Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

離れのあるおおらかな二世帯住宅、たくさんの人が集い心豊かに住まう

[宮城県 Oさま邸]

歴史ある閑静な住宅街に壮大な姿を見せるOさま邸は、二世帯で暮らす母屋に離れが連結した大邸宅。東南の広大な庭は公園が隣接し、豊かな緑が遠くへ連続しているため、住まい全体がリゾート地にあるかのような風情に包まれています。

広大な敷地に離れ付きの邸宅を建てたのは、Oさまが「人の集まる家にしたい」という願いを叶えるため。そして、周囲の自然と一体感が味わえる立地は、「長年、共に働いている妻は、多忙で旅をしたことがありませんので、日常で旅気分を味わってほしくて」と微笑みます。

玄関の扉を開けると、まず二世帯が共有する玄関の広さに驚かされます。玄関本来の機能の他に、土間の一部にテーブルと椅子が置かれ、ここで仕事の打ち合わせをすることも多いそう。また、1階のOさまご夫婦の居室は、中心となるLDKに光があふれ、大きな窓には公園の豊かな緑が広がります。

「日差しと床暖房のおかげで、冬もぽかぽか。朝、キッチン横の窓からきれいな朝焼けが見えるんです。まさにリゾート気分で一日が始まる。とても気持ちがいいんですよ。それに収納をたっぷり設けていただいたので、ストレスがなくなりました」と奥さまにもたいへん好評です。

一方、2階のご子息夫婦の居室は、白を活かしたカジュアルな空間で、リビングの窓から渡り廊下を通って離れへ行くことも可能。
「親戚や友人が集まっても、離れなら気兼ねがありません。住まいが『暮らしを楽しんで!』と後押ししてくれている感じですね」と、心豊かに暮らすOさまご夫婦でした。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP