Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

ホームシアターを楽しもう −インテリアにこだわる−

インテリアが演出するスタイリッシュなシアター空間

ホームシアターを本格的に楽しみたい場合は、インテリアとの調和も欠かせません。 ゆったりくつろげるソファ、すっきり整った空間、収納などのアイテムにもこだわって、スタイリッシュなシアター空間をつくりましょう。


まずはソファ選びから

ホームシアターの醍醐味は、自宅だからこそできる自由なスタイルで視聴するくつろぎ感といえましょう。 ソファはリクライニングできたり、足を載せられるフットレストのあるものがおすすめ。 時間の経つのも忘れて作品の世界にじっくり浸ることができます。 ただし、リビングにつくる場合はリビングチェアとしても違和感がないデザインにしておくことも大切です。 同時に、飲み物を置けるサイドテーブルやDVDなどのソフトを収納できるリビングボードなどを設えると室内がすっきり美しく収まります。


テレビ周辺の収納にも工夫を

ブルーレイ、DVDソフトやCDのフレームの色に合わせて、収納を選ぶと、モニターとの一体感が得られてすっきりした空間になります。 スピーカーなどの音響機器もデザイン性の高いものを選ぶとより統一感のある空間になります。


ダウンライトや間接照明で演出

ホームシアターを昼間に楽しみたい場合は遮光カーテンなどで光を遮ることが必要です。 本格的なシアター空間を演出するには、照明計画は不可欠な要素。 テレビの場合は、照明は控えめにして画面へ映りこまないようにします。 プロジェクターを使うときは、スクリーンへの投影光を遮らないように天井の照明に注意。 いずれも部屋は暗くするか照明を控えめにすることが大切。 部分照明や手元の灯りで雰囲気を演出しましょう。 明るさをコントロールできる調光器を用いると映画館さながらの演出も可能です。 消費電力の少ない蛍光灯でも調光機能付きの機器が販売されていますので検討してみるとよいでしょう。

column

長時間にわたって画面を見ることが多いホームシアター。 快適に鑑賞するには、照明の使い方も大切です。 真っ暗な部屋で画面を見続けると、明るさの対比がありすぎて目が疲れてしまうので、画面の背後を照明でかすかに照らしてみましょう。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP