Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

収納家具を取り入れてすっきりセンスアップしたお部屋に

必要なもの、不要なものを整理し、収納計画を立てたら、部屋の雰囲気に合わせてセンスよく収納することも大切です。そこでお役に立つのが、収納家具。ひとつ取り入れることで、インテリアとしても素敵に空間を演出します。家具がアクセントになって部屋の印象が変わるので、収納家具を取り入れる際は、しまうだけでなく、楽しむ家具として選んでみてはどうでしょう。

収納雑貨・家具の選び方

●ポイント1
どこに置き、どのような目的で使うのか、室内に置いたことをイメージして考える。

●ポイント2
機能性に加え、使って楽しくなるようなデザイン性の高いものを選ぶ。

●ポイント3
部屋の広さや家族の生活動線、置く場所を考慮する。

家族が集まるリビングは実用性とデザイン性を取り入れて

家族が集まるリビングは、各自の持ちものが集まる場所でもあるので、実用性とデザイン性とのバランスをとることが大切です。例えばチェストなどは、普段よく使う日用品や雑誌などを収納するだけでなく、チェストの上に家族写真や季節の花を飾ることで室内の印象が大きく変わります。また、低めのリビングボードをソファと背中合わせに配置することで、リビングダイニングを仕切るパーテーションの役目を果たします。

玄関はお客さまに好印象を与える演出を

玄関にも、個性的なチェストやサイドボードを置くだけで印象が変わります。また、オブジェのようなコートハンガーは、コートを掛ける機能を果たすとともに玄関のインテリアにもなります。

寝室は大きめの家具でホテルのような空間に

寝室には少し大きめの家具を取り入れて、衣類の収納として、また、鏡を置いて化粧台として、テレビを備えるなどの使い方で、ホテルのような空間を演出します。

キッチンは機能美にこだわって

機能性が優先されるキッチンでも、デザイン性の高い収納家具や雑貨があることで、調理や後片付けがより楽しいものになります。

子ども部屋はデッドスペースを利用して遊び心満載に

天井近くの空いたスペースを有効活用し、ハンモックを吊るしてぬいぐるみなどの収納にしてみては。ボックスを利用しておもちゃ箱にすると、空いた空間に収納できて便利。種類ごとにわけて放り込むだけなので、子どもも簡単にお片づけができます。

広いテラスとダイナミックにつながる開放感、リゾートの憩いに満ちたハイブリッド住宅

[大阪府 Iさま邸]

アールを描くコンクリート壁に守られて、高台の住宅街でひときわの風格を漂わせるIさま邸。
「以前の住まいもハイブリッド住宅だったので性能の良さは実感していました。今回はインターネットでミサワパーク東京に建つハイブリッド アドバンス デザインモデルの写真を見て、豊かな空間と美しいデザインに一目惚れでした」とIさま。

伸びやかな玄関ホールは、バリ島で入手されたお気に入りのイルカの木彫刻が飾られ、カラフルな木製タイル壁と相まってギャラリーさながら。

リビング、ダイニングキッチンと間仕切りなくつながるダイナミックな住空間は、どこに移動してもゆったりと時間が流れ、趣向を凝らしたインテリアに心がやすらぎます。

ビルトインガレージの上に広がるテラスには樹齢約350年のオリーブやボトルツリーの大鉢が据えられ、アートのような景観を創り出しています。リビングのワイドなコーナーサッシで内と外が一体につながり、眺めも開放感もひとしおです。

ヨガスタジオを経営されている奥さまは、「テラスでもヨガができるので、生徒さんにも好評です」と笑顔で語ります。ご友人とここでバーベキューを楽しまれることもあるそう。

「リビングのソファに座って空間全体を眺めるのが好きですね。遮音性が高いから静かに過ごせますし、全館空調でどこにいても快適温度だから、夜もぐっすりと眠れるようになりました。植木類も充実させたので、家の中にいながら自然を感じる大らかな暮らしを愉しんでいます」とIさま。リゾートの憩いを感じる心豊かな日々を満喫されています。

信仰の対象でもあった"お月様"。収穫を祈願・感謝し団子や芋をお供え

十五夜のお団子、供えるのはいくつ?

旧暦の8月15日は「十五夜」。今年は新暦の9月24日にあたります。この日は「中秋の名月」と言って、団子やススキを供え、お月見をするのが習わしです。さてこのお供え、意外と深い意味や決まりがあったり、地方によって違いがあったりします。そんな十五夜飾りのあれこれをご紹介します。

なぜ団子やススキをお供えするの?

そもそも月見の風習は唐より伝わり、平安貴族が取り入れ、庶民に広まったもの。貴族の月見は風雅を楽しむものでしたが、庶民に広まると収穫を祈る、あるいは感謝する行事になっていきました。月が美しい時期と収穫の時期が重なったのもありますが、かつて月は農作業に深く係わる信仰の対象だったからです。

昔は月の満ち欠けをもとに、太陽の動きを加味した太陰太陽暦を使っていました。農作業において暦は大切です。いつ種をまき、自然災害に備え、収穫するかの基準となるからです。暦のもととなる月に信仰が集まるのも当然でしょう。 そこで十五夜では、月にお供えをするようになりました。団子は満月を表し、物事の結実を、ススキは稲穂の代わりで、神の依り代であると共に、米の収穫を祈願・感謝していると言われています。

十五夜飾り、どう飾ればいい?

十五夜は別名「芋名月」といい、芋類の収穫祭でもあります。むしろ稲作が普及する前は、米で作った団子ではなく、里芋が主役だったとか。十五夜飾りは、団子やススキのほか、収穫された芋・野菜・果物、また秋の七草など季節の草花を飾ります。そのため、かなり地域差があるのです。
よって、これが正解!という飾り方はありません。ですが、比較的スタンダードと思われる飾り方をご紹介しましょう。
お団子は、「三方」という器に紙を敷き、ピラミッド型に15個飾ります。下段に3×3個、中段に2×2個、上段に2個縦に並べます。
このお団子を、花瓶等に挿したススキや秋の草花、器や籠に盛った秋の作物と共に、月から見えるところか床の間に飾ります。
団子は、しばらくお供えしたらその日のうちに食べてOK!お月様のパワーで、健康や幸せを得られるそうですよ。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP