Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

極地の技術が日本で進化「蔵」のある基本観測棟ミサワホーム技術部福田 真人

創立から50年以上、数々の「今までにないもの」を送り出してきたミサワホーム。「基本観測棟」の12角形という斬新なフォルムもそんな挑戦から生まれた。2016年にスタートした現地での建設は、完成まであとわずかとなっている。

建設中の基本観測棟とオーロラ。オーロラ観測は、基地開設以来、継続して行われている。

南極での基本観測棟の建設にも携わった福田真人元隊員は、高床式12角形というフォルムには機能的な裏付けがあると語る。「風の流れをきれいに整え、効率よく雪を吹き飛ばすための形状です。本来の理想は球形ですが、施工のしやすさ、設備や家具の配置なども考慮し、風洞実験の結果と合わせ、12角形が最適であると判断したのです」基本観測棟は、建物の内部にも斬新な発想が活かされている。「観測体制が将来的に変化することを見据え、それに伴う間取りの変更が自由にできる構造です。そのため、外壁と床、真ん中の4本の柱以外は、どの壁を取り払っても構造体の強度が維持できるようになっています」現状では、各研究分野の観測方法の違いに合わせ、広さや天井の高さが異なるいくつもの部屋が用意されている。

南極では雪かきも大事なメンテナンス作業のひとつ。

「気象隊員がバルーンを膨らませる放球室は、4mの天井高が必要です。一方、オゾンの観測をする部屋は、天井高が1.7m以下でなければなりません。天井高の違う部屋をつくるとデッドスペースが生まれますが、そこを大収納空間『蔵』にして観測資材の保管などに活用します。さまざまな天井高の部屋がありながら、風速60m/秒の強風に耐えられる強固な建物を実現できるのは、木質パネルならではですね」実はミサワホームでは、30年以上も前に、間取り変更が容易な8角形の住まいを発売している。新しい技術は一朝一夕で生まれるものではなく、積み上げられてきた挑戦の歴史の上に成し遂げられるもの。基本観測棟は、そんなミサワホームの姿勢があるからこそ誕生したといえるだろう。

基本観測棟

これまで別々になっていた「気象棟」「地学棟」「電離層棟」「環境科学棟」の4つの研究棟をひとつに統合する「基本観測棟」。高床式で12角形という斬新な建物フォルムは、ブリザードの雪でも埋もれないことを狙ったものだ。将来の研究スタイルの変化を見据え、間取りが自由に変更できるようになっている。

8角形の住まいセンチュリーA8

ミサワホームが1985年に発表した、従来の常識を覆す8角形フォルムの住まい。RC構造の架台を利用した高床設計とし、ライフスタイルの変化に応じて間取りを自由に変えられるワンフロア40畳以上の可変空間となっている。画期的かつ斬新な発想は30年後の基本観測棟の源流といえる。

M I S A W A a d v a n t a g e

ミサワホームの「蔵」

基本観測棟でも採用された大収納空間「蔵」には、抜群の収納力の他に、変化に富んだ空間づくりができるメリットがある。進化を続ける「蔵」はスキップフロアで家族のほどよい距離感を生み出すなど、新しいライフスタイルを提案。さらには非常時に備える備蓄スペースにも役立つなど、日本の住まいに貢献し続けている。
※「蔵」は居室としての使用はできません。

福田 真人(ふくだ・まさと)

1979年、神奈川県横浜市生まれ。現在、ミサワホーム技術部。2015年12月から2017年3月まで、「第57次日本南極地域観測隊・越冬隊隊員(建築土木部門)」として、昭和基地に1年4カ月滞在。自然エネルギー棟のメンテナンス、基本観測棟の新築工事、情報処理棟・光学観測棟のリフォーム工事などを担当した。「南極クラス」の講師も兼任。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP