Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

家事の時間を短縮するキッチンレイアウト


家事のうち、キッチンでの作業は非常に大きな割合を占めています。作業動線を見直すことで、作業効率がアップし、家事にかかる時間を大幅に短縮できます。また、調理のほか、掃除にも時間をとられがちなキッチンでは、お手入れのしやすい設備、素材が役立ちます。


作業動線を見直しキッチンのストレスを軽減

まず、作業動線を見直すことから始めましょう。使いやすいキッチンを考える際、必ず耳にするのが「動線」という言葉。「動線」とは、作業の動作を示す線のこと。この線が短いほど無駄な動きがなくなるので、ストレスの少ない、使いやすいキッチンになります。
一般的に、冷蔵庫、シンク、加熱調理機を結ぶ3辺の総和が510cm程度になるのが理想とされています。

●キッチンの種類

対面型

使いやすく、家族との会話がしやすい、手伝いもしやすい、という理由から人気なのが、対面型のキッチン。大きさの目安は、間口2250〜2700mm、奥行き900mmから。幅900mmのタイプは、14〜16畳のLDKでも設置可能です。

I型

シンク、加熱調理機、ワークトップが一列に並ぶもっとも基本的なキッチンレイアウト。シンプルでデッドスペースがないのが特徴。1500mm程度の間口から設置が可能。

L型

シンク・調理台・加熱機器をL型に並べたキッチン。コーナーにあるので動きを短くできる。間口1650mm×1650mmから設置可能。

アイランド型

キッチンセットが壁のどの面にも接しない独立した島(アイランド)のようなタイプ。

ペニンシュラ型

ユニットのサイド部分が部屋に突き出ていたり、ワークトップの一部が突き出ていていることから、半島(ペニンシュラ)と呼ばれる。

●自分に合ったサイズ選び

作業動線と合わせて考えたいのが、キッチンが身体に合ったサイズであるかどうか。大きすぎたり、背が高すぎたりするキッチンでは、使い勝手が悪いだけでなく、作業動線が長くなる原因に。既製品のキッチンは、シンクもコンロも作業台も同じ高さのものが多いので、自分に適した高さに見直したいものです。

●ポケット付き引出し収納

シンク下から引き出すと斜めに倒れるポケット付き引出し収納は、小さな力でもスムーズに開き、中に何があるかひと目でわかります。パッと取り出しやすく、しまいやすいので、無駄な動きがなくなります。


最新設備で作業しやすくお手入れしやすいキッチン

キッチンの掃除は、排水口、カウンターの汚れ、シンクとの継ぎ目のカビ、コンロやキッチン壁、換気扇の油汚れと多岐に渡り、意外と時間がかかるものです。キッチンは設備機器や素材の選び方しだいで掃除にかかる時間に差が出るので、賢く選んで掃除時間を大幅に短縮させましょう。

●手をかざすだけのタッチレス水栓

料理から後片付けにかけて、水を出したり止めたりの動作は何十回と繰り替えされています。レバーに触れずに操作できるセンサー付きの水栓なら、作業の中断も少なく、水の無駄づかいが減るので省エネ効果も。今ある水栓金具にフットスイッチを取り付け、足で操作するタイプもあります。

●お手入れしやすいワークトップ

キッチンの作業台、ワークトップの素材として一般的なのが、ステンレスと人造大理石です。ステンレスは汚れや熱・水に強く、汚れがキレイに落とせます。見た目の高級感から人気の高い人造大理石は、キズ・汚れに強く、耐久性も優れています。

●シンプルな形状のコンロ&IHクッキングヒーター

表面に凹凸がないIHクッキングヒーターなら、サッと拭くだけできれいになります。ガスコンロにも五徳をなくし、トッププレートがガラスで拭き掃除がしやすいタイプのものがあります。

●時間とコスト削減の食洗機

冬場の洗い物は、水が冷たく、手が痛い・切れるなど悩みの種でもあります。食洗機を利用することで、その様な悩みから開放されるだけでなく、普段何気なく使っている水道代も節約が可能に。また、高温洗浄による殺菌や自由な時間の確保が出来るようになることも見逃せません。

●フィルターレスの換気扇

今や換気扇はフィルターレスの時代。拭くだけできれいになるので、お手入れが格段にラクになります。オイルトレーの油や水分を捨てるだけでお手入れ終了です。

キッチンは設備や素材選びで、後片付けや掃除の手間が大きく変わる場所なので、小さな工夫で大きな効果を得ることができます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP