Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

住まいの「レジリエンス」はどう備えるべきか東京大学大学院教授清家 剛

レジリエンス性にすぐれた住まいとは、具体的にどのような家なのか。 求められる性能や、必要な機器、ZEHとレジリエンスの密接な関係性などの話を 官公庁の建物における耐震基準の策定にも携わる東京大学大学院の清家教授にうかがった。

──2019年度の国のZEH支援策の中に「ZEH+R(レジリエンス)」という新しい区分ができるなど、今、「レジリエンス」という言葉が注目されています。レジリエンス性にすぐれた住まいとは、どのようなものでしょうか。

清家 ひと言でいえば「しぶとい家」です。理想をいうならば、普段の快適性を緊急時でも維持できる住まいなのですが、実際に実現するのは簡単ではありません。現実的に考えると、普段は快適で、その快適性をもたらした実力で非常時にもなんとかしぶとく暮らせる家、それがレジリエンス性の高い住まいといえるでしょう。

──具体的にはどのような性能が必要でしょうか。

清家 まずは高い耐震性ですね。かつては建築基準法で定められた基準さえクリアしていればいいという考え方が多かったため、すぐれた耐震性の家を建てようとすると、大きなコストがかかるといった問題がありました。ですが、阪神・淡路大震災以降、世の中の防災意識が非常に高まったこともあり、近年では、単に基準を満たすだけでなく、地震時の建物の変形を少なくして、内装もめったに壊れないという高いレベルの耐震性能をめざしている住宅メーカーも増えてきました。耐震性にすぐれた住まいが以前よりも手に入れやすくなっていると思います。

──耐震性能の他に求められる性能は何でしょうか。

清家 高い断熱性も大切な要素です。たとえば冬季に災害が発生して電気などのインフラが停止した場合でも、断熱性の高い建物なら人が発する熱だけでもある程度の室温が確保できます。直前まで稼働させていた暖房の熱で夜をしのいだりすることも可能です。

──先生は実際に被災地に赴いて被災状況を検証する機会も多いそうですが、やむなく避難所に避難される方と、自宅でなんとか過ごせる方とでは、暮らしにはかなりの違いがあるのでしょうか。

清家 違いはとても大きいですね。常に他人と一緒にいる避難所の暮らしは、精神的にも肉体的にも大きな負担になります。仮設住宅に移れるとしても、早くて3カ月後。移った後も、仮設住宅では、広さも限られていますし、隣家の物音が壁を通して聞こえやすいため、なかには隣に遠慮してトイレを我慢するといった方もいて、皆さんご苦労されています。

──自宅での避難生活と比べると、非常に厳しい環境といえますね。

清家 レジリエンス性にすぐれた住まいに必要な要素はもうひとつあります。太陽光発電などの創エネ機器ですね。普段はつくった電気を売電することで家計の助けになり、インフラが停止した災害時には、電源となって電気製品が使えます。再生可能エネルギーを使用することで環境保護に貢献できるというメリットもありますね。

──断熱性や創エネなどは、世界的な住まいの潮流となっているZEHにも必要な要素ですね。

清家 レジリエンス性にすぐれた住まいとZEHは、とても親和性が高いといえます。言い換えると、ZEHはレジリエンス性にすぐれた住まいにしやすいということです。ちなみに、ゼロ・エネルギー住宅という考え方は、再生可能エネルギーの拡充にシフトするという世界的な流れのなかで、住まいに何ができるかという観点からスタートしたもので、国も本格普及に向けた後押しをしています。最終的にめざしているのは、「LCCM住宅」ですが、ZEHはゼロ・エネルギー住宅のいわば標準という位置付けといえるでしょう。

──先生は一般社団法人日本サステナブル建築協会の「レジリエンス住宅チェックリスト※」の監修もなさっていますね。

清家 平常時の「免疫力」、災害発生時の「土壇場力」、災害後の「サバイバル力」という3つの観点から住まいのレジリエンス度を確認しようというチェックリストです。

──チェックリストには、「災害時に出先から帰宅する方法を検討しているか」や、「階段や廊下で転ばないための対策の有無」、「運動や体力維持に努めているか」など、防災や健康に対する意識を確認する設問も多いですね。

清家 たとえば、災害時に冷静な判断を下して、瞬発力のある対応をするためにも、健康は大切です。インフラの復旧を待つ間も、体力的な不安を感じにくくなるはずです。普段暮らしている家の中には、身体に負担をかけていたり、思わぬ事故の原因が潜んでいたりすることがあります。防災や日頃の健康に意識を向けることも、住まいのレジリエンス性を高めることにつながるのです。

──平常時、災害発生時、災害後と、それぞれの健康リスクや災害リスクを理解して、その備えとなるよう考えて住まいを設計することが大切といえそうですね。本日はありがとうございました。

※ 健康を支え災害に備える住まいと暮らし「CASBEE レジリエンス住宅チェックリスト」
http://www.ibec.or.jp/CASBEE/cas_home/resilience_checklist/index.htm

清家 剛(せいけ・つよし)

東京大学大学院 新領域創成科学研究科 社会文化環境学専攻 教授・博士(工学)建築構法を専門分野として、建築生産に関わる環境負荷評価に関する研究などを手掛ける。官庁施設の総合耐震計画基準など、公的な基準類の制定に関わる多くの委員を歴任。

ホームシアターを楽しもう −インテリアにこだわる−

インテリアが演出するスタイリッシュなシアター空間

ホームシアターを本格的に楽しみたい場合は、インテリアとの調和も欠かせません。 ゆったりくつろげるソファ、すっきり整った空間、収納などのアイテムにもこだわって、スタイリッシュなシアター空間をつくりましょう。


まずはソファ選びから

ホームシアターの醍醐味は、自宅だからこそできる自由なスタイルで視聴するくつろぎ感といえましょう。 ソファはリクライニングできたり、足を載せられるフットレストのあるものがおすすめ。 時間の経つのも忘れて作品の世界にじっくり浸ることができます。 ただし、リビングにつくる場合はリビングチェアとしても違和感がないデザインにしておくことも大切です。 同時に、飲み物を置けるサイドテーブルやDVDなどのソフトを収納できるリビングボードなどを設えると室内がすっきり美しく収まります。


テレビ周辺の収納にも工夫を

ブルーレイ、DVDソフトやCDのフレームの色に合わせて、収納を選ぶと、モニターとの一体感が得られてすっきりした空間になります。 スピーカーなどの音響機器もデザイン性の高いものを選ぶとより統一感のある空間になります。


ダウンライトや間接照明で演出

ホームシアターを昼間に楽しみたい場合は遮光カーテンなどで光を遮ることが必要です。 本格的なシアター空間を演出するには、照明計画は不可欠な要素。 テレビの場合は、照明は控えめにして画面へ映りこまないようにします。 プロジェクターを使うときは、スクリーンへの投影光を遮らないように天井の照明に注意。 いずれも部屋は暗くするか照明を控えめにすることが大切。 部分照明や手元の灯りで雰囲気を演出しましょう。 明るさをコントロールできる調光器を用いると映画館さながらの演出も可能です。 消費電力の少ない蛍光灯でも調光機能付きの機器が販売されていますので検討してみるとよいでしょう。

column

長時間にわたって画面を見ることが多いホームシアター。 快適に鑑賞するには、照明の使い方も大切です。 真っ暗な部屋で画面を見続けると、明るさの対比がありすぎて目が疲れてしまうので、画面の背後を照明でかすかに照らしてみましょう。

『中庭を囲んで四季の移ろいを愛でる』開放感とプライバシーを両立した住まい

[新潟県 Aさま邸]

どこにいても中庭のシンボルツリーが眺められる3階建てのお住まいで、四季の変化を愛でる情趣豊かな暮らしを満喫されているAさま。 中庭をコの字に囲んだプランで、道路側からの視線をルーバーで遮ってプライバシーを守り、カーテンいらずの明るく開放的な住空間を実現しています。

「落葉広葉樹のアオダモを植えたので春は新緑、夏は青葉、秋は紅葉、冬は雪景色が楽しめます」とAさま。

1階には茶事をたしなむ奥さまのために、水屋をしつらえた本格的な茶室が設けられ、ここの地窓から見える中庭は飛び石や下草で和風の趣に演出されています。

2階に上がると、そこに広がるのはリビングを吹き抜けにしたLDK。 ウォールナットのフローリングにグレーの石タイルを張ったアクセント壁が気品高く調和し、吹き抜けの大きな窓からも、中庭からも、光がふんだんに差し込みます。

LDKとつながるバルコニーは、中庭に面して自然と親しむ空間。 「お茶を飲んだり、バーベキューをしたり、我が家のリゾートスペースです」と奥さまはにっこり。

3階は吹き抜けを囲む間取りで、お子さまたちのスタディースペースを広々と確保しました。 テキスタイルフロアの床は足触りも心地よく、お子さまたちは走り回って楽しそう。 大きなガラス壁越しに2階リビングが見下ろせます。 「子どもは一人で宿題をしていても、2階の家族の顔が見えるから寂しくないみたいです」とAさま。

家族を慈しみ、心豊かに過ごす美しい暮らしがここにありました。

泳ぐもよし、眺めるもよし!今も昔もパワーをくれる"海"

海水浴は元々医療行為だった!?

7月の第3月曜日は「海の日」。 「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨とした国民の祝日です。 海に関わる仕事をしていなければ、海に直接ふれる機会は"海水浴"などの海のレジャーではないでしょうか? しかし、元々"海水浴"はレジャーでなく医療行為だったのだとか...。 海水浴や海のレジャーの歴史をご紹介します。

高級な保養地から、庶民の行楽地へ

今では"遊び場"のイメージが強くなった海ですが、昔はそれよりも漁や交易をする"生活の場"であり、神仏に祈り穢(けが)れを払う"神聖な場所"でした。 また「潮湯治(しおとうじ)」「潮浴(しおあみ)」などといって、病気治療のために海水につかることも古くから行なわれていたようです。 『吾妻鏡』には、鎌倉幕府の第三代将軍である源実朝が、鎌倉の海に入って病を癒したと記されています。

「海水浴」という言葉は、明治時代に欧州より導入された "保養"の考え方とともに広まりました。 18世紀中頃の欧州では、産業革命が引き起こした健康被害により、海岸周辺での保養・療養が注目されるようになりました。 19世紀以降には、海水浴場とサナトリウムが併設されて欧州各地に広まり、その考え方が日本へも伝わったのです。
初期に広まった保養・療養目的の海水浴は、明治政府の高官が別荘の建設とともに行ったことから、高級なイメージができあがって庶民の憧れとなりました。 そこへ、産業の発達による余暇の誕生と鉄道網の整備という条件が加わり、庶民が手軽に海水浴場へ行けるようになったため、行楽としての海水浴がブームとなったのです。

平安時代以来の海レジャー"潮干狩り"

明治時代より前は海のレジャーがなかったのかといえば、そんなことはありません。 今でも盛んな"潮干狩り"の歴史は古く、平安時代まで遡るといわれます。 庶民の行楽になったのは江戸時代からで、浮世絵に描かれたり、俳句の季語になったりしています。
ただし、潮干狩りは真夏ではなく春~初夏がシーズンで、特にゴールデンウィーク頃がベストといわれています。 潮干狩りは潮が引く時間帯を狙って行いますが、春は特に潮が引く度合いが大きく、かつ潮が引く時間帯が昼間だからです。 また、潮干狩り定番のアサリが春に旬を迎えることも理由として挙げられます。

海水浴や潮干狩り以外にも、釣り・サーフィン・スキューバダイビング・シーカヤック・ヨット・モーターボート・ホエールウォッチング等々、様々なレジャーがあります。 是非何か好みのレジャーで、海を満喫してください!

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP