Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

災害に強い住まい -地震対策-

日本は地震大国、「首都直下型地震」や「南海トラフ巨大地震」の発生が危惧されるなど、地震に対する不安は尽きません。「首都直下型地震」では、火災による被害が甚大になるものと予測されるため、火災への対策も考えておきたいものです。いつ起こるかわからない自然災害を止めることはできませんが、普段からの心構えと、住環境の防災対策により災害時の被害を最小限にすることは可能です。今一度、家族みんなで再確認してみてはいかがでしょうか。

二次災害を防ぐ住まいの防災対策

まずは、住まいの防災対策に目を向けてみましょう。地震の際は、建物が倒壊しないことはもちろん、家具の転倒や落下物などによる二次災害を最小限に抑えることが大切です。また、これからの住まいは、災害時の備蓄品やエネルギーの確保も考えておきたいもの。予期できない地震の不安を抑える為にも、様々な対策を打つことが大切です。

地震対策

制震装置「MGEO(エムジオ)」

住まいが地震に耐えても、損傷が大きければ住み続けることはできません。制振装置「MGEO」は、地震エネルギーを最大約50%も軽減。構造体はもちろん内装仕上げ材の損傷ゼロを目指しているため、震災後の補修費用も軽減できます。

備蓄の「蔵」・「小屋KURA」

備えの基本は、非常食や飲料水、防災用品などを家族分、余裕をもってストックしておくこと。しかし、ふだんは置き場所に困ってしまいます。ミサワホーム独自の大収納空間「蔵」なら、床面積に算入されない※ため限られた容積率を有効活用。備蓄専用の「蔵」を設けることで、スペースを気にせず大量にストックしておくことができます。小屋裏を有効活用した「小屋KURA」も、第二の備蓄スペースとして活用できます。

※一定の条件があります。自治体により算入しているところもあります。「蔵」は居室としての使用はできません。

ローリングストック収納

定期的に非常食を食べて消費し、買い足すという行為を繰り返すことでストックを循環させ、常にご家庭に新しい非常食を備蓄しておける「ローリングストック」をサポートします。奥にしまい込んで、つい賞味期限切れにしてしまい廃棄する、といったムダもありません。1〜2ヶ月に1回"非常食を食べる日"を決めて、家族みんなで「食」を通じて災害時を類似体験して味や調理法を確認し、防災意識を高めることが大切です。

分散収納

災害発生時、必要なものをすぐ備蓄の「蔵」から取り出せない場合もあります。たとえば、「就寝時の災害に備えて寝室のクロゼットには靴を常備しておく」など、防災用品も分散収納が大切。家のどこにいても、落ち着いて行動できます。

転倒防止造作家具

地震発生時、建物自体は無事でも、家具やモノが転倒して、ご家族が負傷する危険があります。収納家具は建物と一体の造り付けにすることで、転倒による二次災害を防げて安心。避難経路の妨げにもなりません。

防災セット

防災用品をまとめてしまっておき、いざというときすぐに運べる「非常用持ち出し袋」。リュックサックタイプに加え、大量に運びやすいスーツケースタイプなどもあります。屋外はもちろん、停電時の屋内でも役立つ自家発電ランタンなど多彩な防災用品をまとめたセットがおすすめです。

ライフラインの確保

飲料水貯留システム

飲める水はどんなときも不可欠です。「飲料水貯留システム」は、住宅の床下に設置した貯留槽へ、約3日分の飲料水(約24リットル)を衛生的に貯められます。手動ポンプによる汲み上げも可能。また、大収納空間「蔵」には、大量の飲料水を蓄えることできるので、ダブルで安心できます。

雨水利用システム・雨水タンク

生活用水は多いほど安心です。通常の雨水配管にポンプ付き水栓を組み合わせた「雨水利用システム」は、200〜300リットルもの生活用水を貯めることが可能(300リットルでトイレ50回分)。配管は埋設してあるため設置場所が必要なく、美観も損ないません。さらに設置が容易な「雨水タンク」を使用しても120〜200リットル分貯められます。

エコキュート

空気から吸収した熱を利用して、ヒートポンプでお湯を沸かす「エコキュート」。実は、停電が長期化する場合や断水時には、タンク内の湯水(最大約370〜460リットル)をまるごと飲料水や生活用水として利用することができます。

エネファーム

ガスから電気とお湯を同時につくりだす家庭用燃料電池「エネファーム」。太陽光発電が利用できない夜間も、発電することができます。水道が利用できればお湯もつくって貯められ、万一の際に安心です。

太陽光発電 + 蓄電池 + 非常時回路

災害時の停電、当然、想定すべきことです。「太陽光発電システム」を搭載すれば、太陽光発電のパワーコンディションを自立運転に切り替えることで、停電時も発電電力を利用できます。さらに「蓄電池」も備えれば、夜間も電気機器が利用可能。復旧までの生活をサポートします。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP