Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

爽やかな香りで心身を清めてくれる"菖蒲"。子供も大人もお風呂でリフレッシュ。

子どもの日といえば"菖蒲"。その由来とは?

5月5日は「こどもの日」。元々は「端午の節句」として祝われていた日です。別名として「菖蒲の節句」という呼称があるように、端午の節句には、菖蒲を使った風習がいくつも残されています。代表的なものが"菖蒲湯"ですが、ほかにも様々なものがあります。なぜ菖蒲なのでしょう。また、菖蒲にはどんな効能があるのでしょうか? こどもの日に縁の深い"菖蒲"にまつわるエピソードをご紹介します。

元々は季節の厄払い行事。菖蒲の香りで邪気を浄化

現在では、男の子の成長を祝う行事としての印象が強い端午の節句ですが、元々は古代中国の厄払い行事でした。
旧暦の5月5日は梅雨にあたり、体調を崩しやすくなることから、病魔や災厄を祓うために行われたのです。この時季に盛りを迎える菖蒲や蓬(よもぎ)は良い香りがしますが、古来、芳香には悪い気を退ける力があると信じられていました。そこで、蓬で作った人形を飾ったり、菖蒲を門に掛けたりして、邪気を祓ったそうです。それが奈良時代に日本へも伝わり、平安時代には宮中行事として定着しました。
宮廷ではこの日、軒に菖蒲や蓬を挿したり、冠に菖蒲を飾ったり、また菖蒲や蓬を丸く編み五色の糸を結んだ薬玉(くすだま)を柱に吊るしたりしました。薬玉を貴族同士で贈りあう習慣もあり、『源氏物語』や『枕草子』にその描写が見られます。

武士の時代にも縁起物として浸透していった菖蒲

鎌倉時代になると武士が力を持ち、宮廷行事としての端午の節句は衰えます。一方で、「菖蒲」は「尚武(=武を尊ぶ)」や「勝負」と同じ読み方であること、菖蒲の葉の形が剣に似ていることなどから、武士もこの日を重視するようになりました。またこの頃から、菖蒲湯・菖蒲酒・菖蒲枕など、菖蒲に関する風習が、民間にも伝わっていったそうです。菖蒲切りというチャンバラごっこや、菖蒲打ちといって菖蒲の束で地面を叩き、音の大きさを競う遊びも登場しました。

漢方薬・民間薬としても大活躍の菖蒲

菖蒲の芳香には、自律神経に作用して精神の安定をもたらすテルペン類の香り成分のほか、アザロンやオイゲノールといった、血行促進や疲労回復に効果がある香り成分が含まれ、菖蒲湯は神経痛やリウマチに効果があるといわれています。菖蒲は漢方薬・民間薬としても用いられており、意識障害や癲癇(てんかん)、健忘症のほか、関節痛、打撲傷、腫れ物、湿疹、腹痛、胃炎、消化不良、下痢、気管支炎、せきなどに効果があるとされています。
なお、「菖蒲」というと、紫色の美しい花を想像するかもしれませんが、それは「花菖蒲」と言って、魔除けや薬として用いられる菖蒲とは全くの別物。花菖蒲には、菖蒲のような香りや効能はありません。菖蒲に葉が似ていることから、この名がついたそうです。菖蒲湯用には、スーパーや花屋さんなどで、菖蒲湯セットを買えば間違いないでしょう。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP