Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

家づくりを成功に導く情報収集の秘訣住生活ジャーナリスト田中直輝

家づくりを考え始めたら、インターネットや住宅雑誌で情報を得るとともに、まず出かけたいのが住宅展示場だ。住生活ジャーナリストの田中直輝さんに、情報収集のポイントやモデルハウスを賢く見学する方法を伺った。

テーマを決めて住宅展示場を見学しよう

家を建てることは、ほとんどの人にとって初めての経験となる。どうすれば予算内で満足のいく住まいができるのか、最初は戸惑うばかりだろう。自分が納得できる家づくりをするためには、工法の特長、気密性、断熱性、耐震性、間取り、設備、住宅ローンの組み方など、さまざまな知識が大切になる。「まずはインターネットでいろいろと検索してみようか」という人は多いのではないだろうか。

「今やインターネットは情報の収集には欠かせないツールになりました。効率よく情報が得られ、比較検討もしやすいので便利です。住宅会社のサイトで商品情報や企業姿勢を知って、どんな工法でどのようなコンセプトの家をつくっているのかなど、基礎的な情報をつかんでおくといいでしょう。ただし、いろいろな情報に振りまわされないように気をつけてほしいですね」と田中さんは語る。インターネット上には、本当に正しいかどうかわからない情報も氾濫しているからだ。
「口コミ掲示板などに書かれたコメントには、単なる誤解や担当者とのコミュニケーション不足が招いた的外れな批判も見受けられます。過剰に気にせず、確認すべきポイントを教えてもらったぐらいの気持ちでいるといいでしょう」

家づくりのポイントを知るには、やはり実物を見るのがいちばんだ。住宅展示場を訪れて気になるモデルハウスをいくつか見学し、あれこれ質問するうちに、幅広い知識が身につき、自分の判断基準ができてくる。できれば日を改めて違ったエリアの展示場も見てまわりたい。ただし漫然と出かけると、ただ歩き回って疲れただけに終わってしまう。田中さんは、テーマを決めて出かけるのが賢く見学するためのコツだと言う。

「ひとつの建物の中に間取り、素材、デザインなど、家づくりの参考になるさまざまな要素の提案が込められています。たとえば今日は『家事をラクにする動線を確かめる』、『収納の工夫を見る』といったように、見学のテーマを決めて出かければ、複数のモデルハウスも効率よく見学できます」
また、モデルハウスで好みの雰囲気や気に入った箇所があれば、写真に撮っておくといい。帰宅後、家族で話し合うときに写真があると便利だし、プランニングの段階で担当者に見せれば希望のイメージが伝わりやすい。

信頼できて相性の合う担当者との出会いの場に

住宅展示場は建物を見るだけの場ではない。営業担当者の知識や提案力、接客の対応、人柄を確かめる場でもある。ここで信頼できて相性ぴったりの担当者と出会えれば、家づくりは半ば成功と言っても過言ではない。
「特に注文住宅は白紙の状態から打ち合わせを重ね、我が家にとってのベストプランを数ヶ月かけて担当者とつくり上げていく作業ですから、心を開いて何でも相談できる相手でなければ疲れますし、不満も残ります。そういう人と巡り会うためにも、展示場を積極的に活用するといいと思います」
ただ、モデルハウスは一般住宅よりも広く豪華につくられているので、実際に建てる住まいとは違ってくる。モデルハウスで最新の空間提案を見たら、次に身近なサイズやグレードで建てられた分譲展示場にも出かけたい。暮らしがリアルにイメージでき、敷地の有効活用の仕方や立地条件を生かした採光・通風の工夫なども参考になる。また、技術や施工力が確かめられる構造体見学会も一度は行っておこう。完成してからでは見ることができない建物の構造躯体がつぶさにチェックできる。
こうした体験を重ねることで、家を見る目が自ずと養われて、理想の我が家のイメージが明確になっていく。納得のいく家づくりをするためには、早めに行動することをおすすめしたい。

田中直輝(たなか・なおき)

1970年生まれ。福岡県出身。早稲田大学教育学部を卒業後、海外17カ国を一人旅。その後、約10年間にわたって住宅業界専門紙・住宅産業新聞社で主に大手ハウスメーカーを担当し、取材活動を行う。現在は、「住生活ジャーナリスト」として戸建てはもちろん、不動産業界も含め広く住宅の世界を探求。オールアバウトの「ハウスメーカー選び」ガイドとして、一般消費者を対象に広く住まいづくりの情報提供も行っている。

災害に強い住まい -地震対策-

日本は地震大国、「首都直下型地震」や「南海トラフ巨大地震」の発生が危惧されるなど、地震に対する不安は尽きません。「首都直下型地震」では、火災による被害が甚大になるものと予測されるため、火災への対策も考えておきたいものです。いつ起こるかわからない自然災害を止めることはできませんが、普段からの心構えと、住環境の防災対策により災害時の被害を最小限にすることは可能です。今一度、家族みんなで再確認してみてはいかがでしょうか。

二次災害を防ぐ住まいの防災対策

まずは、住まいの防災対策に目を向けてみましょう。地震の際は、建物が倒壊しないことはもちろん、家具の転倒や落下物などによる二次災害を最小限に抑えることが大切です。また、これからの住まいは、災害時の備蓄品やエネルギーの確保も考えておきたいもの。予期できない地震の不安を抑える為にも、様々な対策を打つことが大切です。

地震対策

制震装置「MGEO(エムジオ)」

住まいが地震に耐えても、損傷が大きければ住み続けることはできません。制振装置「MGEO」は、地震エネルギーを最大約50%も軽減。構造体はもちろん内装仕上げ材の損傷ゼロを目指しているため、震災後の補修費用も軽減できます。

備蓄の「蔵」・「小屋KURA」

備えの基本は、非常食や飲料水、防災用品などを家族分、余裕をもってストックしておくこと。しかし、ふだんは置き場所に困ってしまいます。ミサワホーム独自の大収納空間「蔵」なら、床面積に算入されない※ため限られた容積率を有効活用。備蓄専用の「蔵」を設けることで、スペースを気にせず大量にストックしておくことができます。小屋裏を有効活用した「小屋KURA」も、第二の備蓄スペースとして活用できます。

※一定の条件があります。自治体により算入しているところもあります。「蔵」は居室としての使用はできません。

ローリングストック収納

定期的に非常食を食べて消費し、買い足すという行為を繰り返すことでストックを循環させ、常にご家庭に新しい非常食を備蓄しておける「ローリングストック」をサポートします。奥にしまい込んで、つい賞味期限切れにしてしまい廃棄する、といったムダもありません。1〜2ヶ月に1回"非常食を食べる日"を決めて、家族みんなで「食」を通じて災害時を類似体験して味や調理法を確認し、防災意識を高めることが大切です。

分散収納

災害発生時、必要なものをすぐ備蓄の「蔵」から取り出せない場合もあります。たとえば、「就寝時の災害に備えて寝室のクロゼットには靴を常備しておく」など、防災用品も分散収納が大切。家のどこにいても、落ち着いて行動できます。

転倒防止造作家具

地震発生時、建物自体は無事でも、家具やモノが転倒して、ご家族が負傷する危険があります。収納家具は建物と一体の造り付けにすることで、転倒による二次災害を防げて安心。避難経路の妨げにもなりません。

防災セット

防災用品をまとめてしまっておき、いざというときすぐに運べる「非常用持ち出し袋」。リュックサックタイプに加え、大量に運びやすいスーツケースタイプなどもあります。屋外はもちろん、停電時の屋内でも役立つ自家発電ランタンなど多彩な防災用品をまとめたセットがおすすめです。

ライフラインの確保

飲料水貯留システム

飲める水はどんなときも不可欠です。「飲料水貯留システム」は、住宅の床下に設置した貯留槽へ、約3日分の飲料水(約24リットル)を衛生的に貯められます。手動ポンプによる汲み上げも可能。また、大収納空間「蔵」には、大量の飲料水を蓄えることできるので、ダブルで安心できます。

雨水利用システム・雨水タンク

生活用水は多いほど安心です。通常の雨水配管にポンプ付き水栓を組み合わせた「雨水利用システム」は、200〜300リットルもの生活用水を貯めることが可能(300リットルでトイレ50回分)。配管は埋設してあるため設置場所が必要なく、美観も損ないません。さらに設置が容易な「雨水タンク」を使用しても120〜200リットル分貯められます。

エコキュート

空気から吸収した熱を利用して、ヒートポンプでお湯を沸かす「エコキュート」。実は、停電が長期化する場合や断水時には、タンク内の湯水(最大約370〜460リットル)をまるごと飲料水や生活用水として利用することができます。

エネファーム

ガスから電気とお湯を同時につくりだす家庭用燃料電池「エネファーム」。太陽光発電が利用できない夜間も、発電することができます。水道が利用できればお湯もつくって貯められ、万一の際に安心です。

太陽光発電 + 蓄電池 + 非常時回路

災害時の停電、当然、想定すべきことです。「太陽光発電システム」を搭載すれば、太陽光発電のパワーコンディションを自立運転に切り替えることで、停電時も発電電力を利用できます。さらに「蓄電池」も備えれば、夜間も電気機器が利用可能。復旧までの生活をサポートします。

三世代8人家族が楽しく団らんできる旅館のような憩いを感じる和モダンの家

[宮城県 Kさま邸]

東日本大震災の後、6年半の仮設住宅生活を経て、三世代8人家族が一つ屋根の下で暮らせる念願のお住まいを建てられたKさま。入母屋の大屋根が風格を漂わせる佇まいは、住宅地でひときわの存在感を放っています。

玄関ホールには大谷石の壁をあしらった床の間風のニッチがあり、お母さま作の生け花が美しく飾られていました。
「夫婦で飲食店を営む多忙な毎日なので、帰宅後や休日にホッと心がなごむ温泉旅館のような住まいにしたいと思いました」とKさま。その言葉通り、脱衣室の入り口に「ゆ」の暖簾をかけ、浴室の続きには露天風呂もつくって、旅館風の入浴タイムを楽しまれています。

30畳以上もあるLDKは天井高が約3.5mあり、ダークな板張り天井にしても圧迫感がありません。高い位置の窓からも光が差し込み、障子が醸す和の落ち着きと吹き抜けの開放感が両立しています。今年のお正月には家々を回る獅子舞の人たちも集い、広いLDKが大勢で祝いのお酒を酌み交わす場として賑わったそうです。

リビングから続く小上がりの和ダイニングは8人が座れる掘り座卓を造り付けて、粋な小料理屋のような雰囲気に。
「キッチンに立つと掘り座卓を囲む家族と目線が揃うので、会話が自然に弾みます。大きな四つ窓から庭の景色が眺められるのもいいですね」と奥さまもお気に入りです。

 リビングに集まって家族みんなで映画を観たり、お子さま達と階段上の壁でボルダリングを楽しんだり。ゆとりのお住まいで遊び心に満ちた暮らしを満喫されています。

「体育の日」から考えるオリンピック。選手にも観客にも安心な大会を目指そう

2020年東京オリンピックはなぜ秋に開催しないの?

10月8日は「体育の日」。ご存知の通り、1964年の東京オリンピックで、10月10日に開会式が行われたことが由来です。そういえば、2020年の東京オリンピックでは、開会式は7月24日の予定。なぜ今回は、よりによって真夏の暑い時季に開催するのでしょう?オリンピックの開催期間について探ります。

夏は、他のスポーツや大会の閑散期

東京でのオリンピック開催が決まって喜んだ人も、開催期間が7〜8月と聞いて心配になった人も多いのでは?「時季をずらせないの?」と思った人も・・・。
夏季オリンピックは、文字通り夏に開かれるものですが、1964年の東京オリンピックが天候を配慮して、10月に開催された話は有名です。同じように暑さを避けて秋に開催した例として、1988年のソウルオリンピックが挙げられます。
このように、昔はわりと柔軟にスケジュールを組むことができました。しかし、1992年のバルセロナオリンピック以降は厳しくなり、南半球のシドニーオリンピックを例外として7〜8月開催が前提となったのだそうです。
しかし、どうして7〜8月開催にこだわるのでしょう?

巷間よく言われるのは、7〜8月は欧米で人気のプロスポーツが開催されていないため、欧米のテレビがオリンピックを放映する時間が長くなり、その分、IOC(国際オリンピック委員会)は放映権料を得られる。つまり、より多くの収入を得るために、IOCが開催時期を調整しているというものです。
また、今はオリンピック以外にも世界レベルの大会が多数開催されているため、空いているのは7〜8月くらいだから・・・という説もあります。いずれにせよ、秋にずらすのは難しそうです。

どうなる?2年後の暑さ対策

そうはいっても、今や亜熱帯といっても過言ではない日本の夏。選手のコンディションは、観客の体調は大丈夫なのでしょうか?
これに対し環境省は、暑さ対策へ乗り出しています。マラソンコースを保水性の高い舗装にして温度を下げたり、水を霧状にして噴霧するミスト噴霧器を沿道や会場に設置したりしたいとのこと。是非とも効果的な対策を講じて、素晴らしいオリンピックにしたいですね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP