Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

あなたはビターチョコ派? ミルクチョコ派?好みに合わせて選べる幸せ

甘いチョコレートの意外な歴史

2月14日はバレンタインデー。日本では、女性が男性に甘いチョコレートを贈る日とされています。もっとも、最近は友人同士でチョコレートを交換したり、自分で食べたりと、チョコレートを楽しむ日になっている感もありますね。ところでこのチョコレート、元々は苦い飲み物だったのをご存知ですか?苦い飲み物がどうして甘いお菓子になったのか、その歴史を探ります。

貴重で苦かったカカオ飲料

チョコレートは、現在のメキシコから中央アメリカに渡る地域で生まれました。かつてこの地域では、マヤ・アステカなど独自の高度な文明が繁栄しました。
アステカ王国では、カカオは儀式の供物・薬・交易品・貨幣・飲み物として等々、様々な場面で重要な役割を果たしていました。
このうち飲み物としてのカカオは、種子の中身をすりつぶし、苦みや脂肪分を和らげるためにトウモロコシ粉や唐辛子を加え、赤い色味をつけるためにベニノキなどを混ぜたもの。最後に水とあわせてかき混ぜ、泡立てたものを飲みました。
カカオは貴重品であったため、宴会などの特別な席で、特権階級しか飲むことができませんでした。ただし、戦闘意欲を高揚させるという理由から、戦士も飲むことが許されました。カカオに含まれるテオブロミンには、集中力や思考力のアップ、リラックス効果、カフェインと似た覚醒効果があるといわれています。現代も眠気覚ましや疲労回復を兼ねて、チョコレートを食べたりしますね。

技術の進歩が生んだ固形チョコレート

苦くて特別な飲み物だったカカオ飲料が、庶民にも手の届く甘い飲み物になったのは、16世紀にアステカ王国がスペインの植民地になってから。それまでのカカオはクリオロ種が主でしたが、スペイン征服後は生産量が多く比較的安価なフォラステロ種が広まりました。また、ヨーロッパ各国が中南米でサトウキビ栽培を始め、砂糖が料理や菓子に使われるようになり、さらにカリブ海諸島で大規模なプランテーションが始まりました。こうした影響で、甘くて熱い飲物としてのチョコレートが生まれたのです。
苦いにしろ甘いにしろ、チョコレートは長く飲み物として愛されてきました。しかし、脂肪分が多く濃厚なため、そのままで飲みにくいものでした。
ところが、19世紀にカカオ液から脂肪分を抽出する技術が確立し、脂肪分を減らして粉末にしたココアパウダーと、お湯と砂糖で、手軽に飲みやすいチョコレートを作れるようになりました。

さらに、お湯の代わりに抽出された脂肪分を加えると、常温では固体になり、口の中では体温で溶けることが発見されました。こうして固形のチョコレートが誕生し、飲み物のチョコレートはココアと呼ばれるようになったのです。
その後も様々な改良と工夫が加えられ、私たちは今のように、様々なチョコレートを楽しめるようになりました。

キッチンのお悩み解決 -暮らしのまん中にあるキッチン&ダイニング-


かつてのキッチンは、北側に配置するのが一般的でしたが、最近では、リビング、ダイニング、キッチンが一体化したLDKとして、奥まった場所から、家の中心に配置されることが多くなりました。最近のキッチンは、カラーバリエーションが豊富で、インテリア性の高いものが多いので、リビングともなじみ違和感がありません。キッチンをコミュニケーションの中心と考えると、空間のレイアウトも変わってきます。


リビングを見渡せる開放的なオープンキッチン

キッチンにおける、「狭い」「暗い」という不便さは、間取りの問題だけでなく、キッチンに立ったときの視覚的な狭さや、一人で調理をする孤独感、家族の様子を見渡せないことなども影響しています。そこで、ニーズが高まっているのが、リビング、ダイニングと一体化したオープンキッチンです。キッチンに「広さ」や「明るさ」を求めた結果、「自然と家族が集まるようになった」、「子どもが手伝いをしてくれるようになった」「家事に孤独感を感じなくなった」など、満足度が高くなることもうなずけます。


間仕切り壁を取り払いオープンな空間に

ダイニングとの間仕切り壁を取り払ってオープンにすることで、キッチンの面積は変わらないのに開放感を与えることできます。また、キッチンから食卓までの動線を短くすることで、配膳や後片付けがスピーディにでき、途中に壁や扉などの障害物が無くなるのでスムーズに移動できます。


自由に行き来できるサーキュレーションプラン

キッチンの両サイドからダイニングやリビングと行き来できるサーキュレーションプランです。アイランドタイプのキッチンは、シンクや調理台、あるいはコンロなどがダイニングの方向に独立しているため、二方向からアプローチでき動線を短くできます。


キッチンを中心にしたオープンなLDKプラン。①ユーティリティやアトリエとしてなど、様々に使えるマルチコーナーとバックヤードを設け、いつもスッキリした空間を保てるよう工夫しています。②バックヤードの引き戸を開放するとサーキュレーションプランになり、洗面室や浴室への行き来もスムーズ。家事効率アップだけでなく、コミュニケーションも深まります。


空間に広がりをもたせる明るく風通しのよいキッチン

明るく風通しのよいキッチンにするには、光と風を取り入れる窓を大きめに設けたいものです。キッチンでは収納を確保する必要があるので、どうしても窓は小さくなりがちですが、バックヤードなどを別に設けて収納部分を移動すると大きな窓を設けることができます。シンク前の吊り戸棚を側面の壁へ移動して窓を広げるだけでも光の差し込み方がずいぶん変わりオープンな空間を演出します。 北面に下屋がある場合は、屋根にトップライト(天窓)を設ける方法も。トップライトは壁に設けた同じ大きさの窓よりも3倍の採光が得られるといわれています。

住宅が密集している環境では、1階よりも採光や通風に優れている2階にLDKを持っていくのもひとつの方法です。建物の構造によっては、小屋裏部分を取り払って天井を高くすることで、一層の広がりと開放感が生まれます。同時に、浴室や洗面室などサニタリーも2階に設けると短い動線で家事全般をすませることができます。


家族構成や近隣環境の変化に伴い、通風・採光を考えて2階にLDKを移動したプラン。浴室などサニタリーも同一フロアに配置しています。①キッチンの外には生ゴミ置き場として重宝するサービスバルコニーを設置。在宅していることが多い親世帯の居室も2階に設け、②ホームエレベーターを採用することで上下階の行き来をラクにしています。


間仕切り壁を工夫して光を入れる

完全なオープンスタイルではなく、独立性を保ちつつ、キッチンの明るさを確保するには、ダイニングやリビングとの間仕切り壁の上部を少し開けてセミクローズドの空間にするなどの方法もあります。隣室からの光と風が入り、天井部分に空きができたことで開放感も高まります。


色の視覚効果でキッチンに広がりを

キッチンを明るくするには、壁や天井、床の色を、白やベージュといった広がりを感じさせる「膨張色」、あるいは青や緑など空間を広く見せる「後退色」を選ぶなど、色づかいを工夫するのも効果的です。

広いテラスをコの字で囲む二世帯住宅 吹き抜け天井が醸す開放感、色遣いも楽しい

[岡山県 Oさま邸]

お子さまが巣立たれた後にOさまご夫妻が新たに建てられたのは、ご両親と快適に同居できる二世帯住宅。建物はテラスを囲むコの字型のレイアウトにし、広いLDKを挟んで左右にご両親の部屋とご夫妻の寝室を振り分け、お互いのプライバシーを確保しています。

美しい花壇を眺めながらアプローチを歩き、玄関ホールに入ると、まず大理石タイルの大壁が映える吹き抜け空間に圧倒されます。続くリビングは最高4mのゆるやかな勾配天井に2つのシーリングファンがゆったりと回転し、まるで南国のホテルのよう。連なるハイサイドライトから光が明るく降り注ぎ、大胆なデザインクロスや板張りの化粧天井がリゾートムードを醸し出しています。

インテリア雑貨がお好きな奥さまは、ペリカンの置物やミミズクの絵画などカラフルな調度品を飾ってギャラリーのように楽しまれています。「ハンギングチェアに揺られながら、リビングを眺めている時間が好きですね」と奥さまはにっこり。

リビングはアールの大開口でダイニングとつながり、その上のロフトへも視線が抜けるから開放感もひとしお。全館空調システムを採用しているので、どこにいても温度差が少なく、夏も冬も快適に過ごせます。

リビングの外に広がるテラスは青空の下の団らんスペース。道路からの視線を気にせずに大らかに過ごせ、愛犬も走り回れて大喜びです。

「子どもたちや孫を呼び寄せてテラスでバーベキューをするのが楽しみです。四世代の家族が集い、和気あいあいと過ごせる理想の家になりました」とOさまの笑顔が弾けました。

観測隊員の命と活動を守る木質パネルの高い断熱性ミサワホーム技術部秋元 茂

南極観測活動の拠点であると同時に、隊員たちの住まいでもある昭和基地。
極寒の地では、建物は隊員の命を守るシェルターの役割も果たす。
強固な建物の構造体に採用されているのは、断熱性に優れた木質パネルだ。

基地機能の拠点である「管理棟」。食堂や医療施設なども備える昭和基地最大の建物だ。

 吐いた息が一瞬で氷と化し、露出した肌は凍傷の危機にさらされる──。昭和基地の夏は平均気温がマイナス1℃、冬は平均マイナス20℃。そんな過酷な自然環境にもっとも適している建物建設に採用されたのは、木質パネル工法だ。

 国立極地研究所に出向し、南極地域観測隊に参加した経験を持つ秋元茂元隊員は、その特長について次のように語る。

 「木という素材は、非常に優れた断熱性を備えています。断熱性とは、いわば熱の伝わり方のこと。たとえば鉄は、温めたり冷やしたりすると、触ったときに熱かったり冷たかったりしますね。これは熱を伝えやすい、つまりあまり断熱ができていないことを意味します。木を1とすると、鉄は525倍も熱を伝えやすく、コンクリートでも木の10倍もの熱伝導率がありますから、南極には木が適しているのです」

※ 正式名称は、大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所です。

現地では既存建物のメンテナンスも大切な仕事だ。

 極寒の地でありながら、室温が20℃前後に保たれているという昭和基地。このことからも、木質パネルの断熱性がいかに優れているかが理解できるだろう。

 高い断熱性に加え、南極では強固な構造体も不可欠だ。「隊員が暮らす居住棟は、秒速60mのブリザードが発生すると、風向きによっては56tもの力が加わる計算になります。しかもそれは一瞬ではありません。ブリザードは通り過ぎるまでに3日から4日はかかります。その間ずっと建物に力が加わり続けるわけですから、とてつもなく強靭な構造体が必要になるのです」

現在の居住等。室温は約20℃に保たれ、南極にいると思えないほど快適だ。

 それを実現しているのが、木質パネルによる「モノコック構造」だ。ジェット機などでも採用されているこの一体構造は、どの方向から荷重がかかっても建物全体で分散して受け止めるため、部分的なひずみやくるいが生じにくく、構造体の強さを最大限に発揮できることが特長である。

 南極の厳しい自然から隊員の命を守る強固な構造体は、地震や台風の多い日本の安心な住まいづくりにもしっかり活かされている。

南極の自然環境

陸地の97%以上が厚い氷に覆われている南極大陸。その広さは、日本の国土の約37倍にあたる約1,388万k㎡。昭和基地は比較的温暖な地域にあるが、それでも厳冬期の最低気温はマイナス45℃を下回るという過酷さだ。1年の1/3は風速15m/秒以上の風が吹き、風速60m/秒のブリザードが何日も続くこともある。

ブリザードでは自分の指先も見えないほどのホワイトアウトに。

命を守る木質パネルとモノコック構造

隊員が暮らす居住棟は過酷な環境下では命を守るシェルターとなる。

優れた断熱性と気密性を備えた木質パネルと強靭なモノコック構造が、ブリザードが吹き荒れる極寒の地で隊員の命を守り、快適な室内環境を提供する。

M I S A W A a d v a n t a g e

住まいの未来基準「センチュリーモノコック」

南極で培った技術が、「大開口×高断熱」「大空間×高耐震」という矛盾する技術を両立させ、高快適な住まいをつくる新構法へと発展。木質パネルは従来の厚さ90㎜に加え、南極と同じ120㎜厚もラインアップ。強さと快適さを併せ持つ未来基準の構法だ。

秋元 茂(あきもと・しげる)

1967年、神奈川県逗子市生まれ。現在、ミサワホーム技術部。南極関連業務として1997年からミサワホームが供給する建物の設計・部材製作等に従事。2009年「第51次日本南極地域観測隊・越冬隊隊員」として参加。設営部門・建築担当として自然エネルギー棟の建築工事に携わり、技術的な指導なども行った。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP