Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

環境・健康・安心をつくるエクステリアの役割1級造園施工管理技士鷲見 法泰

ミサワホームにおけるエクステリアのスペシャリスト(1級造園施工管理技士)鷲見法泰さんに、エクステリアの役割や、エクステリアを整える意味、そして、ミサワホーム独自のエクステリアの設計手法についてうかがった。

── エクステリアとは、住まいに対してどのような役割を果たすものなのでしょうか。

鷲見 ひと言でいうと、住まいをより心地よい空間にすることです。「住まいに対して」とおっしゃいましたが、そもそもエクステリアと建物とを分ける必要はありません。作業の効率や専門性などから便宜的に分けているだけで、本来は建物の設計と一緒に考えることが理想です。たとえば庭に植えた樹木の緑は、それだけでも自然の心地よさを味わえますが、室内からどのように見えるかを想像しながら間取りや窓の大きさを設計することで、住まいという空間が、さらに心地よいものになるのです。

── ミサワホームが考えるエクステリアには、どのような特長があるのでしょうか。

鷲見 環境をデザインすること、健康をデザインすること、そして安全・安心をデザインすること。この3つの要素を大きな柱としていることが特長です。「微気候デザイン」という設計手法を取り入れていることも他にはありませんね。微気候デザインでは、陽射しや風などの住まい周辺の局地的な気候をコントロールしたり、植物に備わる温度調節機能を利用して、空気を冷やしたり、風のないところに風をつくり出したりということも行っています。庭と建物を一体として設計すれば、樹木がつくり出した風を室内に送ることができますし、それによってエアコンの稼働率を下げられますから、より健康的な暮らしができます。

── まさに環境と健康をデザインしているわけですね。

鷲見 五感で四季を楽しみ、身近な自然に親しむことのできる住まいは、ストレスを軽減し、地域のコミュニケーションも育みます。これもまた健康をデザインすることのひとつですね。

── 安全・安心のデザインは、どのようなことなのでしょうか。

鷲見 防犯性を高める工夫をトータルで考え、法令や設計基準書を遵守し、外からは見えない構造部にも目を配った安全設計などを行っています。わかりやすい例を挙げるなら、たとえばブロック塀ですね。弊社の場合、ブロック塀でも必要に応じてしっかりと構造計算を行った断面図を使用し、施工をしています。そうした安全性へのアプローチも、住宅メーカーだからできることのひとつといえるでしょう。

── 他にも住宅メーカーとして大切にしていることはありますか。

鷲見 植物が生きるのにもっともよい土壌である「表土」の保全ですね。1cmの表土ができるまでには100年以上もの時間が必要です。住宅の建替えの際、一般的には表土が捨てられるケースが多いのですが、土壌育成のために可能な限り表土は残したいですね。

── 都市部の住まいのエクステリアについてはいかがでしょうか。敷地面積に制約があることも多く、緑を取り入れることをあきらめている方もいらっしゃいます。

鷲見 たとえば、駐車スペースのコンクリートにスリットを入れて、そこに緑を植えるだけでもずいぶんと違います。また、駐車スペースやアプローチなどに透水性、保水性のある素材を使えば、雨水が浸透することで地下水の枯渇を軽減して環境保全になったり、水が蒸発するときの気化熱で温度を下げることができたりします。これも微気候デザインの応用です。

── 自然をうまく取り入れた快適なエクステリアは、環境保全にもつながりますね。本日はありがとうございました。

写真は、海外の一流ガーデンデザイナーたちと競い合った浜名湖花博ワールドコンペティションで、グランプリを受賞した鷲見さんデザインのエクステリア。禅の思想「和敬清寂」をキーワードに、「本来の自分に還る場所」「日本人の心の奥底」「日本の美しい景色」を表現している。

鷲見法泰 (すみ・のりやす)

ミサワホームのエクステリア部門を担当する、ウィズガーデン(株)設計建設部部長。2004年の浜名湖花博で開催された「ワールドガーデンコンペティション」に日本代表として参加、グランプリ(しずおかガーデン日本大賞)を受賞。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP