも、大収納空間を設けることで吹き抜けの開放感ある暮らしが実現できると聞いて、素晴らしいと思いました」と語ります。

その言葉通り、「蔵」のあるリビングは天井高4mの伸びやかさで、約8畳とコンパクトながら圧迫感を感じさせません。「蔵」の上のタタミスペースともガラス壁でつながり、視線が広がります。「子どもたちはタタミスペースからリビングのテレビを観て、『映画館みたい』と桟敷席のように楽しんでいます」とNさま。

また、スクエアな外観デザインへのこだわりが強く、「人目のある道路側にはあえて窓を設けず、すっきりとスタイリッシュに見せたい」とのご要望でした。そこで中庭を囲むようにリビングとダイニングを配置して、光を上手に採り入れています。

「かさばる荷物やたくさんの生活用品も『蔵』に気軽にしまえるから、リビングはいつもすっきり。帰宅するとホッと心が和みます」とNさま。

天井近くの高い窓からも光が差し込み、南側に窓がないにもかかわらず、昼間は照明いらず。観葉植物も元気に成長しているそうです。
「キッチンから中庭を眺めたり、家事の合間にウッドデッキでお茶を飲んだりとリラックスできて、心にゆとりが生まれました」と奥さま。目障りなモノが一切ない美しい住空間で、ご家族5人の賑やかな暮らしを和気あいあいと楽しまれています。

天の川を見るなら、やはり夏。星明りが頼りの静かな場所で

七夕以外でも楽しめる天の川

七夕伝説に出てくる「天の川」。普段は星に興味がない人も、この日ばかりは夜空を仰ぐのではないでしょうか?そして、あいにくの梅雨空にがっかりするのではないでしょうか・・・。 しかし、天の川が見えるのはなにも七夕だけではありません。いつどこでなら見られるのか、意外と知らない天の川について紹介します。

天の川の正体とは

天の川とは何かを一言でいえば、「天の川銀河を地球から見た姿」です。銀河とは、たくさんの星の集まりのこと。宇宙は無数の銀河から成り立っており、そのうち太陽系が属する銀河を「天の川銀河」と呼んでいます。天の川銀河には、太陽のような恒星が数千億個、直径約10万光年の範囲に、中心が膨らんだ円盤のような形で、渦を巻くように集まっていると考えられています。
天の川銀河を上から見れば円形に見えるのでしょうが、横から見れば帯状に見えます。そして、銀河の中から見れば、星の集まりが帯状にぐるりと取り囲んでいるように見えるはずです。夜空の天の川も、地平線に隠れた部分は見えませんが、空をぐるりと一周しているのです。このため、天の川は一年中どこかしらに見えているということになります。

天の川を見るなら

ご存知のように、星は季節によって見える星が違います。同様に、同じ天の川といっても、夏と冬とでは見える場所が違っています。太陽系は、天の川銀河の外側に位置しています。中心方向を見れば星がたくさんありますが、外側をみるとあまりありません。夏の天の川は銀河の中心部分を見ているので、帯が太く明るいのですが、冬の天の川は銀河の外側を見ているので、星の数も少なく暗いのです。
七夕(新暦7月7日)頃から、太くて明るい天の川が見られるようになるのですが、あいにくの梅雨空ということが多いですよね。実は、本来の七夕は旧暦の7月7日、新暦では8月にあたります。今の基準で七夕に天の川を見ようとしても、難しいのは当たり前。本当に天の川を見るのに良い時季は、8月だったわけです。
とはいえ、夏でも周りが明るいと天の川を見ることは困難です。人口の光はもちろん月明かりも、天の川の繊細な輝きをかき消してしまいます。できれば新月など月のない夜に、都会から離れた暗い場所で夜空を眺めてみてください。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP