Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

愛着のある和庭の眺めを採り入れた 長い玄関アプローチが印象的な家

[群馬県 Kさま邸]

農家造りだった築50年のご実家を、風情ある和庭を残してモダンなお住まいに建替えられたKさま。来客用とご家族用の駐車場の間に長方形の仕切り壁を立て、玄関ポーチへと続く路地風のアプローチに仕立てたデザインが目を引きます。「帰宅時、このアプローチをゆっくりと歩くうちに、オンとオフの気持ちの切り替えができます」とKさまは仰います。

リビングはダイニングキッチンと切り離して独立させ、生活感の漂わない上質なくつろぎ空間に。大画面テレビをストーン調のタイル壁にすっきりと埋め込んだのもこだわりのひとつ。南面に設けた大開口サッシの外に和庭が広がり、風雅な和風ホテルのような趣が感じられます。

「亡き父がこよなく愛していた和庭の眺めを美しく取り込むことができました」とKさまはお喜びです。

リビングの続きに設けた小上がりの和室は黒い畳を敷き、大きなアールを描く紫色のアクセントクロスを差し色にして、遊び心のあるインテリアに。法事などで大勢が集まる際は、襖を開放すれば奥の仏間と二間続きになる間取りも便利です。

リビングに隣接するダイニングキッチンは雰囲気を変え、白い大理石調フロアで明るく演出。リビングと別空間なので、来客の際も気兼ねなくくつろぐことができます。

「建替え前は冬の寒さに悩まされていましたが、今はエアコンの効きが良く、夏も冬も省エネで快適に過ごせます。以前は道路を走る車の騒音でテレビが聞こえにくかったのですが、今は嘘のように静かで、遮音性にも驚いています」とKさま。住み心地にも大満足のご様子です。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP