Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

天の川を見るなら、やはり夏。星明りが頼りの静かな場所で

七夕以外でも楽しめる天の川

七夕伝説に出てくる「天の川」。普段は星に興味がない人も、この日ばかりは夜空を仰ぐのではないでしょうか?そして、あいにくの梅雨空にがっかりするのではないでしょうか・・・。 しかし、天の川が見えるのはなにも七夕だけではありません。いつどこでなら見られるのか、意外と知らない天の川について紹介します。

天の川の正体とは

天の川とは何かを一言でいえば、「天の川銀河を地球から見た姿」です。銀河とは、たくさんの星の集まりのこと。宇宙は無数の銀河から成り立っており、そのうち太陽系が属する銀河を「天の川銀河」と呼んでいます。天の川銀河には、太陽のような恒星が数千億個、直径約10万光年の範囲に、中心が膨らんだ円盤のような形で、渦を巻くように集まっていると考えられています。
天の川銀河を上から見れば円形に見えるのでしょうが、横から見れば帯状に見えます。そして、銀河の中から見れば、星の集まりが帯状にぐるりと取り囲んでいるように見えるはずです。夜空の天の川も、地平線に隠れた部分は見えませんが、空をぐるりと一周しているのです。このため、天の川は一年中どこかしらに見えているということになります。

天の川を見るなら

ご存知のように、星は季節によって見える星が違います。同様に、同じ天の川といっても、夏と冬とでは見える場所が違っています。太陽系は、天の川銀河の外側に位置しています。中心方向を見れば星がたくさんありますが、外側をみるとあまりありません。夏の天の川は銀河の中心部分を見ているので、帯が太く明るいのですが、冬の天の川は銀河の外側を見ているので、星の数も少なく暗いのです。
七夕(新暦7月7日)頃から、太くて明るい天の川が見られるようになるのですが、あいにくの梅雨空ということが多いですよね。実は、本来の七夕は旧暦の7月7日、新暦では8月にあたります。今の基準で七夕に天の川を見ようとしても、難しいのは当たり前。本当に天の川を見るのに良い時季は、8月だったわけです。
とはいえ、夏でも周りが明るいと天の川を見ることは困難です。人口の光はもちろん月明かりも、天の川の繊細な輝きをかき消してしまいます。できれば新月など月のない夜に、都会から離れた暗い場所で夜空を眺めてみてください。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP