Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

「体育の日」から考えるオリンピック。選手にも観客にも安心な大会を目指そう

2020年東京オリンピックはなぜ秋に開催しないの?

10月8日は「体育の日」。ご存知の通り、1964年の東京オリンピックで、10月10日に開会式が行われたことが由来です。そういえば、2020年の東京オリンピックでは、開会式は7月24日の予定。なぜ今回は、よりによって真夏の暑い時季に開催するのでしょう?オリンピックの開催期間について探ります。

夏は、他のスポーツや大会の閑散期

東京でのオリンピック開催が決まって喜んだ人も、開催期間が7〜8月と聞いて心配になった人も多いのでは?「時季をずらせないの?」と思った人も・・・。
夏季オリンピックは、文字通り夏に開かれるものですが、1964年の東京オリンピックが天候を配慮して、10月に開催された話は有名です。同じように暑さを避けて秋に開催した例として、1988年のソウルオリンピックが挙げられます。
このように、昔はわりと柔軟にスケジュールを組むことができました。しかし、1992年のバルセロナオリンピック以降は厳しくなり、南半球のシドニーオリンピックを例外として7〜8月開催が前提となったのだそうです。
しかし、どうして7〜8月開催にこだわるのでしょう?

巷間よく言われるのは、7〜8月は欧米で人気のプロスポーツが開催されていないため、欧米のテレビがオリンピックを放映する時間が長くなり、その分、IOC(国際オリンピック委員会)は放映権料を得られる。つまり、より多くの収入を得るために、IOCが開催時期を調整しているというものです。
また、今はオリンピック以外にも世界レベルの大会が多数開催されているため、空いているのは7〜8月くらいだから・・・という説もあります。いずれにせよ、秋にずらすのは難しそうです。

どうなる?2年後の暑さ対策

そうはいっても、今や亜熱帯といっても過言ではない日本の夏。選手のコンディションは、観客の体調は大丈夫なのでしょうか?
これに対し環境省は、暑さ対策へ乗り出しています。マラソンコースを保水性の高い舗装にして温度を下げたり、水を霧状にして噴霧するミスト噴霧器を沿道や会場に設置したりしたいとのこと。是非とも効果的な対策を講じて、素晴らしいオリンピックにしたいですね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP