Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

暖かくなったからといって油断は禁物。
生活リズムを整えて、環境変化に負けない体に!

待ちに待った温かい春!実は意外としんどい季節?

 最近は日も長くなって温かくなり、春の到来を感じますね。桜など様々な花も咲き、出かけたくなる季節です。また4月は新年度の始まりでもあり、新しい環境に馴染むためにも、よりアクティブに行動したいところ。ところが実際は、この時期になると「何となくだるい」「頭がぼーっとする」という人も多いのではないでしょうか? そんな春の不調について、原因と対策を探ります。

急な気温の変化にご用心!体には想像以上の負担

 昔から季節の変わり目は体調を崩しやすいといいますが、最近では夏バテならぬ「春バテ」という言葉も聞かれるほど。春の体調不良の原因はいろいろとありますが、まず大きいのが"寒暖差"。暖かい日と寒い日が交互に来たり、一日の中でも、日中はぽかぽか陽気なのに、夜はぐっと冷え込んだりします。
 外界の環境が変動しても、体の状態を一定に保とうとする恒常性が人間の体にはあり、自律神経やホルモンなどがその調整を担っています。気温の変化に対しても、体温を一定に保つために血流の調整など様々な反応が起こります。それは無意識に行われることですが、エネルギーを消費します。よって、激しい気温変化に対応していると、エネルギーの消耗も激しくなり、特に何をしたつもりがなくても、体が疲れた状態になるのです。
 寒暖差による疲労を予防するには、衣類による体温調節が一番です。特に春は暖かくなったと思って薄着をしがち。面倒でも、ストールや上着などを1枚持ち歩き、寒くなったらすぐにはおるようにしましょう。

リラックスタイムで心身をリセット

 春は寒暖差も大きいですが、低気圧と高気圧が交互に日本付近を通過するため、気圧の変動も激しい季節です。気圧は気温に並び、体に影響を与える大きな要因です。気圧が変動すると、耳の奥にある内耳が察知し、その情報を脳へと伝達します。そして自律神経が体内を調整するのですが、時に反応が過剰になり、めまいや耳鳴り、頭痛や関節痛などの症状を引き起こすことがあります。  そもそも自律神経は、絶えず外界の刺激に影響を受けるものですが、それによって体調を崩すのは避けたいところ。多少の気圧変動にはふり回されないように、普段から自律神経を整える生活習慣を心がけましょう。

 具体的には、規則正しい生活、バランスの良い食事、適度な運動など、健康的な生活の基本を押さえること。特に、しっかり休息をとることは大切です。
 心身をリラックスさせるには、シャワーよりも入浴が効果的。38~40℃のお湯に炭酸ガス入りの入浴剤を入れ、10~20分間ほどの入浴を週5日以上続けましょう。もし時間がなければ、目元を約40℃の蒸しタオルや蒸気を伴うアイマスクで温めると、短時間でリラックスできます。

家事の時間を短縮するキッチンレイアウト


家事のうち、キッチンでの作業は非常に大きな割合を占めています。作業動線を見直すことで、作業効率がアップし、家事にかかる時間を大幅に短縮できます。また、調理のほか、掃除にも時間をとられがちなキッチンでは、お手入れのしやすい設備、素材が役立ちます。


作業動線を見直しキッチンのストレスを軽減

まず、作業動線を見直すことから始めましょう。使いやすいキッチンを考える際、必ず耳にするのが「動線」という言葉。「動線」とは、作業の動作を示す線のこと。この線が短いほど無駄な動きがなくなるので、ストレスの少ない、使いやすいキッチンになります。
一般的に、冷蔵庫、シンク、加熱調理機を結ぶ3辺の総和が510cm程度になるのが理想とされています。

●キッチンの種類

対面型

使いやすく、家族との会話がしやすい、手伝いもしやすい、という理由から人気なのが、対面型のキッチン。大きさの目安は、間口2250〜2700mm、奥行き900mmから。幅900mmのタイプは、14〜16畳のLDKでも設置可能です。

I型

シンク、加熱調理機、ワークトップが一列に並ぶもっとも基本的なキッチンレイアウト。シンプルでデッドスペースがないのが特徴。1500mm程度の間口から設置が可能。

L型

シンク・調理台・加熱機器をL型に並べたキッチン。コーナーにあるので動きを短くできる。間口1650mm×1650mmから設置可能。

アイランド型

キッチンセットが壁のどの面にも接しない独立した島(アイランド)のようなタイプ。

ペニンシュラ型

ユニットのサイド部分が部屋に突き出ていたり、ワークトップの一部が突き出ていていることから、半島(ペニンシュラ)と呼ばれる。

●自分に合ったサイズ選び

作業動線と合わせて考えたいのが、キッチンが身体に合ったサイズであるかどうか。大きすぎたり、背が高すぎたりするキッチンでは、使い勝手が悪いだけでなく、作業動線が長くなる原因に。既製品のキッチンは、シンクもコンロも作業台も同じ高さのものが多いので、自分に適した高さに見直したいものです。

●ポケット付き引出し収納

シンク下から引き出すと斜めに倒れるポケット付き引出し収納は、小さな力でもスムーズに開き、中に何があるかひと目でわかります。パッと取り出しやすく、しまいやすいので、無駄な動きがなくなります。


最新設備で作業しやすくお手入れしやすいキッチン

キッチンの掃除は、排水口、カウンターの汚れ、シンクとの継ぎ目のカビ、コンロやキッチン壁、換気扇の油汚れと多岐に渡り、意外と時間がかかるものです。キッチンは設備機器や素材の選び方しだいで掃除にかかる時間に差が出るので、賢く選んで掃除時間を大幅に短縮させましょう。

●手をかざすだけのタッチレス水栓

料理から後片付けにかけて、水を出したり止めたりの動作は何十回と繰り替えされています。レバーに触れずに操作できるセンサー付きの水栓なら、作業の中断も少なく、水の無駄づかいが減るので省エネ効果も。今ある水栓金具にフットスイッチを取り付け、足で操作するタイプもあります。

●お手入れしやすいワークトップ

キッチンの作業台、ワークトップの素材として一般的なのが、ステンレスと人造大理石です。ステンレスは汚れや熱・水に強く、汚れがキレイに落とせます。見た目の高級感から人気の高い人造大理石は、キズ・汚れに強く、耐久性も優れています。

●シンプルな形状のコンロ&IHクッキングヒーター

表面に凹凸がないIHクッキングヒーターなら、サッと拭くだけできれいになります。ガスコンロにも五徳をなくし、トッププレートがガラスで拭き掃除がしやすいタイプのものがあります。

●時間とコスト削減の食洗機

冬場の洗い物は、水が冷たく、手が痛い・切れるなど悩みの種でもあります。食洗機を利用することで、その様な悩みから開放されるだけでなく、普段何気なく使っている水道代も節約が可能に。また、高温洗浄による殺菌や自由な時間の確保が出来るようになることも見逃せません。

●フィルターレスの換気扇

今や換気扇はフィルターレスの時代。拭くだけできれいになるので、お手入れが格段にラクになります。オイルトレーの油や水分を捨てるだけでお手入れ終了です。

キッチンは設備や素材選びで、後片付けや掃除の手間が大きく変わる場所なので、小さな工夫で大きな効果を得ることができます。

愛車を眺めてくつろぎ、趣味の時間を満喫 バイクを愛するご夫婦のガレージハウス

[東京都 Nさま邸]

子どもの頃から車やバイクが大好きだったというNさま。ご夫婦ともに大型バイクを愛するライダーで、夏にはお二人で北海道をツーリングするのが恒例だそう。そんなNさまが建てられたのは、黒い板張り調の外壁に赤い鉄扉のガレージシャッターが鮮やかに映えるガレージハウス。

玄関ホールに入ると、正面の窓からもガレージの愛車が目に入ります。「夫婦だけの暮らしなので、部屋数はいらないから、1階はすべてガレージにしました」と語ります。自動車とバイク3台が収容できるガレージは、趣味を楽しみ、ご友人と語らうNさまの〝秘密基地〞。

床はコンクリートにホワイトの塗装を施して、汚れが取れやすく、タイヤ痕がつきにくい仕上げに。愛車が美しく見えるよう、照明の角度や位置にも配慮しています。手作り感のあるインテリアも見どころです。下地合板の木片模様を生かした壁にネオン管やサインプレートを飾って、アメリカンな雰囲気に演出。

一角にバーカウンターをしつらえ、飾り棚にはミニカーなどのコレクションをディスプレイされています。「仕事から帰宅後、バーカウンターでジャズを聴きながらブランデーを飲んでいると、心が解放されます」とNさま。休日にはバイク仲間が集まり、裏庭の芝生でバーベキューを楽しむことも多いそうです。

勾配天井の伸びやかな2階リビング。

「ここで愛車のメンテナンスをしたり、趣味の陶芸アクセサリーづくりを楽しんだり。好きなモノに囲まれて、自分の時間を満喫できるのは最高の贅沢ですね。思い描いていた憧れの暮らしが実現できました」とNさまの笑顔が弾けました。

トイレもブルックリン風に演出。

「小屋KURA」にギターやフィギュアのコレクションを収納。

極地の技術が日本で進化「蔵」のある基本観測棟ミサワホーム技術部福田 真人

創立から50年以上、数々の「今までにないもの」を送り出してきたミサワホーム。「基本観測棟」の12角形という斬新なフォルムもそんな挑戦から生まれた。2016年にスタートした現地での建設は、完成まであとわずかとなっている。

建設中の基本観測棟とオーロラ。オーロラ観測は、基地開設以来、継続して行われている。

南極での基本観測棟の建設にも携わった福田真人元隊員は、高床式12角形というフォルムには機能的な裏付けがあると語る。「風の流れをきれいに整え、効率よく雪を吹き飛ばすための形状です。本来の理想は球形ですが、施工のしやすさ、設備や家具の配置なども考慮し、風洞実験の結果と合わせ、12角形が最適であると判断したのです」基本観測棟は、建物の内部にも斬新な発想が活かされている。「観測体制が将来的に変化することを見据え、それに伴う間取りの変更が自由にできる構造です。そのため、外壁と床、真ん中の4本の柱以外は、どの壁を取り払っても構造体の強度が維持できるようになっています」現状では、各研究分野の観測方法の違いに合わせ、広さや天井の高さが異なるいくつもの部屋が用意されている。

南極では雪かきも大事なメンテナンス作業のひとつ。

「気象隊員がバルーンを膨らませる放球室は、4mの天井高が必要です。一方、オゾンの観測をする部屋は、天井高が1.7m以下でなければなりません。天井高の違う部屋をつくるとデッドスペースが生まれますが、そこを大収納空間『蔵』にして観測資材の保管などに活用します。さまざまな天井高の部屋がありながら、風速60m/秒の強風に耐えられる強固な建物を実現できるのは、木質パネルならではですね」実はミサワホームでは、30年以上も前に、間取り変更が容易な8角形の住まいを発売している。新しい技術は一朝一夕で生まれるものではなく、積み上げられてきた挑戦の歴史の上に成し遂げられるもの。基本観測棟は、そんなミサワホームの姿勢があるからこそ誕生したといえるだろう。

基本観測棟

これまで別々になっていた「気象棟」「地学棟」「電離層棟」「環境科学棟」の4つの研究棟をひとつに統合する「基本観測棟」。高床式で12角形という斬新な建物フォルムは、ブリザードの雪でも埋もれないことを狙ったものだ。将来の研究スタイルの変化を見据え、間取りが自由に変更できるようになっている。

8角形の住まいセンチュリーA8

ミサワホームが1985年に発表した、従来の常識を覆す8角形フォルムの住まい。RC構造の架台を利用した高床設計とし、ライフスタイルの変化に応じて間取りを自由に変えられるワンフロア40畳以上の可変空間となっている。画期的かつ斬新な発想は30年後の基本観測棟の源流といえる。

M I S A W A a d v a n t a g e

ミサワホームの「蔵」

基本観測棟でも採用された大収納空間「蔵」には、抜群の収納力の他に、変化に富んだ空間づくりができるメリットがある。進化を続ける「蔵」はスキップフロアで家族のほどよい距離感を生み出すなど、新しいライフスタイルを提案。さらには非常時に備える備蓄スペースにも役立つなど、日本の住まいに貢献し続けている。
※「蔵」は居室としての使用はできません。

福田 真人(ふくだ・まさと)

1979年、神奈川県横浜市生まれ。現在、ミサワホーム技術部。2015年12月から2017年3月まで、「第57次日本南極地域観測隊・越冬隊隊員(建築土木部門)」として、昭和基地に1年4カ月滞在。自然エネルギー棟のメンテナンス、基本観測棟の新築工事、情報処理棟・光学観測棟のリフォーム工事などを担当した。「南極クラス」の講師も兼任。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP