Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

「ハレ」の食事としての麺類 そばもうどんも年末年始にふさわしい縁起物

年越しはそば派? うどん派?

年越しといえば「そば」ですが、そばよりも「うどん」に馴染みの深い地域や家庭では、年越しにうどんを食べるという人も多いそうですね。2009年正月からは、さぬきうどん振興協議会が「年越しそば」に対して「年明けうどん」を提唱しています。日本人に馴染みの深い麺類、「そば」と「うどん」について、歴史や特徴などをご紹介します。

昔の「そば」は麺類ではなかった

「そば」の原料である植物のソバは、縄文時代草創期の遺跡で発見されており、その頃から食されていたと考えられます。奈良時代には救荒作物として栽培が奨励されましたが、ソバは殻が固く、当時の日本は製粉技術が遅れていたため、あまり広まらなかったようです。食べ方も、粒のままお粥などにしていたと考えられています。ところが鎌倉時代になると、宋より伝来した石臼と製粉技術が広まり、そば粉を湯でこねて餅状にした「そばがき」や、そば粉を水で溶いて焼く「そば焼き」などが登場しました。やがて室町時代になると、そば粉と水をこねた生地をのばして細く切る、麺の「そば切り」が誕生したと推測されています。「そば切り」も、当初はせいろで蒸し、味噌ダレで食べるなど、現代の「そば」とは違っていました。生地に"つなぎ"を使うことで茹でるようになり、醤油ベースのそばつゆで食べるようになったのは、江戸時代中頃といわれています。

うどんもそばもキーになるのは製粉技術

うどんの原料は小麦ですが、古代日本では比較的簡単に粒のまま食べられる大麦の方がメジャーでした。うどんの原型を遣唐使が伝えた唐菓子(索餅、餛飩、餺飥など)に求める説がありますが、食していたのは貴族など一部の人達で、その形も現在のような長い麺ではなかったようです。鎌倉時代に製粉技術が進歩・普及した影響で、室町時代に麺のうどんが誕生・普及し、江戸時代中頃に醤油つゆで食べるようになったと考えられ、経緯がそばと似ていますね。そばもうどんも、原料を粉にする技術が必要で、手間もかかるので、主食である米の代用食という面とともに、特別な時に食べる「ハレ」の食事という面を持っていました。年末年始にそばやうどんを食べるのも、そのためと思われます。

「細く長く」か、「太く長く」か?

 年越しそばのいわれは、「そばのように細く長く、延命長寿」「そばは切れやすいので、一年の災厄を断ち切る」「金銀細工師がそば団子で散らかった金粉を集めたように、お金が集まる」等々、諸説あります。一方、うどんも「うどんのように太く長く」、健康長寿や家運長命のゲン担ぎとして食べられてきました。最近提唱された年明けうどんは、白いうどんに紅色(赤色)の具をトッピングし、おめでたい紅白にして縁起をかつぐものです。食べ方や具、タイミングなどは、千差万別で "正解"があるわけではありません。年越し・年明けは、自分らしくハレの麺類を楽しみたいですね。

感性を育む子供部屋 -親子で考える収納-


家族と触れ合うリビングは、 感性を磨くに相応しい場所

子どもの成長とともに衣類やおもちゃは増えていく一方です。そのことを前提に、子どもの成長に対応できる収納スペースを考えることが重要です。また、収納用品を揃えたからといって片付けができるとは限りません。楽しみながら進んで片付けができる方法を親子で考えてみましょう。リビングを遊び場や勉強スペースにしている場合は、お客様が来たらすぐに片付けるなどのルール作りも大切です。


子どもと一緒に成長できる収納スペース

子どもの持ち物は年々変化していくため、収納スペースは、初めから作りこんでしまわず、成長をとともにフレキシブルに対応できることが求められます。余裕をもってスペースを確保し、可動式の棚を取り入れることをおすすめします。上下の出し入れも簡単にできるため、率先して片付ける習慣が身に付きます。


デッドスペースを有効活用

部屋を見回すと、意外とデッドスペースがあるものです。ベッド下の収納や、天井に小さめのハンモックをつるしてぬいぐるみをのせたり、空いた空間に板を渡して棚を作るなど、デッドスペースもアイデア次第で収納スペースに生まれ変わるので、有効に活用しましょう。アイデアのある収納は、子どもも興味を持って取り組むことでしょう。


見せる収納

壁にディスプレイ棚を設け、お気に入りの本を飾りましょう。手が届きやすい位置にきれいに飾ることで、読みたい時にすぐ手に取りやすく、片付けも簡単です。おもちゃなどもディスプレイする場を作って、毎日定位置に戻し、それ以外は収納ボックスにポンポン入れていく癖をつけましょう。見せるものとしまうものの区別をはっきりさせることが大切です。

雑木林のような庭園を眺めて、ご夫婦で憩うリゾート感漂う平屋の落ち着きある邸宅

[茨城県 Tさま邸]

雑木林を再現した広大な庭園に抱かれて佇む平屋のTさま邸。なだらかに連なる寄棟の大屋根が樹木の緑と調和して、高原の別荘のような雰囲気を漂わせています。

「子どもたちが巣立って夫婦二人の暮らしなので、部屋数はいらないからLDKを思いきり広く取り、一日中庭の景色が楽しめるようにしたいと要望しました」とTさま。 板張りの折り上げ天井が落ち着きを生むリビングは、大開口のサッシから庭園が一望できる憩いの場。高さ3m以上の山採りの樹木を約200本も植えた起伏のある庭園は、落葉樹も多く、四季折々の風情が楽しめます。

初夏は新緑、秋は紅葉、冬は落葉した枝のシルエットが美しいそう。「ずっと眺めていても飽きることがありません。夜、ライトアップしたときの幻想的な風景も美しいですね」とTさま。

アイランドカウンターをセンターに配置したダイニングキッチンは、ご友人たちとのホームパーティにも活躍しそうです。LDKの外に広がるタイル床のテラスは、アウトドアのくつろぎスペース。深い軒に守られて夏も涼しく、雨に濡れることもありません。

「テラスでコーヒーを飲みながら、愛犬、愛猫と一緒に過ごす時間は至福のひとときですね。朝夕、庭の小径を散歩するのが日課になりましたが、疲れが取れて気分がすっきりとします」と奥さまも微笑みます。

「これから年月を経て樹木が成長し、本格的な雑木林の姿になっていくのを見守るのが楽しみです」と語るTさま。高原リゾートのような癒やしに満ちた暮らしを慈しむご夫婦の幸せな姿がここにありました。

ペットと暮らすということドッグライフカウンセラー三浦 健太

ペットとの暮らしは、家族にどんなものを与えてくれるのだろうか。
ドッグライフカウンセラーとして数多くの愛犬家と接してきた三浦健太さんに、
日本人ならではのペットとの関係を中心に、愛犬家の悩みなども合わせてうかがった。

愛犬が人に与えてくれるもの

── 犬・猫の飼育頭数がアメリカに次いで世界第2位という日本は、今やペット大国と呼んでも過言ではないと思います。そんな日本では、飼い主と愛犬の関係はどのようなものなのでしょうか。

三浦 昔は伴侶動物、つまりパートナーという存在でした。それが今では家族の一員という考え方が一般的です。パートナーとは、仕事をする存在です。たとえば番犬や猟犬などがわかりやすい例ですね。パートナーは役に立つかどうか、つまり必要か不要かを判断される立場です。欧米では、今もパートナーという位置付けが主流です。対して愛犬を家族と考える日本では、必要か不要かといった視点はありません。何もできなくてもかわいい存在ですし、むしろ出来の悪い子ほどかわいいと考える方もいらっしゃいます。

── 日本人のペットとの関係は世界から見ると少し特殊なのですね。

三浦 日本人は昔から自然を身近に感じ、自然と一体化することに長けています。動物は自然の一部。日本人の動物好きはそんな歴史が関係しているのかもしれません。

── 近年では、ご高齢の方が、心を癒してくれる存在として犬を飼うという話も聞かれます。

三浦 役に立つかどうかではなく、心の糧になることを重視する。こうした日本的なペットとの関係は、欧米でも増えつつあります。人という生き物は、モノが満ち足りてくると、次は心の豊かさを重視します。日本的なペットとの付き合い方は、今後ますます世界に広がっていくかもしれません。

── 心の糧となるだけでなく、愛犬との散歩が健康促進になるなど、愛犬はさまざまなものを与えてくれますね。

三浦 おっしゃる通りです。他にも、家族の絆が深まったというケースもありますね。犬は人間と違ってしゃべりません。そのため、犬の気持ちを汲み取ろうという姿勢が自然と促されるようになります。それが家族同士にも活かされて、親は自然と子どもの声をよく聞くようになり、様子に気を配るようになったりします。子どもにとっても同様で、相手のことをわかろうとする習慣が自然と身につくようになります。

── 子どもは成長とともに趣味や興味も変わり、親や祖父母と話題が合わなくなることがありますが、愛犬はいつまでも家族の共通の話題になりますね。

犬の一頭一頭に違う個性が

── 飼い方教室や講演会などを年間100回以上も行っているそうですが、愛犬家からはどのような質問が寄せられますか。

三浦 愛犬の無駄吠えを直すにはどうしたらいいかといった相談が多いですね。直すのは、実はそれほど難しいことではありません。直せないケースの多くは、犬の個性を理解していないことが原因です。たとえばバイクに乗った郵便屋さんが来ると吠えてしまう場合なら、郵便屋さんが怖くて吠えているのか、攻撃したくて吠えるのか、あるいは飼い主に伝えるためか、バイクが嫌いなのかなど、犬の個性によって吠える理由が違います。攻撃心が理由なら叱ることで直せますが、もしも怖くておびえているときに最愛の飼い主が叱ってしまったら、犬はどうしたらいいかわからなくなってしまいます。犬の個性を見極め、それに合わせて対処することが必要です。

── 昨今は大規模な自然災害も多く、ペットについてもしっかりと考えておきたいですね。

三浦 愛犬はかけがえのない存在ですからね。災害時に心の支えになったという声も聞きました。ですが、災害時の避難所は犬の受け入れができないケースも少なくありません。これから住まいをつくるなら、大きな地震があっても飼い主と一緒に暮らし続けられる強い家を建てて欲しいですね。

── 愛犬にとっても、一緒に暮らし続けられることは幸せですね。本日はありがとうございました。

三浦健太(みうら・けんた)

1950年東京都生まれ。ドッグライフカウンセラー。NPO法人ワンワンパーティクラブ代表。全国各地で愛犬家のためのイベントやしつけ教室、セミナーなどを開催する他、自治体などと協力しながら、マナー啓発やドッグランの設置、運営アドバイスなども実施。毎年春には、犬の正しい飼い方を書いた小冊子を制作し、保健所を通して全国100万人の飼い主に配布する活動を、20年にわたって続けている。著書に『心があったかくなる犬と飼い主の8つの物語』(アスコム刊)など。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP