Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

伝統的(トラッド)でありながら最先端?学生服は時代を反映する鏡

学生時代を象徴する"制服"

4月は入学シーズン。巷には新しい制服に身を包んだ新中学一年生や新高校一年生たちの姿が見られ、その初々しさに思わず微笑ましい気持ちになってしまいますね。ところで、かつては詰襟にセーラー服が主流だった制服も、今ではブレザースタイルが多くなりました。そんな学生服の変遷をたどってみます。

近代教育とともに歩んだ学生服の歴史

制服の歴史は学制とともに始まります。1872(明治5)年に学制が公布され、近代化の象徴として洋装が奨励されました。1886(明治19)年、帝国大学では機能性と見栄えに優れる陸軍制服を手本とした制服が採用されました。男子学生服の王道・金ボタン式詰襟(学ラン)です。
一方、明治の女学生といえば女袴を穿き、髪を結い上げ革靴を履いた、いわゆるハイカラさんスタイル。一気に洋装へとは進まず、まずは「女性も袴を穿く」というところから始まりました。
では、女子学生服の王道・セーラー服の始まりは何かというと、意外なことに"体操服"。1905(明治38)年に提案された女子用の体操服が、セーラー衿のついた上着と、膝丈のブルマーでした。しかし、女子の体操に理解が得られず、普及はしませんでした。
大正に入り、洋服文化が庶民へ広がりました。また、関東大震災で洋服の機能性が評価され、女学校ではセーラー服に代表される洋装制服が広まりました。

戦後が生んだブレザースタイル

明治・大正を通じて定着した詰襟とセーラー服は、長らく王道としてあり続けました。そんな状況が変わったのが昭和50年代後半、いわゆる団塊ジュニア世代が高校に入り始めた頃です。
戦後生まれの団塊世代は、ニューファミリーと呼ばれる新しい価値観を持った家族層を生み出し、その子供である団塊ジュニアも、新感覚世代として社会に影響を与えました。
そんな団塊ジュニアに人気となったのが、ブレザータイプの制服。背景には、親の団塊世代がトラッドファッションに親しみがあったこと、時代的にDCブランドブームだったことも大きいと考えられます。「制服」が高校志望の理由として挙げられるようになり、著名デザイナーによる制服が続々と登場。ブレザータイプの制服が増えていったのです。
制服に求められるものの基本は「きっちり観」。ある意味"伝統性""保守性"です。しかし、こうしてみると時代を映し、時に最先端だったことがうかがえて面白いですね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP