Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

大空間ながら寒冷地の冬も暖かく快適、木質パネルが叶えた高断熱の家

[岩手県 Iさま邸]

「広い芝生の庭、大らかなリビング、掘り炬燵の和室など、憩いの場があちこちにあるから、どこにいても居心地が良くて」と微笑むIさまご夫妻。ご結婚3年目に、こだわりいっぱいの新居を実現されました。

玄関ホールの続きに設けた和室は、室内に白砂利の坪庭をしつらえた粋な演出で、障子を開けると外の坪庭も見えて、客人の目を楽しませます。

憩いの場となるLDKは、約3.3mの天井高が開放感をもたらす大空間。ウォールナット色の床や建具が落ち着きを生むシックな内装に、パープルのソファが差し色となってインテリア性を高めています。天井近くの高い窓から朝日が明るく差し込むダイニングキッチンもIさまのお気に入り。「朝の光に包まれて、1日が爽やかにスタートできます」と顔がほころびました。

Iさま邸は冬の外気温はマイナス10℃にもなる寒冷地にあります。そこで高性能な木質パネルとトリプルガラスの樹脂サッシで、断熱性を高めたのもポイントです。
「開放的なLDKは冬の寒さが心配でしたが、全くの杞憂でした。真冬もパネルヒーターで十分暖かく快適に過ごせました」とIさま。

2階の階段の踊場には2つの大収納空間「蔵」を向かい合わせに配置。1階からも2.5階からも行き来しやすく、かさばるモノもラクに収納できて便利です。

「私たちの期待を超える素敵な家になりました。目下の夢は芝生の庭にピザ釜をつくること。家庭菜園で育てた野菜を使ったピザを焼いて、友人達と楽しく過ごしたいですね」と笑顔が広がりました。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP