Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

住まいができる防犯対策を知ろう!一級建築士・総合防犯設備士相川 隆

1日あたり約101件※も発生しているという、住宅を対象とした侵入窃盗被害。
ふだんの暮らしのなかで、どのように住まいの防犯対策に取り組めばいいのだろうか。
防犯について、専門に研究を続けているミサワホーム総合研究所の相川隆主幹研究員にうかがった。

──最近の被害の実態を教えていただけますか。

相川  住宅が対象の侵入窃盗の認知件数は平成16年から減少傾向にあります。 とはいえ、平成29年の認知件数は約3万7千件。 約15分に1件のペースで被害が発生している計算ですから、誰にとっても他人事ではないですね。

──減少理由を教えてください。

相川  警察庁や国土交通省がともに「安全・安心まちづくり」の推進をしてきていますが、平成15年以降、官民協力して「防犯性能の高い建物部品」の開発が進み、平成18年度の住宅性能表示制度の改定では、評価項目に「防犯に関すること」が追加されました。 現在では、一定の基準を満たしたサッシやドアなどに、「官民合同会議」で認定された「防犯性能の高い建物部品」のみ使用できる「CPマーク」が貼付されるようになりました。 今も、住宅機器メーカーは防犯性能に目を向けた開発に力を入れています。 また、自主的にまちの見回りを行う防犯ボランティアの方々が増えたことなど、幅広い取り組みが減少の理由として考えられますね。

──具体的な防犯対策として思い浮かぶのは、高い塀にぐるりと囲まれ、他人が容易に侵入できない家ですが。

相川  そのような家は、いったん敷地に入ってしまえば、周囲の視線を気にすることなく犯行が可能ですから、むしろ狙いやすい家といえます。 侵入盗は人に見られることを最も嫌います。 そのため、敷地に入ってから建物内に侵入するまでの一連の動作が、周囲から見えにくい家を狙うのです。

──防犯ボランティアなどの地域のつながりが被害件数の減少に貢献するのは、侵入盗が人の目を恐れるからなのですね。

相川  たとえば、外構がオープンな作りになっている家は、道路からの見通しが確保されているため、周囲の人の目が届きやすいですよね。 侵入盗にとっては、狙う家を物色するための敷地内の様子をうかがう行動や、敷地に入り込もうとする不自然な姿、敷地に入って建物に侵入する行動も周囲から見えやすくなってしまうわけです。

──ブロック塀で囲んだ閉じた作りだと、夜も窓の明かりが塀で遮られて道路が暗く、侵入盗が姿を隠しやすいですね。

相川  家人の不在を周囲から不審に思われずに確認できる家も、狙われやすいといえます。たとえばインターホンの位置。 門扉についていれば、インターホンを押す姿が周囲から見えます。返事がないのにもかかわらず、敷地に入って行けば、当然不審に思われてしまいます。 対して玄関にインターホンがあると、侵入盗は誰からも不審がられずに玄関の前にたどり着くことができます。 そこからさらに、侵入しやすい箇所を探すために家の裏手に回ろうとする場合も、途中に木戸などがあれば、入ることに抵抗を感じますが、何もなければ、すっと入って行けます。 侵入盗はそうした違いを一つひとつ見ながら、狙う家を定めるのです。

──侵入盗側の視点に立つと、狙われやすい家がわかりますね。

相川  プライバシーを守ることも大切ですから、オープンにすることに限界がある場合は、防犯カメラの設置もおすすめです。 侵入盗は光や音も嫌います。センサーライトや警告音で侵入盗を威嚇するとともに、音声で知らせるセンサーや受信機なども有効ですね。

──防犯カメラ作動中というステッカーも効果がありそうですね。

相川  狙われにくくする以外にも、防犯性能の高い建物部品を使うなど、建物の中に入りにくくする工夫も大切です。 また、侵入盗は、なるべく短時間で犯行を済ませたいと考えますから、貴重品は探すのに時間がかかる場所にしまったり、分散したりしておけば、万が一侵入されても、被害を最小限に食い止められます。

──侵入窃盗の被害に遭うのは、〝運〞の問題だけではないのだと感じます。

相川  被害に遭っても対策をせず、再び侵入されてしまったという例もあります。ちょっとした防犯対策の積み重ねによっても、侵入盗に狙いにくいと思わせる効果があるのです。

──日頃から防犯意識を持つことはとても大切ですね。本日はありがとうございました。

※「平成29年の刑法犯に関する統計資料」(警察庁)より作成

相川 隆(あいかわ・たかし)

株式会社ミサワホーム総合研究所フューチャーセンター 市場企画室スマートホーム研究PJ 兼デザインセンター 空間デザイン研究室主幹研究員 一級建築士・総合防犯設備士

ホームシアターを楽しもう −音を楽しむ−

より迫力ある映像とサウンドを楽しむために、自宅にいながら映画館やコンサートホール、スタジアムの臨場感を味わえるホームシアターをセットアップしてみませんか?
大画面液晶テレビをメインにした自分だけの本格的なシアタールームや、プロジェクターやスクリーンを使用した家族で楽しむリビングシアターなどで、映画やドラマを楽しみましょう。


迫力あるサウンドで臨場感がさらにアップします

ホームシアターには、大画面化の液晶テレビを利用したものと、プロジェクターを使ってスクリーンに映像を映し出すものがあります。 液晶テレビは高画質なうえ3Dが登場するなど多様化していますが、プロジェクターを使用する後者のほうがより本格的です。 100インチを超えるスクリーンでは映画館そのものの迫力が味わえます。


プロジェクターの設置位置

最近では、プロジェクターの価格が手頃になったことなどから、自宅で大画面スクリーンを楽しむ人が増えています。 プロジェクターの設置については、床やテーブルの上に置いてスクリーンに映す方法もありますが、部屋の最後部に天吊りするか、埋め込んでしまうのも良いでしょう。


壁をスクリーンがわりに

テレビモニターやスクリーンを設置しないで、白の壁に映像を映すのも大画面を楽しむ一つの方法です。 壁がスクリーンに早変わりするので、使用しないときは壁面がすっきりします。


5.1chサラウンドで臨場感ある音響効果を再現

5.1chサラウンドをご存知ですか。モノラルは1つのスピーカーで、ステレオは2つのスピーカーで音声を再生しますが、5.1chサラウンドでは6つのスピーカーで構成された音響システムです。 正面、右前方、左前方、右後方、左後方、低音出力用サブウーファーの6つによって映画館のような臨場感のある音響効果を再現できます。 スピーカー1台が1ch、サブウーファースピーカーは出力できる音域が限られているため、0.1chとカウントされています。 5.1chサラウンドは地上デジタル放送にも応用されているので、今や映画はもちろん、音楽やスポーツ番組まで5.1chサラウンドで楽しむことができます。


ムダな音の反射を防ぐ

上質なサラウンド音声の臨場感を楽しむなら、できる限りムダな音の反射を抑えるようにしたいものです。 室内の向き合った壁は、音が繰り返し反射するため、特定の音が強調されがち。壁面の仕上げを凹凸や斜めにすると音の反射を拡散させることができます。 天井の高さは2.4mあれば十分。これ以上低い場合は音の反響に支障が出るようです。また、フローリングのような硬い床は音を反射しやすくスピーカーの音と干渉しがち。 フロントスピーカーと視聴ポイントの間に毛足の長いラグを敷くと改善できます。ほかにも室内にボリューム感のあるソファなどを配置すると反射音を吸収してくれます。


気兼ねなく楽しむためにも防音の配慮も

せっかくのホームシアターですから、ご近所や家族に気兼ねなく大きな音で楽しみたいものです。 そのため近隣に音漏れしない対策を施し、同居する家族にも配慮しましょう。 防音工事をする箇所は天井や壁、床などの内装、ドア、窓など外部に面した場所も必要です。 防音シートを既存の壁に張り、その上から防音ボードを二重に貼るのも一案です。 窓は二重サッシにする、あるいは複層ガラスを採用すると防音効果は高まります。 また、扉の芯材に防音材を組み込んだ防音ドアなどを採用すれば同居する家族に気兼ねなく大音響が楽しめます。

column

フローリングの床は音が響きやすいので、カーペットを敷いたり、壁に厚手のカーテンを取り付けるなどの工夫をすると、音を吸収し、音の響きを抑えることができます。

LDKに映える景色に包まれながら、たっぷりの収納ですっきり美しく暮らす

[大分県 Aさま邸]

LDKに映える景色に包まれながらたっぷりの収納ですっきり美しく暮らす

高台に立地するAさま邸は、なんと言ってもLDKからの眺めがご自慢。 大開口の外はウッドデッキと庭、さらに道路を隔てた緑地の向こうに穏やかな稜線を描く山が見え、自然の暖かさに包まれているかのよう。

オープンなLDKは全面南向きで、天井に高低差をつけることで空間にメリハリが生まれ、白を基調に家具やフローリングの木目がアクセントとなって心地よさを演出しています。

「キッチンにいても、外まで子どもに目が届くのがうれしいですね」と微笑むAさまご夫妻。

そんなご夫妻が住み替えを決意されたのは、二人目のお子さまの誕生がきっかけでした。自然が豊かで子育て世代が多い立地が気に入り、新築。その際、こだわったのが性能と収納です。

「高い耐震性は必須ですし、以前の家は結露が多かったので断熱性も考慮しました」とAさま。

一方、奥さまにとっては収納が鍵でした。
「できるだけ家具を置きたくなかったので、造り付けの収納をたっぷり設けました。 たとえばキッチン廻りにはゴミ箱まで収めた収納やパントリーをつくっていただきました。 おかげでさっとモノが片付き、いつでもLDKをすっきりと保つことができます。 また、造り付けのデスクを設けたスペースもあってレシピのストックなどに大活躍」とにっこり。

さらに1階と2階には大収納空間「蔵」を設置して大小さまざまなモノを収納することで、美しい暮らしができると大好評です。

ご主人の好きな絵が飾られて、インテリアに彩りを添えているAさま邸。
これからどんな暮らしが描かれるのか、楽しみなお住まいでした。

ますます個性豊かになるアジサイ今年の気分にしっくりくるのは?

色とりどり・形もさまざま梅雨のシンボル"アジサイ"

6月はアジサイの花が見頃。かつては色がコロコロ変わる様を 「移り気」「縁起が悪い」と考え、あまり品種改良が進まなかったそうですが、今は実に様々な品種が開発されています。

気軽に楽しむなら鉢植えもいいですし、花木の本領を発揮するなら地植えもいいでしょう。名所へ出かけて、周りの風景と共に堪能するのもよし。今回はアジサイの楽しみ方をご紹介します。

アジサイのいろいろな形

アジサイの花は、雄しべと雌しべを持つ両性花と、花弁の様な蒋を持つ装飾花で構成されています。両性花がいわば本体ですがあまり目立たず、外見上"花" として認識されるのはだいたい装飾花の方です。 装飾花の形や大きさ・色が変わったり、八重になったり、あるいは両性花がすべて装飾花に変化することで、一見すると同じアジサイとは思えないほどのバリエーションが生まれています。

アジサイの色を楽しむコツ

アジサイの花色が、土の酸度で変わるのは有名ですね。酸性の上なら青くなり、中性~弱アルカリ性の土ならピンク色になります。 中性なら中間の紫色になりそうなものですが、アジサイには青花系品種とピンク花系品種があり、青花系品種を中性~弱アルカリ性の土に植えると赤みを帯びた紫色に、ピンク花系品種を酸性の土に植えると青みを帯びた紫色になるのだとか。

紫色が好きな方もいるでしょうが、アジサイの生産農家としては品種固有の色をよりきれいに発色させるため、土や肥料を調整しているのだそうです。鉢の植え替えや庭に移植する時は注意したいですね。
ただ、中には土壌に関係なく両方の色にきれいに発色する品種、あるいはそもそも土の酸度にあまり影響されない品種もあるそうです。

また、白いアジサイは元々色素のない品種で、これも土の酸度によるものではありません。
アジサイの色が変わる要因は、他に"時間"もあります。最近"秋色アジサイ"などと言って、秋まで長く開花している内に、花色がくすんだ緑色や赤色へ変わっていく品種が人気です。
最後は乾燥させてリースを作ることも出来るとか。梅雨だけではもったいない!という人は、是非挑戦してみてください。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP