Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

和室で寛ぎのひとときを楽しむ

 和室はさまざまな活用できる機能性と伝統美を合わせもった空間です。機能と伝統から生み出される和室の居心地のよさを再確認してみましょう。

日本人の住まいと畳

 和室は、日本人の暮らしの中で生まれた知恵や美意識や凝縮された、心地よい空間です。敷かれている「畳」は「たたむ」という言葉から生まれ、その歴史は古く、「古事記」に登場しています。
 その頃の畳は文字通り、たためるように工夫された薄い敷物でした。厚みを持つようになったのは平安時代の頃ですが、当時はまだ部屋全体には敷かず、座ったり寝たりする場所で使用していました。庶民の住まいに取り入れられたのは江戸時代になってからで、日本人の住まいになくてならないものとして定着していったのです。

美を凝縮した畳、床の間、障子

 こうした畳は、和室の美しさを引き立てる重要な役割を果たしています。畳には視覚的な美しさとともに、イグサの香りや天然素材ならではの温かな手触りなど、五感に働きかける心地よさがあります。
 そして和室には、掛け軸や美術品、草花や季節のしつらえなどを「飾る」ための伝統的な「床の間」や、モダンな飾り棚があります。茶道では、床の間が主のおもてなしの気持ちを伝える舞台となります。さらに床の間と畳を引き立てるのが、外と中をやさしくつなぐ「障子」です。障子を通して届くやわらかな光は、床の間に飾られた絵や花を引き立て、和室の美しさもいっそう映えるものにします。

和室をもっと活用するために

 このような落ち着きのある空間、和室をもっと気軽に活用してみませんか。畳の適度なやわらかさとひんやりした肌触りは心地よく、夏の疲れた体を癒やしてくれます。ゆっくりと呼吸をしてみるとイグサの香りも広がり、ストレスも緩和されていくことでしょう。窓を開け放せば、自然の風や虫の声も聞こえ気持ちがよいものです。和室はまた、ゆっくりと語らうのにも良い空間です。たまには食卓をダイニングから和室に移してはいかがでしょうか。いつもと雰囲気が変わり、思いがけない話題が広がるかもしれません。また大勢の友人をお招きした時は、座ぶとんを車座に並べると和気あいあいとした雰囲気をつくり、話が弾みます。

 和室はものを広げて作業する空間としてもおすすめです。家族の写真を広げてのアルバムづくり、手紙の整理や着物の手入れなどテーブルの上ではできない作業が可能です。小さなお子さまがいらっしゃる場合は、遊び部屋としても使え、畳であれば転んでも心配が少なく安心です。和室はくつろいだり、家族や友人との語らい、そして趣味を楽しむなど多様な使い方ができる部屋です。もっと気軽に活用して、居心地のよさを見直してみませんか。

生活習慣を改めて質の良い睡眠環境づくり


早起きをして、心身ともにすっきりした状態で一日をスタートさせるには、早めに就寝して質のよい睡眠を確保することがとても重要です。快眠のためには、食事、運動、入浴といった一日の過ごし方や、寝室の照明や温度・湿度なども関係してきます。
夏は早起きしやすい季節ですが、日の出が早いため起きたい時間よりも早く目が覚めたり、熱帯夜でなかなか寝つけない、夜中に目が覚めてしまうなどの悩みもつきものです。質のよい睡眠のために、生活習慣と睡眠環境を見直してみましょう。


快眠のための寝室環境

理想的な寝室の室温は夏が25℃前後、冬は15℃前後、湿度は年間を通して50〜60%に保つことが目安とされています。最近のエアコンは、節電機能はもちろん、温度コントロールもしっかりしているので、一晩中つけていても冷えすぎることはありません。一晩中つけることに抵抗があるなら、深い眠りに入ったころに切れるようタイマーを2〜3時間セットしてから眠るとよいでしょう。節電も大事ですが、我慢しすぎると熱中症を起こす危険があるので注意が必要です。
冬場の乾燥対策として、湿度コントロール機能付きのエアコンは加湿器がなくてもエアコン一台で温度・湿度管理が可能です。

自然素材のクロスで湿度をコントロール

珪藻土や漆喰など自然素材のクロスは、湿気を吸ったり吐いたりする特性があり、室内の温度を一定に保つ効果があります。


寝室の位置

寝室が西向きにあると、西陽によって室内に熱がこもってしまい、夜寝苦しい原因になります。夏の間だけでも東や北の部屋で眠るのが理想ですが、難しい場合は、遮光カーテンやすだれ、緑のカーテンなどで防ぎましょう。寝室に陽が入り込まないように2階建ての家なら、夏の間だけ1階に眠るようにするとよいでしょう。


騒音対策

寝室での音のレベルが40デジベルを超えると眠りに影響を与えると言われています。静まりかえった夜間、家庭内から出る音は意外と大きいので、電化製品の音の大きさにも配慮する必要があります。人の話し声や車のアイドリングなど外からの騒音には、二重サッシや防音効果のある窓ガラス、厚手のカーテンなどが防音対策として有効です。

騒音レベルの例
エアコン 40〜60デジベル
テレビ 55〜70デジベル
風呂・給排水音 55〜75デジベル

就寝1時間前に光を落とす

朝は目覚めるために強い光を必要としますが、夜の強い光は睡眠の妨げになります。体は眠ろうとしているのに、遅くまでテレビを見るなど脳に刺激を与えてしまっていませんか?
眠りに着く前の室内の照明は300〜500ルクス程度がおすすめです。就寝前の1時間ほど前から、光を落とし、眠るときは、真っ暗にするよりも10ルクス(豆電球1つ分)程度のほのぐらい環境のほうが適しているとされています。間接照明などで、眠りへ誘う環境を工夫してみましょう。


なかなか寝付けないときは

ヒーリングミュージックや静かなクラシック音楽、自然の調べなどを聴いてリラックスすることで自律神経が整い、気持ちよく眠ることができます。
ラベンダーやカモミール、マジョラム、ネロリなどの神経沈静効果がある精油(アロマエッセンス)をお風呂に数滴入れたり、アロマポットで香りを楽しむほか、精油を数滴垂らしたハンカチを枕元に置いても効果的です。

玄関ホールと直結した開放感あふれるLDK 愛犬との暮らしをより豊かにする住まい

[北海道 Sさま邸]

ワイヤーフォックステリアとの暮らしを楽しむSさまご夫妻。愛犬名に「ヒツジ」と名づける遊び心たっぷりのお二人は、「ヒツジとの暮らしにストレスがなく、デザイン的にも楽しめて、共働きを助けてくれる住まいが希望でした」と語ります。

そんな願いを叶えたSさま邸は、美術館のような洗練されたスクエアなフォルムが印象的。また、玄関扉を開けるとホールから直接、LDKが広がるという空間構成も特徴の一つです。

ホールに立つとダイニング、リビング、庭へと視線が伸び、吹き抜けのリビングは天井高が5m以上もあって開放感もひとしお。愛犬が庭に向かって一直線に走りたくなるような仕掛けでもあるそうです。白を基調に床や天井に木目を配し、天然石調の壁がアクセントのインテリアは、モダンながらもぬくもりを感じさせる落ち着きのある雰囲気に。

また、家事動線にも工夫が凝らされています。奥さまの家事負担を考慮し、ランドリー関連の空間を2階にまとめて動線もコンパクト。干すスペースを室内に設け、雪国の冬にも対応しています。「収納にも工夫していただきました」と奥さま。1階はトイレ側からも出入りができるクロゼットを設け、2階には夫婦それぞれのウォークインクロゼットを設置。収納量が増え、洗濯物もスムーズに片づけられると好評です。

さらに玄関ホールにもシンクがあり、「ヒツジの汚れを落としたり、大きなモノを洗ったり、重宝しています」とご夫妻。元気に走り回る愛犬の姿を微笑みながら見守るお二人。あふれる笑顔が、暮らしを豊かに楽しんでいる様子を物語っていました。

高度工業化住宅が進化を続ける高精度による高耐久な品質元ミサワホーム総合研究所・南極 研究プロジェクト・主幹研究員手塚 啓

「高断熱」や「強固な構造体」だけでなく、「高精度」や「高耐久」など、さまざまな性能が高い次元で求められるのが南極の建物である。
その進化の歴史は、高度工業化住宅の歴史そのものといっても過言ではない。

昭和基地の物資を運搬する南極観測船「しらせ」

一度建設すると、簡単に建て替えることができないのが南極の建物だ。高い耐久性は絶対条件であり、そのために必要なのは精度の高い部材生産となる。徹底した品質管理のもと、工場で生産される木質パネルは、高い品質を安定して供給するという意味でも、南極の建物にうってつけといえる。実際、昭和基地で30年間使用した居住棟の部材を日本に持ち帰り、パネルの強度、接着、防火、断熱などの性能をチェックしたところ、まったく問題がなかったという結果が得られている。

また、南極の建物は容易に施工ができることも必要だ。基地の建物は隊員たちの手で組み立てられるが、そのほとんどは建築の素人。しかも極寒の地である南極では、建築作業が行える期間は天候が比較的穏やかな夏季の2カ月ほど。同時に、約1万4000㎞も離れた日本から部材を輸送するため、軽量かつコンパクトに梱包できることも求められる。

日本で精密に行われる仮組立

非常に厳しい条件が課されている南極の建物建設。実はこれらはすべて、ミサワホームが創立時からめざしていたものに他ならない。工場生産された高精度の部材を建築現場まで効率よく運搬し、作業者の技量に左右されることなく、安定した品質が確保できる施工を実現すること。さらにはユーザーの負担を減らすための短い工期など、南極の建物とミサワホームの高度工業化住宅には、共通点が多い。基本観測棟の観測体制に合わせてそれぞれの部屋を設計するという建物づくりも、ユーザーの要望にきめ細かく対応して設計を行い、木質パネルなどすべてを一邸ごとに工場で生産する「完全邸別生産方式」に通じるものがある。

昭和基地の建物に関わる業務を20年以上担当した手塚啓・元主幹研究員は、南極の建物をF1のレースマシンにたとえて説明する。「地球上でもっとも過酷な自然環境の南極で、技術革新に挑戦し続け、その蓄積によってお客さまに届ける製品をさらによくしていくということ。ミサワホームのこの姿勢は、極限の性能を競い合うF1で開発された技術が、一般の市販車にフィードバックされることと同じです」
業界最長クラスの保証制度も、ミサワホームの特長だが、これは南極で鍛えられた高精度・高耐久に絶対的な自信を持っているからこそだろう。長年にわたって築かれた技術は、未来の住まいづくりに向けて、さらなる貢献を果たしていくに違いない。

南極の木質パネルその耐久性

1968年度に建設された第10居住棟。現在は南極に建ってはいないが、解体された部材は日本に運ばれ、3年間使用された木質パネルの経年変化が調査された。その結果、耐久性や強度にも問題がないことを確認。性能の高さが改めて実証された。

第10居住棟の木質パネル(右)と、日本で使用されているミサワホームの木質パネル(左)。基本構造は同じだ。

宇宙へのチャレンジが始まった!

「月や火星に住まいをつくる」。そんな夢の第一歩となる挑戦が始まった。これはJAXA(宇宙航空研究開発機構)のプロジェクトの一環として行われるもの。天体に建設するための建造物には、建設やメンテナンスが容易で、エネルギーの自立循環が可能なことが求められるが、その実現をめざす研究開発をミサワホームがサポート。南極での実績や独自の研究開発力が活かされる予定だ。

M I S A W A a d v a n t a g e

今も残る50年前の「ホームコア」

1969年に発売された大型パネルによる「ホームコア」。7万人もの入居者の意向調査や海外での建設実績調査、延べ7,000人を超える人員の動員など、工業化住宅史上類を見ない大規模な研究開発が行われた。現在もその原型が残されている。

「完全邸別生産方式」による高度工業化住宅

徹底した品質管理体制のもとで工場生産された高品質な部品や部材を現場で効率よく組み立てる高度工業化住宅。ミサワホームは、さらに一邸ごとに住まいを丁寧に設計・生産する「完全邸別生産方式」を実現している。

長期保証と価値を維持する住まいづくり

耐久性の高い木質パネルと変形しにくい強固なモノコック構造が、経年劣化に強い住まいを実現。住宅業界最長クラスの構造体35年保証や、きめの細かいメンテナンスプログラムも用意されるなど、住まいの価値を長く維持するためのバックアップ体制も充実。

手塚 啓(てづか・けい)

元ミサワホーム総合研究所・南極研究プロジェクト・主幹研究員。20年以上にわたり昭和基地の建物に関わる業務を担当した。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP