Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

周辺環境を把握し、家や家具を補強 いざという時のシミュレーションも忘れずに

あらためて考えたい「防災の日」

9月1日は「防災の日」です。防災の日を含めた一週間は「防災週間」であり、防災訓練や防災に関する啓蒙活動等が行われます。2011(平成23)年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)」はまだ記憶に新しいところ。未だに余震と思われる揺れがあるなか、「防災の日」の重要性はますます高まっています。今回は「防災の日」制定の背景を振り返りつつ、防災のポイントをご紹介しましょう。

きっかけは「関東大震災」と「伊勢湾台風」

防災の日の制定は、1960(昭和35)年6月11日の閣議で決定しました。9月1日という日付が、1923(大正12)年9月1日に発生した関東大震災にちなんでいることは有名ですね。ただ、1960年という年に制定された背景にはもうひとつ理由があります。前年の1959(昭和34)年9月26日に伊勢湾台風が上陸し、戦後最大の被害(全半壊・流失家屋15万3,893戸、死者4,700人、行方不明401人、負傷者3万8,917人)を出したのです。
9月1日頃は雑節の「二百十日」にあたります。「二百十日」とは立春から数えて210日目のことで、昔から台風が襲来する厄日とされてきました。それまで9月1日は関東大震災犠牲者の慰霊祭が中心だったそうですが、前年の台風被害の記憶と昔ながらの厄日のイメージが加わり、9月1日を災害全般に構える「防災の日」にしようと考えたのでしょう。

災害から身を守るためには??

とはいえ、一口に「防災」といっても、災害は多種多様。地震がもたらす被害にしても、時と場所により大きく違います。
例えば、関東大震災における最多の死因は火災によるもの。昼時の台所の火が、台風による強風で瞬く間に燃え広がったのです。一方、阪神・淡路大震災で最も多かったのが、家屋の倒壊や家具の転倒による圧死。東日本大震災はご存知の通り、津波による溺死です。
火事を防ぐなら、「地震が起きたら火を消す」を徹底すれば大分防げるでしょう。また、古い木造家屋より耐火性に優れた素材の家の方が安全ですね。家具の転倒や家屋の倒壊を防ぐなら、普段の耐震補強がものをいいます。津波から逃げるには、すばやい避難行動と適切な避難経路の把握が重要です。
防災のため普段からしておくべきこと、いざという時にすべきことは、人によって様々だと思います。これを機に、自分の置かれた状況を振り返り、効果的な「防災」について考えてみて下さい。

環境・健康・安心をつくるエクステリアの役割1級造園施工管理技士鷲見 法泰

ミサワホームにおけるエクステリアのスペシャリスト(1級造園施工管理技士)鷲見法泰さんに、エクステリアの役割や、エクステリアを整える意味、そして、ミサワホーム独自のエクステリアの設計手法についてうかがった。

── エクステリアとは、住まいに対してどのような役割を果たすものなのでしょうか。

鷲見 ひと言でいうと、住まいをより心地よい空間にすることです。「住まいに対して」とおっしゃいましたが、そもそもエクステリアと建物とを分ける必要はありません。作業の効率や専門性などから便宜的に分けているだけで、本来は建物の設計と一緒に考えることが理想です。たとえば庭に植えた樹木の緑は、それだけでも自然の心地よさを味わえますが、室内からどのように見えるかを想像しながら間取りや窓の大きさを設計することで、住まいという空間が、さらに心地よいものになるのです。

── ミサワホームが考えるエクステリアには、どのような特長があるのでしょうか。

鷲見 環境をデザインすること、健康をデザインすること、そして安全・安心をデザインすること。この3つの要素を大きな柱としていることが特長です。「微気候デザイン」という設計手法を取り入れていることも他にはありませんね。微気候デザインでは、陽射しや風などの住まい周辺の局地的な気候をコントロールしたり、植物に備わる温度調節機能を利用して、空気を冷やしたり、風のないところに風をつくり出したりということも行っています。庭と建物を一体として設計すれば、樹木がつくり出した風を室内に送ることができますし、それによってエアコンの稼働率を下げられますから、より健康的な暮らしができます。

── まさに環境と健康をデザインしているわけですね。

鷲見 五感で四季を楽しみ、身近な自然に親しむことのできる住まいは、ストレスを軽減し、地域のコミュニケーションも育みます。これもまた健康をデザインすることのひとつですね。

── 安全・安心のデザインは、どのようなことなのでしょうか。

鷲見 防犯性を高める工夫をトータルで考え、法令や設計基準書を遵守し、外からは見えない構造部にも目を配った安全設計などを行っています。わかりやすい例を挙げるなら、たとえばブロック塀ですね。弊社の場合、ブロック塀でも必要に応じてしっかりと構造計算を行った断面図を使用し、施工をしています。そうした安全性へのアプローチも、住宅メーカーだからできることのひとつといえるでしょう。

── 他にも住宅メーカーとして大切にしていることはありますか。

鷲見 植物が生きるのにもっともよい土壌である「表土」の保全ですね。1cmの表土ができるまでには100年以上もの時間が必要です。住宅の建替えの際、一般的には表土が捨てられるケースが多いのですが、土壌育成のために可能な限り表土は残したいですね。

── 都市部の住まいのエクステリアについてはいかがでしょうか。敷地面積に制約があることも多く、緑を取り入れることをあきらめている方もいらっしゃいます。

鷲見 たとえば、駐車スペースのコンクリートにスリットを入れて、そこに緑を植えるだけでもずいぶんと違います。また、駐車スペースやアプローチなどに透水性、保水性のある素材を使えば、雨水が浸透することで地下水の枯渇を軽減して環境保全になったり、水が蒸発するときの気化熱で温度を下げることができたりします。これも微気候デザインの応用です。

── 自然をうまく取り入れた快適なエクステリアは、環境保全にもつながりますね。本日はありがとうございました。

写真は、海外の一流ガーデンデザイナーたちと競い合った浜名湖花博ワールドコンペティションで、グランプリを受賞した鷲見さんデザインのエクステリア。禅の思想「和敬清寂」をキーワードに、「本来の自分に還る場所」「日本人の心の奥底」「日本の美しい景色」を表現している。

鷲見法泰 (すみ・のりやす)

ミサワホームのエクステリア部門を担当する、ウィズガーデン(株)設計建設部部長。2004年の浜名湖花博で開催された「ワールドガーデンコンペティション」に日本代表として参加、グランプリ(しずおかガーデン日本大賞)を受賞。

ホームシアターを楽しもう -ライフスタイルにこだわる-


ライフスタイルに合わせてさまざまな楽しみ方を

ホームシアターをつくるにはある程度の広さがあれば実現できます。 家族みんなで楽しめるリビングでのシアターづくりがおすすめです。 大勢でわいわいスポーツ観戦やゲームを楽しむもよし、一人で映画に浸るのもよし。 ライフスタイルに合わせて快適なホームシアターを実現したいものです。


リビングをリビングシアターに

家族の集まるリビングをリビング兼ホームシアターにするには、防音対策をしておくとよいでしょう。 天井や壁を吸音材で仕上げたり、フローリングの床にカーペットを敷くだけでも効果があります。 大型液晶テレビを壁掛けする、またはテレビを収納できる大型の収納システムを設置すると空間がすっきりして見え、リビングとして使用する際も違和感がありません。

column

本格的にリビング兼シアターにしたい場合は、内装を防音仕様にしたり、ドアや窓などの開口部から音をもらさないよう防音対策をすることをおすすめします。 シアターとして部屋を暗くさせるため、窓周辺は、雨戸や遮光カーテンで遮光対策もしておきましょう。


寝室をくつろぎのシアタールームに

くつろいで映画や音楽を楽しみたいなら、寝室をシアタールームにしてみては。 ただ、寝室に大掛かりなAV機器を設置したくなかったり、リビングほどスペースに余裕がなくAV機器を設置できないということもあるでしょう。 そこで注目したいのが、ブルーレイレコーダーの多くに搭載されているDLNAサーバーという機能です。 DLNAサーバーを使ってレコーダーとディスプレイをLANでつなげば、リビングのブルーレイレコーダーに入っている映像やサウンドを他の部屋でも楽しむことができます。 ディスプレイを設置するだけで、すっきりシンプルに寝室のホームシアターを実現できます。


バスタイム

寝室同様、DLNAを使えばバスルームでも映像を楽しむことができます。 また、最近のAVアンプに搭載されているマルチゾーンという機能を使えば、リビングに置いてあるミュージックプレーヤーやサーバーに入っている音楽をバスルームの防滴スピーカーで楽しむこともできます。 AVアンプのマルチゾーン機能は、どの部屋にも対応できるので、楽しみ方の可能性が広がります。

お盆に帰ってきた霊を慰める"盆踊り"幾多の変遷を経て何度目かのブームの兆し!?

意外と忘れがち?お盆に踊るから「盆踊り」

8月13~16日は、東京など一部を除いて、ほとんどの地域でお盆を迎えます。お盆にまつわる風習はいろいろありますが、「盆踊り」もそのひとつ。お盆の時期に踊られていたから「盆踊り」なのですが、今ではお盆に限らず、7~8月に各地でイベントが開かれています。長い間に意味合いが変化し、衰退と再生を繰り返してきた盆踊りの歴史と、最近の傾向をご紹介します。

踊り念仏から先祖供養へ

盆踊りの起源は諸説ありますが、踊りながら念仏を唱える「踊り念仏」を起源とする考え方が有力です。踊り念仏は、平安時代中期に僧・空也が始め、鎌倉時代中期に時宗の一遍が広めたといわれています。各地へ広がるうちに、宗教性より芸能面に比重を置く「念仏踊り」が生まれ、衣装や道具、振り付けや音楽に凝るようになっていきました。  やがて室町時代末期には、先祖の霊を迎えて供養する「盂蘭盆会」と結び付き、死者の霊を慰める踊りとして「盆踊り」が成立したと考えられています。

男女の出会いの場から健全な娯楽へ

江戸時代になると、男女の出会いの場としての面が強くなっていきました。盆踊りのルーツのひとつとして、歌垣(古代の習俗で、求愛のために、男女が山や市に集まって歌い合ったり、踊ったりした行事)が数えられるゆえんでしょう。
そのためか、幕府はたびたび禁止令を出しており、明治時代になってもそれは変わりませんでした。むしろ近代化を目指す政府によって、より厳しく取り締まられたようです。
そこで、夜通し踊るのをやめたり、卑猥な歌詞は改めるなど、盆踊りの近代化が図られました。その甲斐あってか、大正時代には健全な娯楽としてブームとなり、各地で新作盆踊りが作られました。

戦後も盛衰を繰り返した盆踊りの今

戦時中は一時期途絶えましたが、戦後すぐ復興し、地域住民の交流の場として各地で開催されるようになりました。しかし、バブルがはじけて不景気になると、多くの夏祭りや盆踊り大会が姿を消し、残ったとしても、櫓の周りで踊る人は少なくなっていきました。
一方で、阿波踊りやYOSAKOIなど、元は郷土の盆踊りだったものが全国に広まって多くの人を集めています。また、音楽や踊りを現代風にアレンジしたり、アニメやコスプレを取り入れることで、子供や若者を取り込み、最近は何度目かの盆踊りブームだといわれています。
時代に合わせて変化し、支持されてきた盆踊り。今年の夏は是非輪の中に入って踊ってみてください。

小上がりの和風ダイニングでお酒を楽しみ開放的なリビングで愛犬と憩う心豊かな暮らし

[岩手県 Yさま邸]

岩手山を望む住宅街に凜と佇むYさまのお住まい。 切妻屋根がかわいい白一色のシンプルな外観にシンボルツリーの緑が彩りを添えています。 「みんなが帰ってきたくなる我が家にしたいという思いを込めて、外観デザインは野球のホームベースをモチーフにしました」とYさま。

1階の階段前のホールは、愛犬のくつろぎスペース。 大きな地窓から光が明るく差し込みます。

ご夫妻は共働きなので、愛犬は日中ここに寝そべって、外の景色を眺めながらお留守番。 「私たちの姿が窓から見えると、すぐに玄関まで飛んできます」と目を細めるYさま。

ご家族の団らんの場となるLDKは、リビングの天井と床をウォールナット色でコーディネイトして落ち着いた雰囲気に。 ライトグリーンのソファがインテリアのアクセントになって素敵です。

小上がりの和風ダイニングもご夫妻の希望を叶えたもの。 下がり天井を設けて変化を付け、オープンなLDKながらリビングと別空間の表情にしています。 「畳のくつろぎ感もほしかったのですが、個別に和室を設けても使用頻度が低いと思ったので、ダイニングを畳風に使えるテキスタイルフロア にしました」と奥さま。

 お酒を楽しむYさまはキッチンの棚にお気に入りのボトルを並べ、和風バーのような雰囲気に。 「その日の気分で料理に合うお酒を選んで晩酌するのが楽しみです」とにっこり。 休日は和風ダイニングにご友人を呼び、男の手料理でもてなすことも多いそう。

岩手山の雄姿を眺め、愛犬と憩い、ご友人と歓談する心豊かな暮らしがここにありました。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP