Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

用途自在な和室の魅力 -新しい和室スタイル-

現代の住まいに合わせた和室空間

昔ながらのつくりでも多くの用途のある和室は、現代のライフスタイルに合わせて、便利な空間として活用できます。同時にデザインも現代風にアレンジすると、新鮮な感覚でインテリアが楽しめます。

リビングからつながる和室

リビングに隣接する和室の使い方にお悩みの場合、いっそのことリビングと繋げて1つの空間を作り出すスタイルはいかがでしょうか。リビング単独よりもお部屋全体を広く見せることができ、家族が気軽に休憩できるスペースとしても機能します。洋風と和風...テイストは異なりますが、天井の素材を合わせたり、インテリアの色調を合わせることで和洋折衷の調和がとれた空間として演出できます。
また和室は椅子が必要ないため、たくさんのお客様を迎える時にも柔軟に対応することができます。お正月やお盆など、来客が多いご家庭におすすめです。

玄関脇にあるオープンスペースの和室

急な来客の時、もし家の中が散らかっていても、玄関脇に和室があると、その場で気軽な「おもてなし」ができて便利です。また、扉を閉めて独立した空間にすればお客さま用の寝室にもなります。

ローベッドでアジアンテイストな寝室に

和室を寝室にしたいけれど、お布団ではなくベッドがいいという方は、和室にローベッドを設置するのはいかがでしょうか。高さがないローベッドならば和室との相性もよく、インテリア次第でアジアンテイストな雰囲気を作りだすことも可能です。

モダンインテリアで和室を演出

●建具
モダンな和空間を演出する秘訣は、とにかくシンプルにすること。特にリビングにつながる和室の場合は、襖や障子など建具の色調をリビングに合わせ、障子の桟などの形状はシンプルにすることが重要です。ただし、建具の一部だけを目立つ配色にして、アクセントウォールにするという手もあります。

●照明
畳に座る和室では、洋室よりも視線が低くなります。そのため照明器具もやや低めに吊り下げると空間に落ち着きが出ます。その一方で、天井に埋め込むシーリング照明やダウンライトは、すっきりとモダンな空間を演出でき、リビングにつながる和室などにはおすすめです。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP