Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

おしゃべり上手は子育て上手AERA with Kids 取締役デジタル本部長中村正史

教育から人間関係まで、幅広い切り口で親と子どもの本音に迫る『AERA with Kids』。綿密な取材によって描き出される現代のリアルな家族像は、読者の強い共感を呼んでいる。中村正史取締役デジタル本部長に子育てのこと、そして家のことについて伺った。

子育てで一番大切なのはコミュニケーション

『アエラ ウィズ キッズ』のコンセプトは、「おしゃべり上手は子育て上手」。親子の活発なコミュニケーションが、子育ての基本だと考えています。
学校から帰ってきたら、その日にあったことをお母さんに話す。休日にはお父さんと話をする。こうした日常の何気ない親子の会話が、なによりも大切です。
親子で話すときの、子どもの様子を思い浮かべてください。まず、親の話を聞こうとするでしょう。実はこれ、聞く力が育つと同時に、大人の話し方や難しい語彙を覚えていく上でとても有用です。
そして、子どもは話を聞いたら自分の考えをまとめ、それを言葉にして伝えようとします。つまり、表現力が身につきます。さらに、子どもは親に話を聞いてもらえると、安心感が生まれる、自信もつくのです。

ある調査では、親子の会話量が多いほど勉強に費やす時間が長く、学力向上につながる傾向にある、という結果が出ています。もちろん、勉強がすべてではありません。しかし、相手の話をよく聞いて理解し、それに対して自分の考えを発信するというコミュニケーション能力は、今、社会や企業でもっとも求められているものです。これは経団連などの調査を見ても明らかでしょう。
ある大学の先生とお話しをする機会があったのですが、「話しているときに、相手の目を見ない学生が増えている」という言葉を洩らしていました。また、ある企業の経営者に求める人材像を尋ねたら、「挨拶ができる人」とシンプルに言い切りました。
人の目を見て話す、挨拶をする。これはコミュニケーションの基本ですが、一朝一夕では身につきません。小さい頃からの積み重ねによって培われるものだからこそ、子どもとの会話を大切にしてほしいですね。

子どもはとてもやさしい、親も努力して会話しよう

かつて、日本の家は大家族で暮らすのが当たり前で、地域には親戚も多く、隣近所との付き合いも活発でした。子どもにとっては、親だけではない"斜め"の人間関係が普通に存在しており、大人という他者に触れ合う機会が豊富にありました。
しかし、都市部を中心に核家族化が進むことで、親と子という"縦"の関係しかない家庭が一般的になりました。さらに、母親も外で仕事をする共働き世帯が増えている昨今、親と接する時間も減っているのが、子どもの置かれている現状です。
仕事でへとへとになって帰ってきて、子どもに話しかけられると、つい「後でね」「ちょっと静かにしていて」と言いたくなる気持ちもわかります。
でも、都内の小学校で、子どもたちに聞き取り取材をしていると、みんな親のことをよく見ていることに気づかされます。同時に、ものすごく気を遣っているんです。
「お母さん、疲れているみたいだから、あまり話しかけないようにしよう」
「気分を害してしまったかな」
子どもは親にすごくやさしいんです。だから、親もそのやさしさにがんばって応えてあげないと。話を聞かない状態が続くと「言っても無駄なんだ」と思って、なにも話さなくなってしまいます。
父親も、社員が減って仕事量が増えるという、昨今の労働環境を考えると、子どもと生活の時間帯を合わせられないのが現実だと思います。ならば、せめて休日は子どもと意識的に会話をしましょう。平日でも、朝食だけは子どもと一緒に食べる。そんな努力をしているお父さんもいますよ。

コミュニケーションを豊かにするための家づくり

会話をしよう、と繰り返し言っていますが、なにも特別な話をする必要はありません。その日の出来事、友だちの話、先生の話。日常的なことをたくさん聞いてあげることが、まずは大切です。
ただ、会話は場の影響を受けるものですから、家のつくりはよく考えたほうがいいでしょう。先ほど、昔の日本の家の話をしましたが、かつて、部屋を仕切るものはドアではなく、障子や襖という空間の境が曖昧なものが使われていました。 つまり、家族構成に加え、家のつくりも変わったことで、家族同士の気配が感じにくくなっていることもあるのです。
しかし、ある程度成長したら、子どものプライバシーも尊重してあげたい。となると、家族が自然と集まり会話できるような共有スペース、つまりリビングの場づくりがとても大事になってきます。

最近は、自室ではなくリビングで勉強をさせる習慣も浸透してきています。対面式のキッチンなら、親が料理しながら子どもに勉強を教えたり、手伝ってもらったりしやすい。そこから会話も生まれます。ちなみにお手伝いをする子は、要領や段取りを覚えるので賢くなりますよ。とくに料理はとてもいい。食育になるし、包丁を使わせると手先が器用になるからです。
また、リビングには地球儀や地図、百科事典、書籍などを置くようにしましょう。たとえば、テレビでトランプ大統領が出てきたら、アメリカはここ、ワシントンはここ、とすぐに地球儀で教えてあげられるからです。

漢字や算数などの学力だけではなく、子どもの知力や教養、知的好奇心を育む上で、こうした環境はとても大事です。「知る」ということは面白い。そういう空気を作りましょう。
これから、夫婦共働きの家庭はさらに増えていくはずです。学校から帰ってきたときに、お母さんがいないのは寂しいかもしれない。でも、会話で大切なのは時間ではなく、中身の深さと質です。子どもの毎日の出来事を、ちゃんと聞いてあげれば大丈夫。たくさんおしゃべりして、楽しく、自信をもって子育てしてほしいですね。

中村正史 (なかむら まさし)

長年にわたって教育・大学問題に携わり、『週刊朝日』記者時代に『大学ランキング』を企画し創刊。『週刊朝日』副編集長、『AERA』誌面委員などを経て教育・ジュニア編集部長に。『AERA with Kids』の編集長も務め、朝日新聞グループの教育関連媒体を統括。現在は、取締役デジタル本部長。

収納家具を取り入れてすっきりセンスアップしたお部屋に

必要なもの、不要なものを整理し、収納計画を立てたら、部屋の雰囲気に合わせてセンスよく収納することも大切です。そこでお役に立つのが、収納家具。ひとつ取り入れることで、インテリアとしても素敵に空間を演出します。家具がアクセントになって部屋の印象が変わるので、収納家具を取り入れる際は、しまうだけでなく、楽しむ家具として選んでみてはどうでしょう。

収納雑貨・家具の選び方

●ポイント1
どこに置き、どのような目的で使うのか、室内に置いたことをイメージして考える。

●ポイント2
機能性に加え、使って楽しくなるようなデザイン性の高いものを選ぶ。

●ポイント3
部屋の広さや家族の生活動線、置く場所を考慮する。

家族が集まるリビングは実用性とデザイン性を取り入れて

家族が集まるリビングは、各自の持ちものが集まる場所でもあるので、実用性とデザイン性とのバランスをとることが大切です。例えばチェストなどは、普段よく使う日用品や雑誌などを収納するだけでなく、チェストの上に家族写真や季節の花を飾ることで室内の印象が大きく変わります。また、低めのリビングボードをソファと背中合わせに配置することで、リビングダイニングを仕切るパーテーションの役目を果たします。

玄関はお客さまに好印象を与える演出を

玄関にも、個性的なチェストやサイドボードを置くだけで印象が変わります。また、オブジェのようなコートハンガーは、コートを掛ける機能を果たすとともに玄関のインテリアにもなります。

寝室は大きめの家具でホテルのような空間に

寝室には少し大きめの家具を取り入れて、衣類の収納として、また、鏡を置いて化粧台として、テレビを備えるなどの使い方で、ホテルのような空間を演出します。

キッチンは機能美にこだわって

機能性が優先されるキッチンでも、デザイン性の高い収納家具や雑貨があることで、調理や後片付けがより楽しいものになります。

子ども部屋はデッドスペースを利用して遊び心満載に

天井近くの空いたスペースを有効活用し、ハンモックを吊るしてぬいぐるみなどの収納にしてみては。ボックスを利用しておもちゃ箱にすると、空いた空間に収納できて便利。種類ごとにわけて放り込むだけなので、子どもも簡単にお片づけができます。

広いテラスとダイナミックにつながる開放感、リゾートの憩いに満ちたハイブリッド住宅

[大阪府 Iさま邸]

アールを描くコンクリート壁に守られて、高台の住宅街でひときわの風格を漂わせるIさま邸。
「以前の住まいもハイブリッド住宅だったので性能の良さは実感していました。今回はインターネットでミサワパーク東京に建つハイブリッド アドバンス デザインモデルの写真を見て、豊かな空間と美しいデザインに一目惚れでした」とIさま。

伸びやかな玄関ホールは、バリ島で入手されたお気に入りのイルカの木彫刻が飾られ、カラフルな木製タイル壁と相まってギャラリーさながら。

リビング、ダイニングキッチンと間仕切りなくつながるダイナミックな住空間は、どこに移動してもゆったりと時間が流れ、趣向を凝らしたインテリアに心がやすらぎます。

ビルトインガレージの上に広がるテラスには樹齢約350年のオリーブやボトルツリーの大鉢が据えられ、アートのような景観を創り出しています。リビングのワイドなコーナーサッシで内と外が一体につながり、眺めも開放感もひとしおです。

ヨガスタジオを経営されている奥さまは、「テラスでもヨガができるので、生徒さんにも好評です」と笑顔で語ります。ご友人とここでバーベキューを楽しまれることもあるそう。

「リビングのソファに座って空間全体を眺めるのが好きですね。遮音性が高いから静かに過ごせますし、全館空調でどこにいても快適温度だから、夜もぐっすりと眠れるようになりました。植木類も充実させたので、家の中にいながら自然を感じる大らかな暮らしを愉しんでいます」とIさま。リゾートの憩いを感じる心豊かな日々を満喫されています。

信仰の対象でもあった"お月様"。収穫を祈願・感謝し団子や芋をお供え

十五夜のお団子、供えるのはいくつ?

旧暦の8月15日は「十五夜」。今年は新暦の9月24日にあたります。この日は「中秋の名月」と言って、団子やススキを供え、お月見をするのが習わしです。さてこのお供え、意外と深い意味や決まりがあったり、地方によって違いがあったりします。そんな十五夜飾りのあれこれをご紹介します。

なぜ団子やススキをお供えするの?

そもそも月見の風習は唐より伝わり、平安貴族が取り入れ、庶民に広まったもの。貴族の月見は風雅を楽しむものでしたが、庶民に広まると収穫を祈る、あるいは感謝する行事になっていきました。月が美しい時期と収穫の時期が重なったのもありますが、かつて月は農作業に深く係わる信仰の対象だったからです。

昔は月の満ち欠けをもとに、太陽の動きを加味した太陰太陽暦を使っていました。農作業において暦は大切です。いつ種をまき、自然災害に備え、収穫するかの基準となるからです。暦のもととなる月に信仰が集まるのも当然でしょう。 そこで十五夜では、月にお供えをするようになりました。団子は満月を表し、物事の結実を、ススキは稲穂の代わりで、神の依り代であると共に、米の収穫を祈願・感謝していると言われています。

十五夜飾り、どう飾ればいい?

十五夜は別名「芋名月」といい、芋類の収穫祭でもあります。むしろ稲作が普及する前は、米で作った団子ではなく、里芋が主役だったとか。十五夜飾りは、団子やススキのほか、収穫された芋・野菜・果物、また秋の七草など季節の草花を飾ります。そのため、かなり地域差があるのです。
よって、これが正解!という飾り方はありません。ですが、比較的スタンダードと思われる飾り方をご紹介しましょう。
お団子は、「三方」という器に紙を敷き、ピラミッド型に15個飾ります。下段に3×3個、中段に2×2個、上段に2個縦に並べます。
このお団子を、花瓶等に挿したススキや秋の草花、器や籠に盛った秋の作物と共に、月から見えるところか床の間に飾ります。
団子は、しばらくお供えしたらその日のうちに食べてOK!お月様のパワーで、健康や幸せを得られるそうですよ。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP