Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

用途自在な和室の魅力 -用途多様な和室-

最近、住宅における和の空間が見直されてきており、家を建てる際に「和室や縁側」を取り入れたいと考える人が増えています。これは日本人が古くから住まいに求めている「外とのつながり」を、縁側や障子などによって感じられることによる、との見方があります。また、和室はリビングや寝室、お子さまの遊び場など、用途が多様なところも注目されている理由のひとつでしょう。そこで今回は、和室の特性やメンテナンス方法、現代風のアレンジ例などをご紹介します。

和室の特性を見直す

和室のよいところは、なんと言っても用途が自在な点です。馴染むほどに、使い勝手についてアイディアが広がります。和室ならではのさまざまなメリットを、伝統的な要素を踏まえて再確認してみましょう。

和室ならではの伝統的な要素

和室には、専門用語が使われていたり、マナーやルールがあるのではないか、とつい構えてしまいそうですが、現代の和室に「これがなければ和室ではない」といった決まりごとはありません。伝統的な要素を上手に取り入れることで、落ちついた和室の雰囲気を楽しむことができます。和室を構成する要素をいくつかピックアップしてご紹介いたします。

●畳

和室の代表的床材です。い草の独特の香りと、さらっとしつつ弾力のある感触が魅力です。スポンジのように空洞の構造を持つ、い草は調湿性・防音性等にも優れています。

●障子

木製の桟に和紙を張った建具。和紙は通気性と採光性に優れているので、閉めていてもゆるやかに外とつながることができます。

●押し入れ

和室においてお布団などの収納をするための空間。襖によって開閉ができ、上下2段に区切られている形が一般的です。

●襖

木製の骨組みに布や紙を張った建具。おもに部屋の間仕切りや押し入れ、戸棚などの戸に用いられます。

●敷居

部屋の間仕切り部分に敷いた横木。障子や襖などの引き戸を受けます。

●長押

鴨居の上に取り付けられた柱と柱を繋ぐ役割の横木です。和室全体を引き締めるデザイン的な役割もあります。

●床の間

座敷の床を一段高くした、掛け軸や草花、香炉を飾るための空間です。通常は一畳程度の広さ。

●床柱

床の間の脇に位置する化粧柱。その材質によって和室の雰囲気が変わることもあり、装飾的な役割が強い柱です。

●砂壁

天然砂や砂石などの色砂を上塗りした壁。床の間などで使用されます。

和室には他にもいろいろな要素があり、その一つ一つに意味を持っています。昔ながらの和室、現代風にアレンジされた和室。ご自身の好みに合わせて、どんな要素を取り入れるかを考えるのも楽しいかもしれません。

畳のメリット

●防音性
表のい草は空気を多く含んでいるため、音を吸収する効果があります。上階が和室の場合、下の階に音が伝わりにくくなります。

●断熱・調湿性
畳は断熱性にも優れ、また畳表のい草などの繊維質によって湿気を吸収・放出する調湿性もあります。四季を問わず快適に過ごせる素材といえるでしょう。

●リラックス効果
い草のハーブのようなよい香りにはリラックス効果があり、安眠をもたらします。

多種多様な用途

昔から和室は用途を限定しない空間として使われてきました。押し入れという収納があることで、簡単に畳の上が片づけられ、「居間兼寝室」が可能です。来客時には客間、普段は気軽に横になれる休息の場、あるいはお子さまの遊び場とすることもできるわけです。

●リビング・ダイニング

直接、床に座れるため、座卓さえあればすぐにリビングやダイニングとして利用できます。

●寝室

押し入れに布団をしまうことができ、断熱性の高い畳敷きの、快適な寝室となります。

●客間

お客さまを迎える応接室としてだけでなく、普段は他の用途に使えます。物が片づけやすいので、急な来客にも対応できます。

●子どもの遊び場

畳に弾力性があることから転んでも怪我をしにくく、お子さまの遊び場としても最適です。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP