Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

暖かくなったからといって油断は禁物。
生活リズムを整えて、環境変化に負けない体に!

待ちに待った温かい春!実は意外としんどい季節?

 最近は日も長くなって温かくなり、春の到来を感じますね。桜など様々な花も咲き、出かけたくなる季節です。また4月は新年度の始まりでもあり、新しい環境に馴染むためにも、よりアクティブに行動したいところ。ところが実際は、この時期になると「何となくだるい」「頭がぼーっとする」という人も多いのではないでしょうか? そんな春の不調について、原因と対策を探ります。

急な気温の変化にご用心!体には想像以上の負担

 昔から季節の変わり目は体調を崩しやすいといいますが、最近では夏バテならぬ「春バテ」という言葉も聞かれるほど。春の体調不良の原因はいろいろとありますが、まず大きいのが"寒暖差"。暖かい日と寒い日が交互に来たり、一日の中でも、日中はぽかぽか陽気なのに、夜はぐっと冷え込んだりします。
 外界の環境が変動しても、体の状態を一定に保とうとする恒常性が人間の体にはあり、自律神経やホルモンなどがその調整を担っています。気温の変化に対しても、体温を一定に保つために血流の調整など様々な反応が起こります。それは無意識に行われることですが、エネルギーを消費します。よって、激しい気温変化に対応していると、エネルギーの消耗も激しくなり、特に何をしたつもりがなくても、体が疲れた状態になるのです。
 寒暖差による疲労を予防するには、衣類による体温調節が一番です。特に春は暖かくなったと思って薄着をしがち。面倒でも、ストールや上着などを1枚持ち歩き、寒くなったらすぐにはおるようにしましょう。

リラックスタイムで心身をリセット

 春は寒暖差も大きいですが、低気圧と高気圧が交互に日本付近を通過するため、気圧の変動も激しい季節です。気圧は気温に並び、体に影響を与える大きな要因です。気圧が変動すると、耳の奥にある内耳が察知し、その情報を脳へと伝達します。そして自律神経が体内を調整するのですが、時に反応が過剰になり、めまいや耳鳴り、頭痛や関節痛などの症状を引き起こすことがあります。  そもそも自律神経は、絶えず外界の刺激に影響を受けるものですが、それによって体調を崩すのは避けたいところ。多少の気圧変動にはふり回されないように、普段から自律神経を整える生活習慣を心がけましょう。

 具体的には、規則正しい生活、バランスの良い食事、適度な運動など、健康的な生活の基本を押さえること。特に、しっかり休息をとることは大切です。
 心身をリラックスさせるには、シャワーよりも入浴が効果的。38~40℃のお湯に炭酸ガス入りの入浴剤を入れ、10~20分間ほどの入浴を週5日以上続けましょう。もし時間がなければ、目元を約40℃の蒸しタオルや蒸気を伴うアイマスクで温めると、短時間でリラックスできます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP