Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

「いい日、いい日」介護の日

皆さんは「介護の日」をご存知ですか?平成20年7月に厚生労働省が意見を募り、「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」を念頭に、"いい=11"の語呂合わせで、11月11日を「介護の日」と定めました。
介護とは日常生活に援助を必要とする人へ様々なサポートを行うことですが、特に高齢者介護は誰にとってもいずれは関わる問題だと思います。そんな高齢者介護の基本をご紹介します。

介護サービスを受けたいと思ったら

平成25年の厚生労働省調査によると、介護が必要となった原因として多いのは「脳血管疾患(脳卒中等)」18.5%、「認知症」15.8%、「高齢による衰弱」13.4%、「骨折・転倒」11.8%などで、「関節疾患(リウマチ等)」は要支援(介護の前段階)の原因として最も多くなっています。
介護が必要かもしれないと感じたら、どうすればよいでしょう?私達は40歳になると介護保険の被保険者となります。64歳以下では特定の疾病に限られますが、65歳以上なら認定されれば誰でも介護保険サービスを受けられます。
そのためには、まずは市区町村の窓口へ申請し、訪問調査を受けます。認定区分には「非該当(自立)」、予防的な対策が必要な「要支援1〜2」、介護が必要な「要介護1〜5」があり、結果が出ると自宅に認定結果通知書や保険証が届きます。

介護保険サービスのいろいろ

介護保険で受けられる在宅サービスには、ホームヘルパーが訪問し入浴や食事、洗濯などを援助する「訪問介護」、日帰りで入浴や食事、健康チェックなどを受けられる「通所介護(デイサービス)」、同じく日帰りで入浴や食事、機能訓練など受けられる「通所リハビリテーション(デイケア)」、施設に最大30日まで入所できる「短期入所サービス(ショートステイ)」などあります。
その他にも、車椅子などを安く借りられる「福祉用具貸与」や、自宅のバリアフリー工事費を助成してもらえる「住宅改修費の支給」などもあります。
自宅で介護できない場合は施設サービスもあります。日常生活の介護や機能訓練、レクリエーションなどが中心の「介護老人福祉施設サービス(特別養護老人ホーム)」や、退院後すぐ自宅へ戻るのが不安な場合に利用する、病院と自宅の中間的な役割である「介護老人保健施設サービス(老健)」などです。
介護施設は民間運営のものも含めると実に様々な種類があります。それぞれの特徴をつかみ、自分達にあった介護施設、そして介護サービスを選びたいですね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP