Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

クリスマスへのカウントダウン わくわく感を演出するアドベント行事

クリスマスの準備はいつから始める?

世間は徐々にクリスマスの準備へと動き出します。
まだ11月なのに気が早いと思う方も多いと思いますが、では、本来はいつからクリスマスの準備を始めるものなのでしょうか?
今回は、クリスマス(降誕日)を迎えるための準備期間「アドベント(待降節)」についてご紹介します。

1カ月以上続くクリスマスシーズン

ご存知の通り、クリスマスはキリスト教の開祖である、イエス・キリストの誕生(降誕)を祝う日です。キリスト教があまり浸透していない日本では、クリスマス当日やイブばかりが注目されがちですが、本来はクリスマスの前後にも様々な宗教行事があります。
「アドベント(Advent)」とは「出現、降臨」を意味し、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間、つまりはクリスマスの準備期間を意味します。厳密には宗派によって違いますが、日本語では「待降節」と表現されることが多いようです。
クリスマスの4回前の日曜日から始まり、クリスマスイブまで続きます。2017年は、12月2日が開始日(第一主日)です。
クリスマスの後には、1月6日頃に、東方の三博士によって幼子イエスが見いだされた(公に現れた)ことを祝う「公現祭」があります。
公現祭をクリスマスとして祝うところもあります。クリスマスから公現祭までを「降誕節」といい、待降節と降誕節をあわせた期間が、正式なクリスマスシーズンなのだそうです。

クリスマスが近づいてくるのを楽しみながら待てるアドベント

アドベントでは、クリスマスを指折り数えるような習慣があります。
代表的なものが「アドベントキャンドル」。4本のキャンドルを立て、日曜日ごとに1本ずつ火を灯し、クリスマスの訪れを待ちます。常緑樹の葉を丸くまとめて美しく装飾した「アドベントリース」や「アドベントクランツ」にキャンドルを立てることが多いようです。

週ごとでなく日ごとにクリスマスまでのカウントダウンをできるのが「アドベントカレンダー」。1日ごとに窓やポケットがついていて、その日の窓やポケットを開けるとお菓子や小さなプレゼントが入っています。

ドイツの伝統的な菓子パン「シュトレン」には、アドベントの間に少しずつスライスして食べるという習慣があります。時間が経ってクリスマスに近づくほど、ドライフルーツやナッツが生地になじんで、味に深みが出るのだそうです。
クリスマスを楽しく待つアドベントの行事を、今年は試してみませんか?

感性を育む子供部屋 -規則正しい生活環境-


家族と触れ合うリビングは、 感性を磨くに相応しい場所

成績優秀な子どもの多くは、「早寝早起きし、毎日朝食を食べている」、「毎日の宿題や予習復習をリビングで行い、子供部屋は遊んだり就寝用にしている」という共通点があることが最近の調査でわかってきました。どうやら学力アップの鍵は、学習方法のみならず、規則正しい生活環境にもあると言えそうです。家族とのコミュニケーションを図りながら、一緒に成長できるリビング、ダイニングのあり方を考えてみましょう。


リビングを勉強スペースに

家族の人数よりも少し大きめのダイニングテーブルを用意することで、食事以外の時間は、子どもが絵を描いたり、宿題に励む勉強スペースになります。学校に行っている間は、お母さんの家事スペースとして利用することもできます。 リビングの一角に勉強スペースを設ける場合は、家族の気配を感じつつ勉強に集中できるよう、パーティションなどで仕切るのも一つの方法です。完全に仕切ってしまうと部屋が狭く感じられるので、目線ほどの高さで仕切るのがよいでしょう。


対面キッチンで親子の会話の場に

子どもが小さいうちは、配膳台と一体になったカウンターやダイニングテーブルなどが、勉強スペースとしておすすめです。お母さんが家事をしている側で、安心して勉強することができ、今日学んだことを会話を通して復習することができます。


リビングに子どもの居場所をつくる

リビングに大きめの本棚や収納を設け、家族で共有するのもよいでしょう。リビングに自分の本やおもちゃがあることで、自然と居場所ができるものです。また、家族の物が一緒に並ぶことで、お互いが今何に興味を持っているかが分かり、話題が生まれるきっかけにもなります。


家族みんなが顔を合わせるセンターリビング

階段をリビングに取り込むことで、外出時も帰宅後も必ずリビングを通ることになり、自然に家族が顔を合わせることが多くなります。親も子どももお互いの気配を感じ、何をしているのか把握できるので安心です。また、来客の際は、お客様と顔を合わせることになるので、自然とあいさつが身に付くでしょう。家族以外の大人と触れ合うことも社会性を育てるのに有益です。 センターリビング設計は、玄関ホールからリビングへの廊下スペースが必要ない分、リビングや和室など、居室部分を広くでき、収納スペースも確保しやすくなるというメリットもあります。


朝日の入るダイニングで朝食を

一日が始まるダイニングは、朝日が入る場所であるのが理想です。朝、太陽の光を浴びることで、体内時計がリセットされ、朝食をしっかり摂ることで体温が上昇し、体のリズムが整います。朝食を食べるだけで成績が上がるとは言い切れませんが、朝食を食べる習慣があり、生活リズムがしっかりしている子どものほうが、勉強の習慣も身に付きやすいということではないでしょうか。

木目の勾配天井が落ち着きを生むリビング 平屋感覚で暮らすスキップフロアの住まい

[福井県 Sさま邸]

切妻の大屋根が風格を漂わせるSさま邸。玄関ドアを開けると天井高4mを超える美しい吹き抜けホールの伸びやかさに目を奪われます。

なるべく上下階の移動をすることなく平屋感覚で暮らせるよう、2階は子ども部屋だけにして、1階で生活が完結する間取りにされたSさま。

大空間のLDKは吹き抜けのリビングの勾配天井を木目柄にして温もりを感じる落ち着いた雰囲気に。

天井が高いため濃い色なのに圧迫感がなく、チーク材のフローリングと相まって上質のヴィンテージ感を醸し出しています。 夜、天井の間接照明をつけると、やわらかく拡散する灯りで美しい陰影が生まれ、ラグジュアリーな雰囲気でくつろげるそう。リビングから続く庭のテラスはお子さまの格好の遊び場で、向かいの土手の緑豊かな風景に心が和みます。

リビングの続きには大収納空間「蔵」を設け、その上が和室となっています。 「子どもの玩具は『蔵』にサッと片付けられますし、和室の畳でほっこりとくつろげるのもいいですね。 和室にいてもリビングの家族の様子がわかり、会話も交わせるから楽しくて」とSさま。空間が伸びやかなので、愛猫ものびのびと暮らしています。

共働きのご夫妻は家事が効率よくこなせるよう、キッチンから洗面所を通り抜けて玄関ホールへとつながる便利な回遊動線も実現。 「買い物の食料を回り道せずにキッチンに運べますし、キッチンと洗面・浴室、サンルームが隣接しているから洗濯もラクラク。サンルームに干せるので雨の日も安心です」と奥さまも大満足のご様子です。

子どもの成長に必要な住まいの環境AERA with Kids編集長江口 祐子

子どもが成長するために、親が大切にすべきこととは? そして必要な環境とは?
小学生の子どもを持つ親向けの育児誌「AERA with Kids」の編集長として、
専門家や子育てファミリーへの豊富な取材経験を持つ江口祐子さんにお話を伺った。

自己肯定感を育む大切さ

── 子どもの成長にとって大切なものとは何でしょうか。

江口 出してほめてあげることが大切です。そのような親の声かけは、子どもの自信や自己肯定感を育みます。どんなに学力があっても、自己肯定感がないと、何かにチャレンジする勇気が持てなかったり、どこかでつまずいたとき、立ち上がれなかったりすることが起こりがちです。

── 自己肯定感は、社会に出てからの力にもなりますね。

江口 ほめすぎの弊害を指摘する声もありますが、家庭のなかでは、ほめすぎるくらいほめてあげてもいいのではないかと思います。というのも、幼少期には点数や偏差値で測られることは少ないのですが、小学校に入学すると、とたんに「点数社会」になってしまいます。子ども自身も、つい隣の子と自分を点数で比べて、「自分はダメだ」と思ってしまうことが増えてくるからです。

── どんなことをほめてあげたらよいのでしょうか。

江口 たとえば、家庭でのお手伝い。お手伝いは、無条件にほめてあげられるよい機会です。学校のテストのように点数がついたりしませんからね。子どもにとっては、「自分はできるんだ」という自信をつける場となるだけでなく、親から「ありがとう」と感謝してもらうことで、自分の存在価値を感じる機会にもなります。

手伝いやすい環境をつくる

── お手伝いをさせたいけれど、なかなかうまくいかないという家庭もあるようです。

江口 お手伝いをするまでのハードルが高いと、子どもはお手伝いを面倒くさく感じてしまいます。たとえば、離れた部屋に持って行って片付けなければいけないとか、片付けるまでに手間がかかりそう、などですね。モノを片付けるお手伝いの場合なら、使ったモノをそのまますぐにしまえる場所に収納があったり、さっと簡単にしまえる収納が用意されていると、子どもは面倒くさがらずにお手伝いできます。また、室内の「動線」も重要なポイントです。テーブルの位置と家事スペースの関係がちょっと変わっただけでも、お手伝いがすごくやりやすくなったりします。

親子の程よい距離感を

── 住まいのちょっとした工夫が大きな差になるのですね。

江口 親密なコミュニケーションが必要な一方で、子どもの成長とともに、ある程度の距離感をつくってあげることも大切です。たとえば、最近の学習環境の定番のひとつに「リビング学習」というものがあります。リビングで親子が関わりながら勉強するというスタイルですね。親の目が届きやすいという利点がある一方で、子どもにとっては親に常に見られていることがストレスになってしまうこともあるようです。そんなときには、子どもがこもれるようなちょっとした基地のようなものをつくってあげるといいですね。完全な個室ではなく、壁に向かってテーブルを置いて、小さな本棚などでなんとなく視線を遮れるような、そんな場所でいいのです。

── 視線は遮るけれど、気配は感じられる、そんな距離感ですね。

江口 さらに成長すれば、いずれは個室を与えてひとりで勉強するというのもあるでしょう。

── 成長期に合わせて子どもの居場所を変えられる住まいなら、各時期の親子の距離感もつくりやすいですね。

江口 住まいについては居心地のよさも大切です。友だちや先生との関係など、子どもも大人同様にさまざまなストレスを抱えています。帰ったらホッとできる、そんな場所にしてあげたいですね。

── 安心して暮らせることも、子どもの成長には欠かせませんね。本日はありがとうございました。

江口祐子(えぐち・ゆうこ)

生活情報誌や一般書籍の編集を経て2009年より「AERA with Kids」編集部へ。教育専門家、小学生を持つ読者の取材を重ねる。2018年より編集長。中学1年生の女子の母。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP