Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

『中庭を囲んで四季の移ろいを愛でる』開放感とプライバシーを両立した住まい

[新潟県 Aさま邸]

どこにいても中庭のシンボルツリーが眺められる3階建てのお住まいで、四季の変化を愛でる情趣豊かな暮らしを満喫されているAさま。 中庭をコの字に囲んだプランで、道路側からの視線をルーバーで遮ってプライバシーを守り、カーテンいらずの明るく開放的な住空間を実現しています。

「落葉広葉樹のアオダモを植えたので春は新緑、夏は青葉、秋は紅葉、冬は雪景色が楽しめます」とAさま。

1階には茶事をたしなむ奥さまのために、水屋をしつらえた本格的な茶室が設けられ、ここの地窓から見える中庭は飛び石や下草で和風の趣に演出されています。

2階に上がると、そこに広がるのはリビングを吹き抜けにしたLDK。 ウォールナットのフローリングにグレーの石タイルを張ったアクセント壁が気品高く調和し、吹き抜けの大きな窓からも、中庭からも、光がふんだんに差し込みます。

LDKとつながるバルコニーは、中庭に面して自然と親しむ空間。 「お茶を飲んだり、バーベキューをしたり、我が家のリゾートスペースです」と奥さまはにっこり。

3階は吹き抜けを囲む間取りで、お子さまたちのスタディースペースを広々と確保しました。 テキスタイルフロアの床は足触りも心地よく、お子さまたちは走り回って楽しそう。 大きなガラス壁越しに2階リビングが見下ろせます。 「子どもは一人で宿題をしていても、2階の家族の顔が見えるから寂しくないみたいです」とAさま。

家族を慈しみ、心豊かに過ごす美しい暮らしがここにありました。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP