Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

用途自在な和室の魅力 -用途多様な和室-

最近、住宅における和の空間が見直されてきており、家を建てる際に「和室や縁側」を取り入れたいと考える人が増えています。これは日本人が古くから住まいに求めている「外とのつながり」を、縁側や障子などによって感じられることによる、との見方があります。また、和室はリビングや寝室、お子さまの遊び場など、用途が多様なところも注目されている理由のひとつでしょう。そこで今回は、和室の特性やメンテナンス方法、現代風のアレンジ例などをご紹介します。

和室の特性を見直す

和室のよいところは、なんと言っても用途が自在な点です。馴染むほどに、使い勝手についてアイディアが広がります。和室ならではのさまざまなメリットを、伝統的な要素を踏まえて再確認してみましょう。

和室ならではの伝統的な要素

和室には、専門用語が使われていたり、マナーやルールがあるのではないか、とつい構えてしまいそうですが、現代の和室に「これがなければ和室ではない」といった決まりごとはありません。伝統的な要素を上手に取り入れることで、落ちついた和室の雰囲気を楽しむことができます。和室を構成する要素をいくつかピックアップしてご紹介いたします。

●畳

和室の代表的床材です。い草の独特の香りと、さらっとしつつ弾力のある感触が魅力です。スポンジのように空洞の構造を持つ、い草は調湿性・防音性等にも優れています。

●障子

木製の桟に和紙を張った建具。和紙は通気性と採光性に優れているので、閉めていてもゆるやかに外とつながることができます。

●押し入れ

和室においてお布団などの収納をするための空間。襖によって開閉ができ、上下2段に区切られている形が一般的です。

●襖

木製の骨組みに布や紙を張った建具。おもに部屋の間仕切りや押し入れ、戸棚などの戸に用いられます。

●敷居

部屋の間仕切り部分に敷いた横木。障子や襖などの引き戸を受けます。

●長押

鴨居の上に取り付けられた柱と柱を繋ぐ役割の横木です。和室全体を引き締めるデザイン的な役割もあります。

●床の間

座敷の床を一段高くした、掛け軸や草花、香炉を飾るための空間です。通常は一畳程度の広さ。

●床柱

床の間の脇に位置する化粧柱。その材質によって和室の雰囲気が変わることもあり、装飾的な役割が強い柱です。

●砂壁

天然砂や砂石などの色砂を上塗りした壁。床の間などで使用されます。

和室には他にもいろいろな要素があり、その一つ一つに意味を持っています。昔ながらの和室、現代風にアレンジされた和室。ご自身の好みに合わせて、どんな要素を取り入れるかを考えるのも楽しいかもしれません。

畳のメリット

●防音性
表のい草は空気を多く含んでいるため、音を吸収する効果があります。上階が和室の場合、下の階に音が伝わりにくくなります。

●断熱・調湿性
畳は断熱性にも優れ、また畳表のい草などの繊維質によって湿気を吸収・放出する調湿性もあります。四季を問わず快適に過ごせる素材といえるでしょう。

●リラックス効果
い草のハーブのようなよい香りにはリラックス効果があり、安眠をもたらします。

多種多様な用途

昔から和室は用途を限定しない空間として使われてきました。押し入れという収納があることで、簡単に畳の上が片づけられ、「居間兼寝室」が可能です。来客時には客間、普段は気軽に横になれる休息の場、あるいはお子さまの遊び場とすることもできるわけです。

●リビング・ダイニング

直接、床に座れるため、座卓さえあればすぐにリビングやダイニングとして利用できます。

●寝室

押し入れに布団をしまうことができ、断熱性の高い畳敷きの、快適な寝室となります。

●客間

お客さまを迎える応接室としてだけでなく、普段は他の用途に使えます。物が片づけやすいので、急な来客にも対応できます。

●子どもの遊び場

畳に弾力性があることから転んでも怪我をしにくく、お子さまの遊び場としても最適です。

大空間ながら寒冷地の冬も暖かく快適、木質パネルが叶えた高断熱の家

[岩手県 Iさま邸]

「広い芝生の庭、大らかなリビング、掘り炬燵の和室など、憩いの場があちこちにあるから、どこにいても居心地が良くて」と微笑むIさまご夫妻。ご結婚3年目に、こだわりいっぱいの新居を実現されました。

玄関ホールの続きに設けた和室は、室内に白砂利の坪庭をしつらえた粋な演出で、障子を開けると外の坪庭も見えて、客人の目を楽しませます。

憩いの場となるLDKは、約3.3mの天井高が開放感をもたらす大空間。ウォールナット色の床や建具が落ち着きを生むシックな内装に、パープルのソファが差し色となってインテリア性を高めています。天井近くの高い窓から朝日が明るく差し込むダイニングキッチンもIさまのお気に入り。「朝の光に包まれて、1日が爽やかにスタートできます」と顔がほころびました。

Iさま邸は冬の外気温はマイナス10℃にもなる寒冷地にあります。そこで高性能な木質パネルとトリプルガラスの樹脂サッシで、断熱性を高めたのもポイントです。
「開放的なLDKは冬の寒さが心配でしたが、全くの杞憂でした。真冬もパネルヒーターで十分暖かく快適に過ごせました」とIさま。

2階の階段の踊場には2つの大収納空間「蔵」を向かい合わせに配置。1階からも2.5階からも行き来しやすく、かさばるモノもラクに収納できて便利です。

「私たちの期待を超える素敵な家になりました。目下の夢は芝生の庭にピザ釜をつくること。家庭菜園で育てた野菜を使ったピザを焼いて、友人達と楽しく過ごしたいですね」と笑顔が広がりました。

「冠婚葬祭」の「冠」。成人式は重要な人生の節目

2019年の1月14日は「成人の日」。「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことを趣旨とした、国民の祝日です。1999年までは1月15日でしたが、ハッピーマンデー制度により、1月の第2月曜日があてられるようになりました。そんな成人の日にまつわるエピソードをご紹介します。

意外と新しい「成人式」の歴史

成人の日には、多くの市町村で新成人を招いて「成人式」が行われます。男性はスーツや羽織袴、女性は振袖など、正装に身を包んで参加する姿は風物詩ともなっています。成人式は成人の日やその前日に行われることが多いですが、豪雪地帯や地元を離れる若者が多い地方では、気候がよい、あるいは帰省する人が多い、ゴールデンウィークやお盆に行うところも多いそうです。
成人を祝う儀礼は昔からありますが、現在のような形の「成人式」が行われるようになったのは、意外と最近のこと。戦後間もない1946年、現在の埼玉県蕨市では、敗戦により虚脱状態にあった青年達を激励しようと「青年祭」が行われました。その中の「成年式」が全国に広まり、現在の成人式になったといわれています。さらには、この青年祭に触発されて成人の日が制定されたのだとか。なお、蕨市では今でも「成人式」ではなく「成年式」という語を使っています。。

昔の「成人した印」とは

成人式の起源である青年祭が行われたのは、実は11月22日でした。それなのになぜ、当初は1月15日が成人の日とされたのでしょう?
諸説あるようですが、昔の成人儀礼である「元服の儀」が、小正月の1月15日に行われていたから、という説が有力なようです。なお、昔は各人の誕生日ごとではなく、正月(元旦)を迎えるごとに、皆が一斉に一つ年をとるという年齢の数え方をしていました。
さて、元服とは、元々は公家の男子が冠をつけて成人したことを示す通過儀礼でした。武家の場合は冠が烏帽子に代わります。室町時代以降は民間にも広まり、江戸時代なると公家以外は前髪を剃って月代にすることで済ませました。
女子の成人儀礼は裳着といい、裳を着用することで成人の証としました。江戸時代以降は女子も元服といい、丸髷を結い、お歯黒を付け、眉を剃ることで大人の仲間入りをしました。
歴史的にみると、成人する年齢は現在のように特定の年齢に決まっていることは少なく、ある程度の幅があるのが普通でした。しかし、おおよそ20歳が上限のようです。現在は20歳が成年ですが、選挙権が18歳に引き下げられたこともあり、今後変わってくるかもしれませんね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP