Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

あなたはビターチョコ派? ミルクチョコ派?好みに合わせて選べる幸せ

甘いチョコレートの意外な歴史

2月14日はバレンタインデー。日本では、女性が男性に甘いチョコレートを贈る日とされています。もっとも、最近は友人同士でチョコレートを交換したり、自分で食べたりと、チョコレートを楽しむ日になっている感もありますね。ところでこのチョコレート、元々は苦い飲み物だったのをご存知ですか?苦い飲み物がどうして甘いお菓子になったのか、その歴史を探ります。

貴重で苦かったカカオ飲料

チョコレートは、現在のメキシコから中央アメリカに渡る地域で生まれました。かつてこの地域では、マヤ・アステカなど独自の高度な文明が繁栄しました。
アステカ王国では、カカオは儀式の供物・薬・交易品・貨幣・飲み物として等々、様々な場面で重要な役割を果たしていました。
このうち飲み物としてのカカオは、種子の中身をすりつぶし、苦みや脂肪分を和らげるためにトウモロコシ粉や唐辛子を加え、赤い色味をつけるためにベニノキなどを混ぜたもの。最後に水とあわせてかき混ぜ、泡立てたものを飲みました。
カカオは貴重品であったため、宴会などの特別な席で、特権階級しか飲むことができませんでした。ただし、戦闘意欲を高揚させるという理由から、戦士も飲むことが許されました。カカオに含まれるテオブロミンには、集中力や思考力のアップ、リラックス効果、カフェインと似た覚醒効果があるといわれています。現代も眠気覚ましや疲労回復を兼ねて、チョコレートを食べたりしますね。

技術の進歩が生んだ固形チョコレート

苦くて特別な飲み物だったカカオ飲料が、庶民にも手の届く甘い飲み物になったのは、16世紀にアステカ王国がスペインの植民地になってから。それまでのカカオはクリオロ種が主でしたが、スペイン征服後は生産量が多く比較的安価なフォラステロ種が広まりました。また、ヨーロッパ各国が中南米でサトウキビ栽培を始め、砂糖が料理や菓子に使われるようになり、さらにカリブ海諸島で大規模なプランテーションが始まりました。こうした影響で、甘くて熱い飲物としてのチョコレートが生まれたのです。
苦いにしろ甘いにしろ、チョコレートは長く飲み物として愛されてきました。しかし、脂肪分が多く濃厚なため、そのままで飲みにくいものでした。
ところが、19世紀にカカオ液から脂肪分を抽出する技術が確立し、脂肪分を減らして粉末にしたココアパウダーと、お湯と砂糖で、手軽に飲みやすいチョコレートを作れるようになりました。

さらに、お湯の代わりに抽出された脂肪分を加えると、常温では固体になり、口の中では体温で溶けることが発見されました。こうして固形のチョコレートが誕生し、飲み物のチョコレートはココアと呼ばれるようになったのです。
その後も様々な改良と工夫が加えられ、私たちは今のように、様々なチョコレートを楽しめるようになりました。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP