Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

周辺環境を把握し、家や家具を補強 いざという時のシミュレーションも忘れずに

あらためて考えたい「防災の日」

9月1日は「防災の日」です。防災の日を含めた一週間は「防災週間」であり、防災訓練や防災に関する啓蒙活動等が行われます。2011(平成23)年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)」はまだ記憶に新しいところ。未だに余震と思われる揺れがあるなか、「防災の日」の重要性はますます高まっています。今回は「防災の日」制定の背景を振り返りつつ、防災のポイントをご紹介しましょう。

きっかけは「関東大震災」と「伊勢湾台風」

防災の日の制定は、1960(昭和35)年6月11日の閣議で決定しました。9月1日という日付が、1923(大正12)年9月1日に発生した関東大震災にちなんでいることは有名ですね。ただ、1960年という年に制定された背景にはもうひとつ理由があります。前年の1959(昭和34)年9月26日に伊勢湾台風が上陸し、戦後最大の被害(全半壊・流失家屋15万3,893戸、死者4,700人、行方不明401人、負傷者3万8,917人)を出したのです。
9月1日頃は雑節の「二百十日」にあたります。「二百十日」とは立春から数えて210日目のことで、昔から台風が襲来する厄日とされてきました。それまで9月1日は関東大震災犠牲者の慰霊祭が中心だったそうですが、前年の台風被害の記憶と昔ながらの厄日のイメージが加わり、9月1日を災害全般に構える「防災の日」にしようと考えたのでしょう。

災害から身を守るためには??

とはいえ、一口に「防災」といっても、災害は多種多様。地震がもたらす被害にしても、時と場所により大きく違います。
例えば、関東大震災における最多の死因は火災によるもの。昼時の台所の火が、台風による強風で瞬く間に燃え広がったのです。一方、阪神・淡路大震災で最も多かったのが、家屋の倒壊や家具の転倒による圧死。東日本大震災はご存知の通り、津波による溺死です。
火事を防ぐなら、「地震が起きたら火を消す」を徹底すれば大分防げるでしょう。また、古い木造家屋より耐火性に優れた素材の家の方が安全ですね。家具の転倒や家屋の倒壊を防ぐなら、普段の耐震補強がものをいいます。津波から逃げるには、すばやい避難行動と適切な避難経路の把握が重要です。
防災のため普段からしておくべきこと、いざという時にすべきことは、人によって様々だと思います。これを機に、自分の置かれた状況を振り返り、効果的な「防災」について考えてみて下さい。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP