Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

「冠婚葬祭」の「冠」。成人式は重要な人生の節目

2019年の1月14日は「成人の日」。「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことを趣旨とした、国民の祝日です。1999年までは1月15日でしたが、ハッピーマンデー制度により、1月の第2月曜日があてられるようになりました。そんな成人の日にまつわるエピソードをご紹介します。

意外と新しい「成人式」の歴史

成人の日には、多くの市町村で新成人を招いて「成人式」が行われます。男性はスーツや羽織袴、女性は振袖など、正装に身を包んで参加する姿は風物詩ともなっています。成人式は成人の日やその前日に行われることが多いですが、豪雪地帯や地元を離れる若者が多い地方では、気候がよい、あるいは帰省する人が多い、ゴールデンウィークやお盆に行うところも多いそうです。
成人を祝う儀礼は昔からありますが、現在のような形の「成人式」が行われるようになったのは、意外と最近のこと。戦後間もない1946年、現在の埼玉県蕨市では、敗戦により虚脱状態にあった青年達を激励しようと「青年祭」が行われました。その中の「成年式」が全国に広まり、現在の成人式になったといわれています。さらには、この青年祭に触発されて成人の日が制定されたのだとか。なお、蕨市では今でも「成人式」ではなく「成年式」という語を使っています。

昔の「成人した印」とは

成人式の起源である青年祭が行われたのは、実は11月22日でした。それなのになぜ、当初は1月15日が成人の日とされたのでしょう?
諸説あるようですが、昔の成人儀礼である「元服の儀」が、小正月の1月15日に行われていたから、という説が有力なようです。なお、昔は各人の誕生日ごとではなく、正月(元旦)を迎えるごとに、皆が一斉に一つ年をとるという年齢の数え方をしていました。
さて、元服とは、元々は公家の男子が冠をつけて成人したことを示す通過儀礼でした。武家の場合は冠が烏帽子に代わります。室町時代以降は民間にも広まり、江戸時代なると公家以外は前髪を剃って月代にすることで済ませました。
女子の成人儀礼は裳着といい、裳を着用することで成人の証としました。江戸時代以降は女子も元服といい、丸髷を結い、お歯黒を付け、眉を剃ることで大人の仲間入りをしました。
歴史的にみると、成人する年齢は現在のように特定の年齢に決まっていることは少なく、ある程度の幅があるのが普通でした。しかし、おおよそ20歳が上限のようです。現在は20歳が成年ですが、選挙権が18歳に引き下げられたこともあり、今後変わってくるかもしれませんね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP