Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

子どものおねだりには勝てない!? 秋の収穫を祝う「中秋の名月」と「ハロウィン」

中秋の名月とハロウィンの意外な関連性

10月の季節の行事と言われて、何を思い浮かべますか? いろいろあると思いますが、「中秋の名月」や「ハロウィン」を挙げる人も多いのではないかと思います。片や日本古来の風流な祭事、片や近年定着した欧米由来のイベントと、まったく趣が違いますが、意外な類似点があるのをご存知ですか? そんな二つの行事の意外な関連性をご紹介します。

日本版ハロウィン!? 「お月見どろぼう」

日本に定着したハロウィンといえば、かぼちゃの飾り物をし、おばけの仮装をして、子どもたちが「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないと、いたずらするぞ)」と言いながら近所を回るというもの。
一方の中秋の名月といえば、ススキを飾り、お団子を備え、月を眺めるというものです。ところがこのお月見には、地方によって「お月見どろぼう」という風習が付随しているのです。
お月見泥棒とは、この日に限って、お供え物を近所の子どもが盗んでもよいとするもの。子どもたちは月の使者と考えられ、かえって縁起が良いとして歓迎されました。昔は、長い棒の先に釘や針金を付けてお団子を盗むので、わざわざ盗みやすい位置にお供えをしていたのだとか。今は、声をかけてお供えをもらうという形で残っているそうです。

中秋の名月のお月見もハロウィンも収穫祭としての側面が

そもそもハロウィンは古代ケルト人のお祭りで、秋の収穫祭であり、かつ悪霊を祓う宗教的な行事でした。
実は中秋の名月も、当初は上流社会が月を愛でながら宴を催す風雅な行事でしたが、庶民へ広がるうちに作物の収穫祭と結び付きました。
昔は月の満ち欠けによって月日を知り、農事を行っていたので、月は豊穣の象徴でした。中秋の名月のころは空が澄んで美しい月が眺められるとともに、芋類の収穫後にあたるため、芋をはじめとした畑作物の収穫祭としての側面が加わったようです。芋類をお供えする地方もあり、中秋の名月を別名「芋名月」と呼んだりもします。

近年とみに盛り上がりを見せるハロウィンですが、中には「元々日本には関係ない行事なのに」と違和感がある人もいるかもしれません。しかし、由来や日本の風習との意外な共通点に目を向ければ、あながち不思議なことではないのかもしれませんね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP