Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

お盆に帰ってきた霊を慰める"盆踊り"幾多の変遷を経て何度目かのブームの兆し!?

意外と忘れがち?お盆に踊るから「盆踊り」

8月13~16日は、東京など一部を除いて、ほとんどの地域でお盆を迎えます。お盆にまつわる風習はいろいろありますが、「盆踊り」もそのひとつ。お盆の時期に踊られていたから「盆踊り」なのですが、今ではお盆に限らず、7~8月に各地でイベントが開かれています。長い間に意味合いが変化し、衰退と再生を繰り返してきた盆踊りの歴史と、最近の傾向をご紹介します。

踊り念仏から先祖供養へ

盆踊りの起源は諸説ありますが、踊りながら念仏を唱える「踊り念仏」を起源とする考え方が有力です。踊り念仏は、平安時代中期に僧・空也が始め、鎌倉時代中期に時宗の一遍が広めたといわれています。各地へ広がるうちに、宗教性より芸能面に比重を置く「念仏踊り」が生まれ、衣装や道具、振り付けや音楽に凝るようになっていきました。  やがて室町時代末期には、先祖の霊を迎えて供養する「盂蘭盆会」と結び付き、死者の霊を慰める踊りとして「盆踊り」が成立したと考えられています。

男女の出会いの場から健全な娯楽へ

江戸時代になると、男女の出会いの場としての面が強くなっていきました。盆踊りのルーツのひとつとして、歌垣(古代の習俗で、求愛のために、男女が山や市に集まって歌い合ったり、踊ったりした行事)が数えられるゆえんでしょう。
そのためか、幕府はたびたび禁止令を出しており、明治時代になってもそれは変わりませんでした。むしろ近代化を目指す政府によって、より厳しく取り締まられたようです。
そこで、夜通し踊るのをやめたり、卑猥な歌詞は改めるなど、盆踊りの近代化が図られました。その甲斐あってか、大正時代には健全な娯楽としてブームとなり、各地で新作盆踊りが作られました。

戦後も盛衰を繰り返した盆踊りの今

戦時中は一時期途絶えましたが、戦後すぐ復興し、地域住民の交流の場として各地で開催されるようになりました。しかし、バブルがはじけて不景気になると、多くの夏祭りや盆踊り大会が姿を消し、残ったとしても、櫓の周りで踊る人は少なくなっていきました。
一方で、阿波踊りやYOSAKOIなど、元は郷土の盆踊りだったものが全国に広まって多くの人を集めています。また、音楽や踊りを現代風にアレンジしたり、アニメやコスプレを取り入れることで、子供や若者を取り込み、最近は何度目かの盆踊りブームだといわれています。
時代に合わせて変化し、支持されてきた盆踊り。今年の夏は是非輪の中に入って踊ってみてください。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP