Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

涼しげな金魚の泳ぐ姿を見て、夏の暑さを乗り切ろう

涼を誘う金魚

暑い夏を涼しく過ごす知恵はいろいろありますが、金魚もまた夏の風物詩。優雅に泳ぐ姿が涼しげで、夏祭りの金魚すくいも定番です。ただ、長生きさせるのは難しい印象がありますね。せっかく飼うのなら、できるだけ長く一緒に過ごしたいもの。金魚を育てるコツや、飼育されるようになった歴史などを紹介します。

美しく縁起の良い魚として

金魚の起源ははっきりしませんが、3〜4世紀頃の中国南部で赤色のフナが発見されたという記録があり、そのような突然変異のフナが金魚の祖先だと考えられています。美しさは元より福や富を招く魚として珍重され、飼育されるようになり、品種改良も盛んに行われました。
金魚が日本に渡来したのは室町時代中期と考えられていますが、飼育が広まったのは江戸時代初期、大名や富裕層などの贅沢品として受け入れられました。やがて江戸時代中期になると、商人・町人が力をつけ、また武士が副業として金魚養殖を行ったことから、庶民にも金魚文化が広がりました。

ガラスの器が金魚ブームを後押し

このように、金魚は古くから鑑賞されてきたわけですが、昔はガラスの水槽などありませんでした。最初は池で、次は焼き物や木の器で飼われていたため、金魚は上から見るものであり、品種改良も「上見」を前提になされてきました。
ところが、江戸時代中期にガラス製造技術が輸入され、ガラス製の「金魚玉」が誕生しました。上見だけではなくさまざまな角度から金魚を鑑賞でき、また透明なガラス自体も美しく、インテリアとしての魅力が増したのです。

金魚を長く飼うには

金魚とともに見る人の心を魅了する金魚鉢ですが、当の金魚にとってはあまり良い環境ではないようです。金魚鉢は水量や酸素量が少なく、水も汚れやすいからです。
金魚の健康を第一に考えるなら、大きな水槽で水質を保つ装置を完備するのがベストです。それが無理、あるいはやっぱり金魚鉢で飼いたいという場合は、できるだけ大きなものを選び、こまめに水を替えましょう。水を入れる際には、塩素中和剤などでカルキを抜き、水質調整剤も入れるとよいでしょう。金魚を金魚鉢に入れる時は、金魚が元々入っていた水と金魚鉢の水を少しずつ入れ替え、温度差を少なくしてあげるのがポイントです。

金魚の数もできるだけ抑えて、餌のやりすぎにも注意しましょう。光合成で酸素を供給する水草は、中央に配置すると金魚が周回するように泳げるのでベターです。
涼しげな金魚に楽しませてもらう分、飼うほうも金魚の快適さに気をつけたいものですね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP